今さら聞けない鏡開きとは?由来や意味に鏡餅と酒樽との違いは?鏡開きの日にちはいつ?関東と関西で違う?やり方やマナーは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

お正月の行事の1つである

鏡開き(かがみびらき)ですが

酒樽か鏡餅を使った2通りの

やり方がありますね。

 

 

テレビで芸能人が行う鏡開きは

樽酒を割るほうが多いですが

 

1月11日に行われる

鏡開きはどちらかというと

お正月を象徴するというよりは

お正月の終わり思わせる行事ですね。

 

しかし、毎年恒例の行事ですが

そもそも鏡開きとは

一体何なのでしょうか?

 

また、鏡開きをする日というのは

必ず決まっているものなの

でしょうか?

 

実は、意外にも多くの方が

鏡開きについてお悩みのご様子。

 

そこで今回は

鏡開きとは?その由来や意味に
鏡餅と酒樽との違いは?

関東と関西で違う?
鏡開きの日にちはいつ?

鏡開きのやり方やマナーは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★

正月とは?何をするの?風習や言葉の
意味に由来は?神様との関係や松の内
はいつまで?玄関飾りはいつから?捨
て方は?

★記事はこちら>>>★

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



鏡開きとは?その由来や意味に鏡餅と酒樽との違いは?

 

鏡開きとは

お正月に年神様にお供えをしていた

鏡餅を下げ、食べる事を

一般的には言いますが

 

鏡開きには

「鏡餅」も使った鏡開きと

「酒樽」を使った鏡開きが

あります。

 

 

どちらの名称も「鏡開き」と呼ばれ

使い分けの必要はありません。

 

鏡餅と酒樽との違いですが

鏡餅を使用した鏡開きは

 

お正月に神棚などに飾ってあった

鏡餅を割って、そのお餅を

お雑煮や汁粉などにれて

食べる儀式で1年間の無病息災を

祈って行われています。

★関連動画はこちら>>>>★

 

 

なぜ鏡餅を食べるのかですが

日本では古来から神様に

お供えした物を食べると

 

神様との繋がりを強め

神様のご利益や力を頂かると

考えられていたからです。

 

お正月に鏡餅を飾るのは元日に

やってくる五穀の神様である年神様に

 

前年の豊作を感謝し

新年の五穀豊穣を祈願するためで

前年に取れたもち米を

お供えにするのと同時に

 

神様の依代(よりしろ)として

お餅に神様の加護が宿ると

考えられているからです。

 

また、かつての鏡というのは

青銅製の丸い鏡で、鏡には神様が

宿ると考えられていたことから

神事に使われ、それを真似て

お餅を丸い形にして鏡を模したのが

鏡餅というものでした。

 

そのため、年神様がいらっしゃる

松の内の間は飾っておき

通常は松の内が過ぎたら

年神様の魂が宿っているとされる

鏡餅を食べることで

 

その力を授けてもらい

家族の無病息災を願います。

 

 

しかし、その際に年神様の

居場所になっていた神聖な

お餅を包丁などで切ってしまうのは

 

縁起が悪いので、手や小槌を

使って割るようにしていたのが

「開く」と表現されるようになり

「鏡開き」になったといわれて

います。

 

さらに、鏡開きで年神様を

見送りすることは

お正月に一区切りつけるということ

になり、その年の仕事始めをする

という意味がありました。

 

その為、剣道などの武道で

新年の道場開きに

鏡開きをしてお汁粉をふるまったり

するのは、その名残りのようです。

 

一方、TVなどでよく見かける

酒樽を使用した鏡開きは

清酒の樽のふたを叩いて割って振る

「舞い酒」として皆で飲む儀式です。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

稀に、酒樽を使用した

鏡開きを「鏡割り」と呼ぶ事も

ありますが

「割る」という言葉が

忌み言葉で縁起が悪いとされ

「開く」に変化していったので

「鏡開き」が正式な名称のようです。

 

また、「開く」という言葉は

新年にふさわしく

末広がりの意味もあるので

 

開くという言葉が定着したのでは

ないかと言われています。

 

酒樽を使用した鏡開きは

お正月以外にも結婚式などの

めでたい席で行われることもあり

 

鏡(樽)を開く事によって

今後の運が開けるという

意味が込められています。

 

その為、運を開き栄える酒を

わかちあう「鏡開き」はよろこびの

場面に欠かせないようです。

 

ただ、酒樽を使った鏡開きの

由来は色々な説があるようで

定かではないみたいです。

 

一説には

酒樽のふたのことを「鏡」と

呼んでいたからと言われたり

 

米からできる日本酒は神聖なものと

され、神事を営む際に神様に

供えられるもので

 

祈願が済むと参列者で酒を酌み

交わして祈願の成就を願う

風習があったのが起源とされていたり

 

武士が戦の出陣の際に自軍の

兵達の気持ちを鼓舞しようと

振舞酒として酒樽を割ったのが

その由来ではないかと言われて

います。

Sponsored Links



関東と関西で違う?鏡開きの日にちはいつ?

 

では、具体的に鏡開きの日にちは

いつなのかというと

 

地方によって異なる事もあるようで

一般的には「松の内」の後

1月11日に行われる行事です。

 

 

松の内とは、門松を飾っておく

期間の事を指し、その間は

年神様が家にお越しになると

考えられています。

★関連記事★

正月って?起源や時期に松の内はいつ
まで?することや風習に過ごし方は?
飾る飾りはいつはずす?処分方法のど
んど焼きとは?

★記事はこちら>>>★

 

この松の内は、昔は元日から

1月15日とされていたため

鏡開きは1月20日に行われて

いました。

 

しかし、松の内を1月7日までと

する地方では11日に鏡開きが行われ

関西など松の内を15日と

する地方では15日に鏡開きを行い

 

さらに、京都や近隣の一部の地域では

1月4日に行われる場合が

あるようです。

 

この違いが生まれたのは

諸説あるようで

昔は元々「二十日正月」といって

20日に鏡開きを行っていましたが

 

徳川三代将軍・徳川家光が

慶安4年4月20日に亡くなったため

その月命日にあたる20日を避け

11日になったといわれています。

 

しかし、この風習が正確に

広まらなかった関西の地域では

そのままの1月15日に鏡開きが

続く原因となったようです。

Sponsored Links



鏡開きのやり方やマナーは?

 

お正月の行事として

欠かせないのが鏡開きですが

では、そのやり方についても

お伝えします。

 

 

一般家庭でするならば

樽酒というのはあまり現実的ではなく

お餅のほうを使ってやるのが

一般的だと思います。

 

鏡餅の鏡開きのやり方やマナーですが

今は個包装パックの餅が入っている

便利な鏡餅が増え、子どもたちは

鏡開きは餅を開くのではなく

 

パックを開くという意味に

勘違いされがちですね。

伝統的な鏡餅の場合は

やはり木槌や金槌などで叩いて

小さく割ります。

 

神様や仏様に感謝しながら

それを食べることによって

無病息災を祈願しています。

 

ただ、鏡餅を包丁で切るということは

切腹を連想させ

また年神様にお供えしていたものに

刃を向けるというのは大変な

失礼とされマナー違反と

考えられています。

 

固くなった餅を切らずに

小さくするのは大変ですが

カチカチに乾燥した鏡餅を

少しずつ叩いて

 

ヒビが入ってから勢いよく叩くと

簡単に割れます。

 

ただ、餅が相当乾燥していないと

なかなかうまくいきませんので

 

乾燥していない場合には

餅を半日ほど水に漬け

耐熱容器に入れてラップをし

 

電子レンジにかけると柔らかく

なるので手でちぎるりましょう。

 

その際、餅が熱いので

やけどに気をつけましょう。

 

また、鏡開きの日に下げた鏡餅

すべてを食べる必要はありませんので

食べきれないお餅は

冷蔵・冷凍してたべきりましょう。

 

 

では、樽酒の鏡開きの

やり方やマナーですが

 

お酒がこぼれるため家以外であれば

主催者及び会場の了解を得た上で

準備します。

 

予め、酒の中に木くずやゴミが

入らないよう

金ベラを入れて両方から

徐々にこぜ上げ鏡(ふた)を取り

蓋は再度載せて置きます。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

そして、鏡開きをする際は

思い切り鏡の中央部をたたきますが

掛け声は、大きい声であればある程

運が舞い込んでくると言われ

 

樽酒の蓋を開ける鏡割りの

掛け声は

「せーの」
「よいしょー」

などが一般的です。

 

結婚式では1回、企業の式典では

2度や3度言われることもありますが

 

事前の打ち合わせをちゃんと

していないと、先に開けてしまう方も

いらっしゃいますので

注意しましょう。

 

その後、浮かんでいるゴミを

すくいとり、準備完了ですので

竹勺を使って、升に日本酒を入れ

 

皆にふるまい、高く持ち上げて

「おめでとうございます」と

一声かけ飲み干しましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

今さら聞けない鏡開きは

伝わりましたでしょうか?

 

 

江戸時代の武士の間では雑煮にして

食することを

「刃柄(はつか)を祝う」といい

 

大奥では重箱に餅と餡を入れた

重箱が振舞われ、これを食したことを

「初顔を祝う」といったそうで

 

鏡餅の食べ方も人それぞれだと

思いますが

日本人の発想や言葉の連想が

とても面白いですね。

 

Sponsored Links by admax



 

しかし、最近はお供えする鏡餅は

パック入りのものが主流となって

いるため、実際に鏡開きを行う

家庭少ないようですが

 

鏡餅を食べる習慣というのは

変わらず続けて行きたいものです。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク