これから家を建てようとしている人は

地鎮祭(じちんさい)という言葉を

聞くことがあるのでは

ないでしょうか?

 

 

最近では新築の住宅を建築する際

地鎮祭を行わない人や

略式で簡単にすませる人が

増えてきていますが

 

「地鎮祭」は工事に先立ち

土地の神を祝って敷地を清め

工事の安全と建築物が何事もなく

永く建っていられることを願うもの。

 

地鎮祭には一連の流れやマナーもあり

聞いたことはあるものの

それが何なのか、何を意味するのか

分からない人も多いと思います。

 

そこで今回は

地鎮祭の意味とは?

日取りは吉日!?時間や流れに
用意するものは?

鍬入れのやり方や参列者の
服装のマナーは?

玉串料の相場は?
のし袋の水引の種類や書き方は?

地鎮祭をしない場合は?
やらなかったら祟りがあるの?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

地鎮祭の意味とは?

 

地鎮祭とは日本最古の歴史書

『日本書紀』にも

記録されているほど歴史は古く

 

神道式と仏式とがありますが

地鎮祭には二つの意味合いがあり

 

一つ目は

日本には八百万(やおよろず)の

神という言葉があり

 

自然界のあらゆるものに

神が宿るとされ、土地も同様に

神様が所有されていると

考えられていました。

 

 

神様の所有されている

土地に家を構えるのですから

勝手に建てて神様のお怒りに

触れないように

 

家を建てる土地を購入したとき

地鎮祭を行い、その土地に住む

神様を祝い鎮め

 

土地を利用させてもらう

許可を得るのです。

 

その為、地鎮祭は

「じちんさい」と読むほか

「とこしづめのまつり」と

読むこともあり

「鎮」の字には

「しずめる・落ち着かせる」と

いった意味があります。

 

そして、地鎮祭のもう一つの意味は

工事の安全と家の繁栄を

祈願すること。

 

工事の着工にあたり神職を招き

神様にお供え物をし

祝詞をあげてもらい

 

お祓いをして土地を浄め

最初の鍬(くわ)や鋤(すき)を入れ

工事の無事を祈ります。

 

一般的な家屋は基礎工事から始まり

棟上げ、外装工事を経て完成しますが

 

地鎮祭は、建築の三大祭典の1つに

数えられ、三大祭式は他に

上棟式や竣工式があります。

 

中でも、地鎮祭は最も大切で

あると考えられており

 

現在では省略されることの多い

上棟式や竣工式に比べて

多くの家作りや建築現場で

行われています。

Sponsored Links

日取りは吉日!?時間や流れに用意するものは?

 

地鎮祭の日取りですが

日取りを決めるのに

「大安・先勝・友引」など

 

六曜の吉日を選ぶ人が多いですが

実は、神道で行う地鎮祭に

吉日は関係ありません。

 

 

中国からきた時刻の吉凶占いに

用いられていた考え方ですので

本来は地鎮祭に関係はないと

言われています。

★関連記事★
六曜とは?六輝(ろっき)との違いや
「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤
口」の読み方や意味は?実は迷信!?
結婚式や入籍は?
★記事はこちら>>>★

 

それより気にしたいのは

三隣亡(さんりんぼう)や

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

です。

 

地鎮祭や上棟など、建築の節目で

避けた方がよいとされる日があり

それが「三隣亡」です。

 

三隣亡は、その日に建築行事を行うと

向こう3軒両隣まで災いをもたらし

滅ぼしてしまうと言われ

 

大安吉日でも、三隣亡の日があり

その日は避けた方がいいかも

しれません。

今年の三隣亡はこちら>>>

 

また、一粒万倍日とは

一粒の種籾(たねもみ)が万倍にも

たわわに実る稲穂になるという

意味から、縁起の良い日とされ

 

新しいことをスタートするのに

良い日とされ、結婚や開業などに

最適です。

 

今年の一粒万倍日はこちら>>>

 

ただし、他の歴注と組み合わせて

吉日と重なれば効果が倍増し

凶日と重なれば半減するといわれ

 

縁起が悪い日は、避けたほうが

いいかもしれませんね。

 

ただ、いいお天気の日に

行えるのが一番ですが

 

ただ、祝い事ですので

どうしても気持ち的に仏滅を避け

大安を選び、時間は午前中を

選ぶ人が多い傾向にあります。

 

その際は、出席者である施主や

そのご家族や関係者の

スケジュール調整もしなければ

なりませんので

 

お願いする神社に早めに

予約状況を確認することを

お勧めします。

 

日取りが決まったら

式典の準備などに

取り掛かりましょう。

 

一般には神式で神主さんが行いますが

仏式・キリスト教式で行っても

構わないとされています。

 

通常、地鎮祭の流れは

  • 清め祓い
  • 氏神を迎える降神(こうしん)
  • お供え物の献上
  • 祝詞
  • 四方祓い
  • 地鎮
  • 玉串の奉奠
  • お供え物の撤収
  • お神酒の乾杯

の手順で行われることが多く

所要時間は約30分程度です。

 

 

地鎮祭で用意するものは

最近では「地鎮祭セット」などと

いった便利なサービスがあり

 

ハウスメーカーや工務店の方が

全て用意してくれる場合もあります。

 

ただ、人任せにしているよりは

せめてどんなものがあるのか

少しでも知っておきましょう。

★関連動画はこちら>>>>★

 

また、お供え物は

施主が用意するものことが多いので

★お供え物はこちらの記事で>>>★

 

事前に確認して

おきましょう。

Sponsored Links

鍬入れのやり方や参列者の服装のマナーは?

 

地鎮祭では

鍬入れの儀が式の中でも

とても重要な要素です。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

地鎮祭の鍬入れには

作法とやり方があり

近年簡略化が進んでいますが

 

地鎮祭の鍬入れの儀は住宅を

建てる時に施主が行う唯一の

作業となります。

 

鍬入れの作法とやり方は

地鎮祭の鍬入れの儀には砂を

バケツ3~5杯程度用意し

 

この砂で「立砂(盛砂)」と

呼ばれる盛り砂を作ります。

 

鍬入れ式はこの「立砂(盛砂)」を

中心にして行事が進行します。

 

現在、鍬入れのやり方は自体は

鍬(くわ)で掘る仕草を

3度繰り返しますが

 

本来の地鎮祭では

  • 苅始めの儀
  • 穿初め
    (ウガチゾメ)の儀
  • 鎮物埋納
    (シズメモノマイノウ)の儀

の3つの儀式から構成されるもので

 

現在の鍬入れの作法ややり方は

省略されたものなのです。

 

敷地の四方をお祓い清め

神前に進み神官より鎌を受け取り

 

盛砂の斎草を左手で持ち

「エイエイエイ」と三度

声を発し斎草を刈り

終われば鎌を神官に戻します。

 

 

「エイ」というかけ声は

「(家が) 栄 (えますように)」

という意味があると言われ

大きな声で行います。

 

難しいようなイメージですが

殆どの段取りは

 

神主やハウスメーカーの業者が

準備しますので

あまり構えずにのぞみましょう。

 

ただ、気になる

地鎮祭の参列者の服装のマナーは

一概には云えませんが

 

公共工事や大規模工事の

地鎮祭のように

大きな規模である場合には

参加者の服装をよく確認して

おく必要もあり

 

多くの方々がスーツや晴れ着の

服装で地鎮祭に参加されています。

 

ただ、個人的なケースでの

施主、家族の服装は

昔から「平服」「正装」と言われて

いますが普段着で大丈夫です。

 

わざわざ地鎮祭の服装のために

費用をかけ準備する必要性は

ありませんので安心してください。

Sponsored Links by rakuten

玉串料の相場は?のし袋の水引や書き方は?

 

地鎮祭の費用ですが

大きく分けると内訳として

  • 神主への玉串料
  • テントなどのレンタル料
  • お弁当やお供えの代金

などが費用としてかかります。

 

 

神主さんへの支払いですが

神職に支払う地鎮祭の謝礼の事を

「玉串料」としてお渡しします。

 

初穂料という事もありますが

相場は神饌物を含み

2~5万円くらいで

 

遠方からお呼びした場合に

お車代として5千円程度が必要です。

 

地域や神社によって違うので

遠慮なく神主に聞きましょう。

 

のし袋の書き方は

表書きは「初穂料」「玉串料」と

いうように書き

 

中袋の表に書く金額の書き方は

金壱萬圓也(1万円)などの

漢数字を使い

 

水引の色は、金銀もしくは

紅白が基本です。

 

祭壇その他準備費用は

テントや祭壇など神事に使用する

資材のレンタル料・設営料が

10万円ほど

 

施主が全て準備する供えの代金が

2万円ほど

 

お弁当代が1食あたり

2000~3000円×関係者の人数

 

なので少なくとも地鎮祭には

20万円ほどの費用がかかると

考えておきましょう。

Sponsored Links by admax

地鎮祭をしない場合は?やらなかったら祟りがあるの?

 

そもそも地鎮祭とは

必ず行わなければいけないもの

なのかというと

そんなことはありません。

 

 

地鎮祭は、必ず行わなければ

ならない儀式ではありませんので

費用面の事を考えて

簡略的に済ませる人も増え

特に地域の風習や時代と共に

都心部では地鎮祭をしない場合の方が

多い傾向にあります。

 

また、やらなかったら神様に祟られ

事故が発生するものでもありません。

 

ただ昔からある工務店では

地鎮祭を勧めるところが

多いようです。

 

工事関係者と顔合わせができるため

地鎮祭をすることで良好な関係を

築きやすいというメリットはあり

 

工事をしてくれる職人さんたちや

家が完成してからの生活のことなど

不安な気持ちを残さないために

 

家づくりの記念と考えて

地鎮祭は行うことが

望ましいと言えるかもしれません。

 

その際は、地鎮祭については

その土地の氏神様をお守りしている

神社に直接問い合わせてみましょう。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

地鎮祭については伝わりましたで

しょうか?

 

 

地鎮祭はやらなかったからといって

ハウスメーカーや工務店等に対し

心証が悪くなるということは

ありませんし

 

地鎮祭を勧めないハウスメーカーも

増えており、都会では地鎮祭をする

人が少なくなってきています。

 

ただ、地鎮祭を行うことにより

家作りに携わるたくさんの方と

顔あわせが出来ます。

 

顔の見える家作りは

安心できる家作りの第1歩でもあり

 

住宅の不具合・欠陥を防止する為

施主と職人たちが互いに顔の見える

環境が理想です。

 

Sponsored Links by admax

 

長い人生の中で一度経験できるか

どうかのことですので

余裕があればやられてみては

いかがでしょうか。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事