地鎮祭とは?起源や歴史は意外にも?お供え物や服装は?準備するものや日取りはいつ?費用の相場や初穂料にのし袋の表書きは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

これから家を建てようとしている人は

一度くらい「地鎮祭(じちんさい)」

という言葉を聞くことがあるの

ではないでしょうか?

 

 

工事の無事を祈るため

その土地を司る氏神さまのお許しを

得るためのもので

 

土地によっては

地祭りや地祝いとも呼び

神式・仏式とがあります。

 

しかし、家を建てる際の儀式として

一般的に行われている地鎮祭ですが

 

聞いたことはあるものの

それが何なのか、何を意味するのか

分からない人も多いのでは

ないでしょうか?

 

そこで今回は

地鎮祭とは?起源や歴史は意外にも?

お供え物や服装は?地鎮祭で
準備するものや日取りはいつ?

費用の相場や初穂料に
のし袋の表書きは?

地鎮祭は必要?やらない場合は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



地鎮祭とは?起源や歴史は意外にも?

 

地鎮祭(じちんさい)とは

家を建てるための土地を購入したとき

その土地に住む神様を祝い鎮め

土地を利用させてもらう許可を得て

 

これからの工事の安全と家の繁栄を

祈願する儀式のこと。

 

 

地鎮祭は建築の

三大祭典の1つに数えられ

工事の進展に伴う祭りとして他に

上棟式や竣工式があります。

 

中でも、地鎮祭は最も大切で

あると考えられており

「とこしづめのまつり」と

読むこともあり

 

「鎮」の字には

「しずめる、落ち着かせる」と

いった意味があります。

 

工事の着工にあたり神職をお招きし

一般的には敷地の中に4本の青竹を

立て、注連縄を張った中で

神主が執り行います。

 

神様にお供え物をし、祝詞をあげて

もらい、お祓いをして浄め

 

施主が初めてその土地に

鍬(くわ)や鋤(すき)を入れ

工事の無事を祈ります。

 

日本には

神道式と仏式とがありますが

神道はもともと日本の神を

礼拝の対象とし

 

八百八の神様が日本の土地を

所有されていると

考えられていました。

 

しかし、日本は国土が狭く

土地の所有については

神代の昔から争いの元。

 

神様の所有されている

土地に居(家)を構えるのですから

勝手に建てて神様のお怒りに

触れないよう、土地を借りるための

「土地借用の儀式」が

地鎮祭なのです。

 

 

その際、一般的には

神式で神主さんが行い

安全祈願祭や起工式と

呼ばれることもありますが

 

仏式・キリスト教式で行っても

構わないとされ

 

また、地鎮祭と一言で言っても

「個人住宅の地鎮祭」のような

小規模な地鎮祭から

 

「高層マンション・公共工事」の

地鎮祭のような大規模な

ものまで様々な地鎮祭があります。

 

地鎮祭の起源や歴史ですが

地鎮祭という建築儀礼の歴史は古く

弥生時代の遺跡群の出土品に

その名残が見られ

 

最も古い記録が

西暦690年頃(飛鳥時代)

持統天皇期に、藤原京の造営に

先立って「鎮め祭らしむ儀式」が

行われていたと

 

「日本書紀」記されているので

少なくとも、1300年以上前には

行われていと考えられています。

 

実際に東大寺金堂や興福寺金堂など

からも、地鎮祭の際に

土地の神様に捧げて埋める

「鎮物」(しずめもの)が

にみつかっています。

 

ただ、地鎮祭が実際に認められ

広く普及していったのは

江戸時代後半になってからと

考えられています。

Sponsored Links



お供え物や服装は?地鎮祭で準備するものや日取りはいつ?

 

地鎮祭は

  • 鎮地祭
  • 土祭り
  • 地祭り地祝い

とも呼ばれ

 

その土地の神(氏神)を鎮め

土地を利用させてもらう許しを得る

儀式ですが、日本以外では

韓国や台湾でも地鎮祭に似た

お祓いをすることがあります。

 

 

神式では、建築予定地の神社に

地鎮祭の司祭をお願いし

祭壇をご用意いただきます。

 

一般的には、土地の四隅に青竹を立て

その間を注連縄で囲って祭場とし

斎主たる神職のもと

  • 建設業者
  • 設計者
  • 施主

などが参列の上で執り行います。

 

場合によっては、赤白の横断幕を

張ったテントの中で行われる事もあり

祭場の中には木の台(八脚台)を並べ

 

その中央に、大榊(おおさかき)に

御幣・木綿を付けた

神籬(ひもろぎ)を立てて祭壇とし

供え物を供えます。

 

関西などの特定の地方によっては

伊勢神宮近隣の浜から

砂または塩を取り寄せ

四隅に置く場合もあり

 

祭壇の左右に

の五色絹の幟に榊をつけた

「真榊」を立てる場合もあります。

 

この五色絹は五行説における

天地万物を組成している5つの要素で

それぞれ「木・火・土・金・水」を

表していると言われています。

 

では、地鎮祭の日取りはいつが

いいのかですが、一般的には

吉日を選んで行なわれることが

多いようで

 

地鎮祭の吉日とされるのは

大安、先勝(または友引)の日です。

 

儀式は、暦を見て大安または

先勝(または友引)の日を選び

午前中に行います。

 

ただ、六曜の吉日を選ぶ人が

多いですが、神道で行う地鎮祭に

吉日は関係ありません。

 

 

★関連記事★

六曜とは?六輝(ろっき)との違いや
「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤
口」の読み方や意味は?実は迷信!?
結婚式や入籍は?

★記事はこちら>>>★

 

出席者の都合の良い日

いいお天気の日に行えるのが

一番です。

 

日取りが決まれば次に

地鎮祭で準備する

ものを揃えていきましょう。

 

最近では「地鎮祭セット」などと

いった便利なサービスがあり

ハウスメーカーや工務店の方で

全て用意してくれる場合もあります。

 

施主が用意するものは

お供え物がほとんどで

  • 清酒(一升)
  • お米(一合
  • 塩(一合)
  • 水(一合)
  • 海の幸(鯛、昆布、するめ)
  • 山の幸(果物)
  • 野菜

その他に人数分の紙コップなど

があると安心ですが

 

事前にハウスメーカーや工務店に

確認してみましょう。

 

施工者は他にも

  • 竹やしめ縄

等用意してくれます。

 

祭壇については

神社で借りられる場合もあり

施工者が持っている場合もあります。

 

気になる服装ですが、鎮祭は正装で

出席する場合が多いようですが

個人宅の場合は

特に決まっていません。

 

基本的には施主が自由に

決めることになり

普段着でも大丈夫ですが

 

記念の式で写真も取られることも

あるので、ラフ過ぎない程度の服装が

お勧めです。

Sponsored Links



費用の相場や初穂料にのし袋の表書きは?

 

地鎮祭の費用の相場ですが

地域や地鎮祭の規模によって

金額は変わってくるものの

 

地鎮祭に必要な費用は

大きく分けて

  • 神主さんへの支払い
    (初穂料・玉串料)

  • テントなどのレンタル料
    (祭壇その他準備費用)

  • お弁当やお供えの代金

などが必要です。

 

 

かかる費用の全国的な平均金額として

初穂料・玉串料(お車代含め)

・3~5万円

 

初穂料・玉串料は、神主さんに

お礼としてお渡しするため

のし袋に入れ、表書きは

「玉串料」「御祈祷料」等と記し

施主の名前も書きます。

*お車代
遠方からお呼びした場合に5千円程度

 

テントや祭壇など神事に使用する
資材のレンタル料・設営料

・10万円~

 

供えの代金

・2万円~

 

直会(なおらい)のお弁当代で

1食あたり
2000~3000円×人数

 

となり、少なくとも

20万円ほど必要です。

 

さらに、地域によっては建築関係者へ

ご祝儀を渡すことが一般的なことも

あり、確認が必要です。

 

地域の地鎮祭に必要な費用の相場が

わからない時は

地元のイベント屋さんや

資材レンタル屋を

ネットで検索してみましょう。

 

親切なところでは

予算に合わせたセットも

準備してあります。

Sponsored Links by rakuten

地鎮祭は必要?やらない場合は?

 

近年、費用面の事を考えて地鎮祭を

簡略的に済ませる人もいます。

 

また、地鎮祭のセット料金が

住宅の新築価格に含まれている

契約などもあります。

 

しかし、そもそも地鎮祭とは

必要なのでしょうか?

 

 

もちろん、やらない場合

神様に祟られ、事故が発生するのか

というとそんなことはありません。

 

地鎮祭をするかしないかは

個人の自由であり

地域の風習や時代と共に

 

都心部では地鎮祭を行わない

傾向になりつつあります。

 

さらにもともとは

その土地の氏神様を祀っている

神社が地鎮祭をしていましたが

 

近年では氏神、産土神、鎮守の神が

同一視されるようになってきており

 

最も近い場所にある神社に

依頼することが多くなってきて

います。

 

ちなみに

・氏神(うじがみ)とは  

その一族の守り神、守護神のこと。

 

・産土神(うぶすながみ)とは

生まれた土地を守る神様で

うぶすな
うぶがみ
うぶすなのかみ

などとも呼ばれます。

 

七五三やお宮参りなどのときは

産土神にお参りします。

 

・鎮守神(ちんじゅがみ)とは

一定の地域や建物を守護するために

祀られた神様を鎮守が身と言い

  • 寺院

など守護されています。

 

ただ、やらずに後悔することは

あっても、やって後悔することは

無いと思いますので

 

長い人生の中で一度経験できるか

どうかのことですので

やられてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

地鎮祭については伝わりました

でしょうか?

 

 

地鎮祭は地域によっては

準備するものや、やり方が変わって

くる場合もありますが

 

やるかやらないかは

あくまでも施主の判断になり

 

不安な気持ちを残さないために

地鎮祭は是非とも行うことが

望ましいと言えます。

 

Sponsored Links by admax



 

地鎮祭を行う場合は

着工のスケジュールとの調整も

必要になりますので

 

事前にハウスメーカーなどの

依頼先に相談しましょう。

 

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク