うつ病はいくつかのタイプに

分けられますが、その中のひとつに

「仮面うつ病」という病気があり

 

身体の病気かと思って病院を

受診しても、なかなか検査では

異常が見つからず

 

詳しく調べたら「うつ病だった」

というケースがよくあります。

 

実は、あまり知られていないのですが

仮面うつ病自体は1950年代から

提唱されている古くからの

概念の病気です。

 

もし、病院にいって

ずっとお薬を飲んでいても

なかなか治らない場合

仮面うつの可能性があり

 

その為、仮面うつの原因や改善策に

ついて知っておくことは大切です。

 

そこで今回は

意外に知らない仮面うつ病とは?

仮面うつ病の原因とは?

仮面うつ病の身体症状や
チェック方法は?

仮面うつ病の診断や治療法に薬は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

意外に知らない仮面うつ病とは?

 

仮面うつ病は、1950年代に

提唱された古い概念です。

 

 

一般的に、うつ病と言うと

  • 落ち込み
  • 喜びを感じなくなる
  • やる気や集中力がなくなる
  • 消えたくなる

などの精神的な症状が認められる

ものが典型的症状ですが

 

これらの症状があれば

「うつ病の可能性があります」と

言いやすく、診断も行われやすいの

ですが

 

うつ病の中には

  • お腹が痛い
  • なんかだるい
  • 頭痛が止まらない
  • 下痢が続いている

など、一見するとうつ病とは違う

症状を主とするタイプがあり

これを「仮面うつ病」といいます。

 

このような症状が出現すると

「身体の病気」と考えて

内科を受診する方のほうが多いと

思います。

 

しかし、内科でいくら検査しても

原因となるような異常が

見つかることがなく

原因がはっきりしないため

 

胃薬や頭痛薬など内科的な

治療をしても一向に改善される

ことはありません。

 

そして、ようやく内科の病気では

ないということで

より詳しく症状を聴いてみると

身体症状の背後にうつ症状が

わずかに隠れていることがあり

 

こういった方にうつ病の治療を行うと

良く反応し、改善していくことが

あるのです。

 

つまり、仮面うつ病とは

主に軽症のうつ病の患者さんの中に

落ち込みなどうつ病の典型的な

精神症状があまり目立たず

  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 腹痛

などの身体症状が目立つタイプの

うつ病のことで

 

まるでうつ病が身体症状という

「仮面」をかぶっているかのようで

あるため、仮面うつ病と呼ばれる

ようになったのです。

 

 

また、仮面うつ病はうつ病の典型的な

症状が乏しく、それ以外の症状が

目立つため、一見すると

うつ病ではないような印象を与える為

 

自律神経失調症などに

間違えやすいられやすく

 

その他にも仮面うつ病の人が

間違えられやすい病気には

  • 認知症
  • メニエール病
  • 更年期障害
  • 栄養関連障害

などがあり

 

その本質はうつ病なので

しっかりと診察を行う

必要があるのです。

Sponsored Links

仮面うつ病の原因とは?

 

仮面うつ病は、気分障害に分類され

ています。

 

 

気分障害には

  • 躁病
  • うつ病
  • 躁うつ病(双極性障害)

などがあり

 

周囲には怠け者や甘え者と勘違い

されやすく、症状を捉えにくい事が

特徴です。

 

うつ病が発症する原因には

過度のストレスや環境の変化など

心理的ストレスや精神的ショックが

原因となり、うつ状態になる

「心因性うつ病」

 

遺伝や性格、体質によって

うつ状態を発症するとされる

「内因性うつ病」

 

そして、脳や身体に物理的な

衝撃が加わる事が要因として

身体のホルモンなどのバランスの乱れ

により発症する

「外因性(身体性)」など

様々な原因で発症します。

 

しかし、仮面うつ病の発症の

メカニズムについては

まだ未だ不明で、はっきり分からない

ことが多いのが現実です。

 

仮面うつの状態の時は

脳の中の神経伝達物質の

セロトニンとノルアドレナリンが

不足している状態になっていますので

 

脳内の神経の状態が悪い時に

症状が出る傾向にありますが

根本的な原因はまだわかってはおらず

 

脳の機能の問題のほかに

この症状を引き起こすものとして

患者さんに特有な性格傾向が指摘され

  • 几帳面
  • 頑張り屋
  • 完璧主義

といった特徴の人に仮面うつ病は

起こりやすい傾向にあり

 

また、背景にストレス過多な環境が

あることも多く、仮面うつ病は

男性では20代から50代

女性では20代から40代で

多くみられます。

Sponsored Links

仮面うつ病の身体症状やチェック方法は?

 

仮面うつ病の初期症状としては

最も一般的なのは倦怠感です。

 

 

倦怠感を覚えるのは体が

疲れているせいと思いがちですが

休んでも疲れが取れないといった

症状があります。

 

また、よく眠れないといった

不眠の症状も出てきます。

 

不眠が続けば、体の怠さや

不調ともつながり

 

仮面うつ病ではこのような

体調がいつもと何となく違うという

違和感から始まります。

 

そして、腹痛や頭痛といった

部分的な痛みも代表的な症状として

挙げられます。

 

さらに、仮面うつ病の

身体症状として他にも

  • 手足が震える
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 動悸
  • 胸の苦しさ
  • めまい
  • 食欲不振
  • 体重減少(痩せてくる)
  • 頭痛(頭重)
  • かすみ目
  • 下痢
  • 便秘
  • 性欲減退
  • 多汗
  • 高血圧
  • 生理不順
  • 無月経

などがあります。

 

精神的な症状では

仮面うつ病でも抑うつや興味の喪失

不安感などの精神的な症状は

表れますが

 

うつ病よりは極めて軽度であり

それ以上に身体の不調のほうが

大きいためになかなか気付かれ

ません。

 

しかし、仮面うつ病は身体の症状

という仮面をかぶっているものの

よく見ればうつ病であることは

分かるものです。

 

睡眠障害や食欲が衰えたり

なんとなく元気がないとか

口数が少なくなったなど

 

家族や周囲の人のほうが

態度や言動の変化に気づきや

すいようです。

 

仮面うつ病チェック方法としては

いろいろなサイトで

項目毎にチェックし、判断してくれる

サイトも多いのですが

 

チェックサイトはこちら>>>

 

大まかな判断としては

  • 身体的な症状が前面に出て
    精神的な症状があまり感じられない。

  • 仮面うつ病における特徴的な
    身体的・精神症状が現れる。

  • 心理的問題を抱えていて
    うつ病の特徴的な心理状況がある。

  • いろいろな検査をしても
    異常は出ない。

  • 内科の薬(例えば痛み止めなど)が
    効かない。

などが挙げられますので

 

疑わしい場合には一度、医療機関に

相談することをおすすめします。

Sponsored Links by rakuten

仮面うつ病の診断や治療法に薬は?

 

現代のストレス社会では

誰もがうつ病になる可能性があり

日本人の5人に1人が

知らない間にうつ状態になって

いるという調査報告も出ています。

 

 

しかし、日本ではうつ病患者の

約10%しか専門医にかかって

いないと言われています。

 

特に仮面うつ病は

本人もうつ病の自覚がなく

内科や耳鼻科などの身体症状に

当てはまる医療機関を受診するため

 

原因もわからず、検査でも身体的な

異常がなく、内科の薬を服用しても

改善されない場合に

 

ようやく、わずかにうつ病的症状が

あることで発見されるため

治療が遅れやすい

厄介なうつ病です。

 

仮面うつ病であることを

診断することは非常に難しいですが

 

もし、仮面うつ病が疑わしい場合には

専門の精神科、または心療内科を

受診することをお勧め致します。

 

仮面うつ病は治療は

本質はうつ病ですから

治療は基本的にうつ病と同じです。

 

うつ病の治療方法は主に

  • 休息
  • 薬物
  • 精神療法(カウンセリングなど)

ですので、仮面うつ病もこれと

同じような治療を行います。

 

特に抗うつ薬には

痛みに効果的なものが多く

 

そのため身体症状として

体の各箇所に痛みを感じている

仮面性うつ病の方に

薬物療法が効果的と言われています。

 

また、うつ病が改善するまでは

ある程度の時間がかかりますので

その間、必要に応じて身体症状に

対し、頭痛であれば鎮痛薬や

腹痛であれば胃腸薬など

処方されることがあります。

 

身体症状に対する治療は

あくまでもその場しのぎの治療で

仮面うつ病そのものを治している

治療ではありませんが

 

患者が一番困っているのは

身体症状ですので

その苦痛を和らげてあげることは

意味のあることと考えられています。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

仮面うつ病については伝わりました

でしょうか?

 

 

誰でも身体の痛みや不調がある時

病院に行こうと考えます。

 

しかし現在では、病院の診察で

特に異常がみられなかった場合

身体の問題ではなく仮面うつ病の

可能性も考えなければいけません。

 

似たような症状には

自律神経失調症もあるため

うつ病特有の精神症状を訴えなければ

自律神経失調症と判断され

 

適切な治療が受けられない事が

多いので、まずは今起こっている

些細な症状も医師に伝えましょう。

 

Sponsored Links by admax

 

また、精神科や心療内科でも

仮面うつを専門としてる病院を

訪れることも大切です。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten