自律神経失調症かなと思ったら?診断や検査に治し方は?原因や女性と男性の症状の違いは?効く食べ物や漢方薬にサプリは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

自律神経のバランスが乱れると

体のあらゆるところが不調になり

さまざまな症状があらわれます。

 

特に自律神経失調症は

検査をしても異常がみられないのに

さまざまな症状が現れる病気です。

 

 

 

名前のとおり自律神経の乱れが

原因で起こるのですが

 

症状は人によってさまざまで

いくつもの症状を抱えている人も

いれば、次々に症状が変わる人も

います。

 

しかし、自律神経失調症は

きちんと病院を受診し、治療を

行うことで症状が改善されることが

あります。

 

その為にも、その原因や対処方法を

知っておくことは大切です。

 

そこで今回は

自律神経失調症の原因とは?

高血圧や肩こりに体重減少?
女性と男性の症状の違いは?

自律神経失調症かなと思ったら?
診断や検査に治し方は?

自律神経失調症に効く
食べ物や食事は?

市販の漢方薬や改善するツボに
サプリで対策するには?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
意外に知らない自律神経失調症とは?
症状やうつとの違いは?病院は何科?
診断や治療法に薬は?食事や運動で対
策するには?

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

自律神経失調症の原因とは?

 

自律神経とは

自分ではコントロールできない

人間が生きていくために無意識の

うちに心身の機能を調節してくれる

神経のことで

 

例えば心臓は、動かそうと

意識しなくとも勝手に動いてくれて

いますが、これは自律神経が

心臓を動かしてくれているからです。

 

 

 

自律神経には

主に活動する時に働く

「交感神経」と

休む神経といわれる

「副交感神経」の二つに分類され

 

交感神経は、緊急時やストレス時に

働き、心身を活発にする神経で

具体的には

  • 激しい運動
  • 興奮や緊張時
  • 恐怖や危機を感じているとき
  • 頑張って働いているとき

などに働く神経です。

 

副交感神経は

心身を休め回復させる

体のメンテナンスを担う神経で

 

交感神経が緊急時に頑張るための

神経なのに対し、副交感神経は

睡眠時や、休息時などリラックス

している時に働きます。

 

そして、この2つの神経が

必要に応じて自動的に切りかわって

働くようになっています。

 

しかし、現代人はストレス過多で

交感神経を発動させやすいので

副交感神経の働きが低下しやすく

なっているといわれ

 

副交感神経が働かないことという

ことは、体の回復力が低下し

その結果、様々な身体の不調が

起こります。

 

ですが、内臓や器官の病変によるもの

ではないので、病院で検査をしても

「異常なし」とされる場合があり

その場合に

「自律神経失調症」と診断されます。

 

自律神経のバランスが乱れるのには

いろいろな原因が複雑に

からみあっていると言われ

  • 生活のリズムの乱れ
  • 過度なストレス
  • 環境の変化
  • ホルモンの影響

などが挙げられ

 

その為、あらわれる症状は

人によって大きく違うのが特徴です。

Sponsored Links

高血圧や肩こりに体重減少?女性と男性の症状の違いは?

 

自律神経失調症は病名というより

自律神経の乱れが原因となって

何らかの体の不調を感じていると

いった「体の状態」をあらわし

 

自律神経により

  • 精神の調整
  • 神経の調整
  • 内分泌の調整
  • 免疫の調整

などが行われるため

 

自律神経失調症では

いろんな症状が現れます。

 

 

 

では、具体的に体や精神面に

どんな症状があらわれるので

しょうか?

 

体の症状としては

  • 動悸
  • 息苦しさ
  • 高血圧
  • 微熱が続く
  • 偏頭痛
  • めまい
  • 光がまぶしくなる
  • 体がふらつく
  • 疲れやすい
  • ひどい肩こり
  • 冷え
  • 耳鳴り
  • ひどい肩こり
  • 顔のほてり
  • 手足の冷え
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 下痢
  • 体重減少
  • 手・足のしびれ

などがおこりやすく

 

精神面の症状では

  • イライラ
  • 憂うつ感
  • 不安
  • 焦燥感(あせり)
  • 集中力の低下
  • 記憶力の低下
  • 好奇心がなくなる
  • 無気力になる

といったものがあります。

 

これらの症状が長期間持続し

自分でのコントロロールが難しい場合

一度医療機関で相談してみることを

おすすめします。

 

しかし、自律神経失調症は

男性、女性の性別を問わず

誰でもなる可能性がある病気です。

 

しかしながら、男性よりも女性の方が

自律神経失調症になりやすい

傾向があると言われています。

 

その理由は、女性は女性ホルモンの

影響を受けやすい為と考えられて

います。

 

女性はその一生のライフサイクルの中

  • 月経
  • 妊娠
  • 出産
  • 閉経

など、ホルモン分泌の影響を

受ける機会が多いため

 

そのバランスも崩れてしまいがち

なのです。

 

女性ホルモンと自律神経失調症の

関連についてですが

 

自律神経に指令を出しているのは

脳の視床下部というところで

この視床下部は、ホルモン分泌を

管理しているところでもあり

 

そのために、ホルモンバランスが

乱れてしまうと

同時に、自律神経のバランスも

乱れてしまいがちになり

 

自律神経失調症になりやすく

なってしまうのです。

 

 

 

また、自律神経失調症の2大原因は

生活リズムの乱れとストレスだと

言われ

 

特に40代後半からの更年期を

迎えると、閉経によるホルモン分泌の

変化の影響を受けやすく

 

それと同時に、環境の変化や

家族関係のストレスも生じやすい

時期であり、これらの複数の

原因により、自律神経が乱れやすく

なると考えられています。

 

また、この更年期障害は

女性だけでなく、男性にもあり

 

こうした時期には、男性も

自律神経失調症になりやすい

体質となっていますので

 

普段よりも生活習慣に

注意が必要です。

Sponsored Links

自律神経失調症かなと思ったら?診断や検査に治し方は?

 

なんでも自律神経失調症で

片付けてしまうと、癌のような

重大な病気を見逃すことにも

なりかねないので

 

自律神経失調症かなと思ったら

まず定期的に通院しやすくて

気軽に診てもらうことのできる

 

医療機関に相談することを

おすすめします。

 

 

 

自律神経失調症の概念があいまいで

あることと、症状は似ていても

「他の病気」が潜んでいることも

あるので

 

自律神経失調症の検査は

さまざまな角度からおこなわれ

  • 医師との面接
  • 除外診断
  • 自律神経機能検査
  • 心理テスト

などがおこなわれ診断されます。

 

しかし、自律神経失調症に

特効薬はなく

 

自律神経失調症の治し方は

まずはその症状の原因を取り除く

治療が行われ

  • 薬物療法
  • カウンセリングなどの心理療法
  • 指圧やマッサージなどの理学療法
  • 音楽療法やアロマテラピー
  • 五感に働きかける治療法
  • 自己管理によるライフスタイルの
  • 見直し

などが基本となります。

 

自律神経失調症の薬物療法では

身体的な不調がある場合は

その症状に合った薬の処方により

症状の緩和を図り

 

少しでも日々の生活を快適にする

治療が行われます。

 

また、自律神経の中枢に直接働きかけ

安定をはかる

  • 抗不安薬
  • 抗うつ薬
  • 抗精神薬

等が必要に応じて処方されること

もあります。

 

さらに、自律訓練法などが

行われる事もあり

 

自律訓練法とは、ドイツの

精神科医によって始められた

一種の自己催眠法です。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

精神科や心療内科の治療でも

よく使われ、リラックスできる環境と

適切な姿勢で行うことで

 

疲労回復や身体の痛み、精神的な

苦痛の緩和・向上心が増すといった

効果が得られるとされています。

 

そして、自律神経のバランスを

崩しやすい生活習慣を見直し

規則正しい1日の生活リズムを

作っていくことも大切です。

 

また、適度な運動を取り入れることで

自律神経のバランスは安定し

不調を引き起こしにくくなり

 

その他にも

適度な睡眠時間の確保や休養時間の

確保などを意識し、自分に合った

生活習慣の見直が重要です。

 

さらに、ストレスともうまく

つきあっていくことが大切です。

 

人によってストレスの

解消法はそれぞれですが

  • 散歩
  • 体操
  • 入浴
  • 音楽鑑賞

などは、ストレスの解消に効果的な

方法とされています。

Sponsored Links by admax

自律神経失調症に効く食べ物や食事は?

 

また、栄養不足だけが原因で

自律神経失調症になることは

あまりありませんが

 

栄養の不足等も原因の一つとして

気をつけなければならないものです。

 

 

 

そのため、自律神経失調症に

特に関係する栄養でありながら

足りなくなりがちな

 

栄養素を意識し、普段の食事に

取り入れましょう。

 

自律神経に効く食べ物には

  • 食物繊維が多い食べ物
  • すっぱいもの
  • 辛い食べ物
  • 発酵食品

などがあり

 

また、ストレスを和らげる

食事療法としては

 

自律神経失調症の食事としては

ビタミンB群・Cが多く含まれる

食品を積極的に摂取することが

大切です。

 

特に、ビタミンB群は神経の働きを

正常に保つ働きがありますが

 

強いストレスが続くと急激に消費され

るため、常にストレスを感じている

場合、不足している可能性が

あります。

 

また、ストレスが加わると

副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを

分泌し、全身の抵抗力を高めますが

この合成に欠かせないのが

ビタミンCです。

 

その為、普段からビタミンCを

たっぷり摂ることが

ストレス対策になります。

 

その他には、ビタミンAやEも

自律神経をコントロールし

症状を緩和させる効果があり

 

カルシウムはイライラを鎮め

不眠解消の効果があります。

Sponsored Links by rakuten

市販の漢方薬や改善するツボにサプリで対策するには?

 

その他の自律神経失調症の

改善方法として方法としては

  • 漢方薬
  • ツボ
  • サプリ

などで対策することもおすすめです。

 

市販の漢方薬には

特に「気」のめぐりをよくする

漢方薬に効果があるとされ

半夏厚朴湯
(はんげこうぼくとう)

 

 

柴胡加竜骨牡蛎湯
(さいこかりゅうこつぼれいとう)

 

 

桂枝加竜骨牡蠣湯
 (けいしかりゅうこつぼれいとう)

など代表的な漢方薬です。

 

★自律神経失調症に有効な漢方★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

 

また、自律神経を調整して

イライラなどの症状を改善させる

ツボには

曲池(きょくち)

 

 

 

労宮(ろうきゅう)

 

などがあります。

 

気力が衰えている場合

天柱(てんちゅう)

 

 

風池(ふうち)

 

足の三里(さんり)

 

太谿(たいけい)

 

などが有効とされています。

★関連動画はこちら>>>>★

 

そして、サプリメントの栄養成分に

ついては

  • ギャバ
  • ビタミンB群
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ビタミンD
  • カルシウム
  • 必須アミノ酸
  • 鉄分
  • ローヤルゼリー
  • 高麗人参

など、これらの栄養成分が

自律神経を整えるサポートを

してくれると考えられていますので

選ぶ際に参考にしてみてください。

 

★自律神経を整えるサプリ★
★楽天市場で探すなら>>>★

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

自律神経失調症については

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

自律神経失調症は

症状が軽くなったり、重くなったり

改善されていた症状が

突然悪化したりすることがあります。

 

そのため、少しでも体調不良を

感じた時はすぐにかかりつけ医を

受診することを心がけましょう。

 

また、できるだけストレスを

溜め込まないようにし

リラックスできるような工夫をし

症状の改善をしていきましょう。

 

Sponsored Links by rakuten

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク