知らなきゃマズい?ほおずきの効能や意外な雑学とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

「ほおずき」は使者を導く

提灯の役割を果たすとされ

日本では古くからお盆に仏花として

飾られてきました。

 

そんなほおずきが鈴なりになった時

「また秋がやってきた」と感じる方は

多いのではないでしょうか?

 

 

 

その真っ赤な実は、特に夏の夜を

幻想的に彩ってくれます。

 

しかし、日本では主に観賞用として

用いられるほおずきは

 

海外では食用とされることが多く

また、それに伴い意外な効能なども

知られ

 

また、「ほおずきの花言葉」などは

知っておかないとマナー違反になる

こともあるため注意が必要です。

 

とは言え、実はほおずきについて

あまりよく知らないという方が

多いようです。

 

そこで今回は

  • ほおずきとは?
    知っておきた旬の季節や花言葉は?

  • 見落としがちなほおずきの
    意外な効能とは?

  • 知って得するほおずきの食べ方は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links

ほおずきとは?知っておきた旬の季節や花言葉は?

 

ほおずきは、赤いちょうちんが

ぶら下がったような姿が愛らしく

古くから親しまれてきましたが

 

まずは基本的なことから

お伝えします。

 

 

 

ほおずき(鬼灯)とは

東南アジアが原産とされていますが

その自生地ははっきりしていない

ナス科・ホオズキ属の植物で

 

主に観賞用としても食用としても

栽培され、花よりも赤色や

オレンジ色の果実に魅力があり

その種類は80~100種あると

されています。

 

特にヨーロッパから日本

北アメリカなど、北半球の広い範囲に

自生し、用途によって食用と

観賞用に大別され、実の大きさや

形もそれぞれです。

 

観賞用には主に

  • ヨウラクホオズキ
    (ナギナタホオズキ)
  • タンバホオズキ
  • サンズンホオズキ
  • センナリホオズキ

などが用いられ

 

食用としては

  • シマホオズキ
    (ゴールデンベリーホオズキ)
  • ショクヨウホオズキ
    (ストロベリートマト)
  • オオブドウホオズキ
    (トマティーヨ)

などがよく使われ

 

緑から真っ赤に色が移り変わっていく

実の皮は、葉が変化したもので

中は空洞で、果実の中には

たくさんの種が入っています。

 

ちなみに、ほおずきの名前の由来は

実が赤く染まった頬を連想させ

ほおずき鳴らして遊ぶ子供たちの

様子から「頬突き」という説や

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

 

ホホというカメムシがつきやすい

ことから「ホホ付き」など

名前の由来には諸説あります。

 

また、輝血(カガチ)と呼ばれていた

時代もあり、これは真っ赤に輝く

火の精霊を意味し、奈良時代以前に

使われていたとされています。

 

旬の季節はいつ?

 

ほおずきは3月頃からツルを

伸ばし始め、開花期は6~8月で

ナス科に属する植物なので

花の形はナスの花に似ていて

クリーム色の小さな花を咲かせます。

 

その花が受粉し、実が色づく

旬の季節は7~9月とされていますが

 

寒い地域のほおずきは色づいて

くるのもゆっくりなので

9月下旬~10月頃に旬となるよう

です。

 

ただ、食用ホオズキの収穫時期は

各地で栽培が始まっていますが

おおむね7月頃から始まり

 

夏の7月頃から始まり

10月頃までがピークで

翌年の3月頃まで行われます。

 

また、日本では鑑賞用や

食用以外にも切り花や鉢物にして

楽しまれていますが

 

夏の始まり頃には

「ほおずき市」と呼ばれる

ほおずきが売買される祭りもあり

 

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

 

鬼灯の開花時期に合わせ行われる

祭りですが

 

毎年7月9日と7月10日に

浅草(東京都)の浅草寺で行われる

「ほおずき市」が有名で

 

観賞価値の高いほおずきを求める

場合は、ほおずき市に行って

買うのがベストです。

 

特にお盆飾りのきゅうりの馬や

なすの牛は「精霊馬」と呼ばれ

ご先祖様の行き帰りの乗り物になる為

飾られますが

 

ほおずきも「鬼灯」とも書くように

灯りとしての意味があります。

 

ご先祖様を迎え入れる際

墓地からだんだんと盆提灯や高灯籠

おがらやカンバの煙を使って

家まで誘導しますが

 

その際、家の中の最後の灯りとして

小さな提灯が仏壇を飾りますが

ほおずき(鬼灯)がその役割を

果たすと考えられているのです。

 

ちなみに切り花や鉢物として

少し早い時期に出回る色づいた

ほおずきは

 

バナナを黄色く熟させる際に

使われるものと同じ「エスレル」

という植物成長調整剤で処理された

ものです。

 

ほおずきの花言葉は?

 

しかし、実の大きさに対して

中は空洞で、種も小さいことから

ほおずきの花言葉は

  • 偽り
  • ごまかし
  • 欺瞞
  • 心の平安
  • 不思議
  • 自然美

西洋での花言葉でも

「ごまかし(deception)」

という花言葉がつけられ

 

相手を疑っている心理を表現した

言葉ばかりです。

 

つまり、鬼灯の花言葉は

絶対に贈ってはいけない危険な

花言葉ばかりと言えますので

 

贈る場合には注意が必要かも

しれません。

Sponsored Links

見落としがちなほおずきの意外な効能とは?

 

お伝えしたように

ほおずきは観賞用が一般的ですが

食用として用いられるものもあり

 

実は、意外な効能などがあると

されています。

 

 

 

ほおずきは古くは薬草として利用され

子供の夜泣きやひきつけ

大人のお腹や胸の痛みを和らげる

効能があるとされ

 

また、中国では根が

「酸漿(サンショウ)」という

生薬名で知られ、漢方医学での

効能として、煎じて飲むと

  • 咳止め
  • 解熱
  • 利尿の薬

などの効果が期待できるとして

熱や黄疸のときに用いられます。

 

さらに英語名を

「グラウンド・チェリー
   (Ground Cherry)」といい

ビタミンA、Cや鉄分等を多く含み

 

また、ヨーロッパを中心に

フルーツとして食べられている

食用ほおずきは「イノシトール」

というビタミンBの1種を豊富に含み

 

体内に脂肪を溜め込まないようにする

効果が期待できるため

  • ダイエット効果
  • コレステロールの低下
  • 動脈硬化予防
  • ガンの予防

などに効果があるとされています。

 

ただ、根には若干の毒性があるとされ

これは株全体に含まれる

アルカロイドの毒性によるもので

 

江戸時代には堕胎剤として

使われていたように

子宮を収縮させる作用があり

 

妊婦が食すと流産の恐れがあるので

注意が必要です。

Sponsored Links

知って得するほおずきの食べ方は?

 

日本ではあまりほおずきを食べる

機会がないかもしれませんが

食用のほおずきは欧米では

フルーツとして扱われ人気です。

 

 

 

食べ方としては甘酸っぱさを生かして

ジャムにしてもおいしいですし

寒天とあわせて「てん寄せ」を

作ったり、ほおずきのアイスクリーム
なども販売されています。

 

また、デザートとしてだけでなく

サラダに散らしても美味しく

肉料理などの付け合わせとしても

人気です。

 

★レシピサイトはこちら>>>★

 

では、実際にほおずきの実は

どのような味がするのか

気になりますね。

 

ほおずきの実は食べて見ると

味も香りもフルーティーで

ミニトマトより果肉が軟らかく

食べ易いのが特徴です。

 

また、甘味と酸味を小さな粒に

ギュッと閉じ込めたような

濃縮したミカンのような甘酸っぱさも

感じられます。

 

食用ほおずきの選ぶポイントとしては

ほおずきは中の実の表面が傷み

やすいので、ガクが付いたままの物を

選び、実の表面に傷などが無く

綺麗なオレンジ色に熟した物を

選びましょう。

 

★売れ筋ナンバーワン!?食用ほおずき★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

また、保存方法ですが

ほおずきは湿気に弱く

濡れると傷みやすくなりますので

 

実を包んでいる綺麗なガクを

破ったりしないようそっと

キッチンペーパーや新聞紙などで

くるみ、それを水滴などが付かない

ようにビニールやポリの袋に入れ

冷蔵庫に入れます。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

「知らなきゃマズい?ほおずきの
効能や意外な雑学とは?」

については伝わりましたでしょうか?

 

 

 

今回お伝えした内容は

 

ほおずきとは?

ナス科・ホオズキ属の植物で
観賞用としても食用としても
栽培され、花よりも赤色や
オレンジ色の果実に魅力があります。

 

知っておきた旬の季節は?

小さな花を咲かせ、その花が受粉し
実が色づく旬の季節は7~9月です。

 

花言葉は?

偽り
ごまかし
欺瞞
心の平安
不思議
自然美

 

ほおずきの意外な効能は?

煎じて飲むと

  • 咳止め
  • 解熱
  • 利尿の薬

などの効果が期待できるとして
熱や黄疸のときに用いられます。

 

ほおずきの食べ方は?

ジャムにしてもおいしいですし
寒天とあわせて「てん寄せ」を
作ったり

ほおずきのアイスクリームなども
販売され、デザートとしてだけでなく

サラダに散らしても美味しく
また肉料理などの付け合わせと
しても人気です。

 

Sponsored Links by rakuten

 

ほおずきに関して、知っているようで

意外にも色々な雑学があり

お盆で飾る場合や食用を食べるときの

話題になるかもしれませんね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク