今の時代

「慢性疲労」や「疲労回復」など

「疲労」という言葉を

よくみかけますが

 

tameiki_businessman

疲労とは人生において

誰もが経験する症状ですね。

 

誰もが経験する症状ゆえ軽く見られ

放置されがちですが

 

しかし、疲労の種類や状態を

はっきりと認識できる人は

少ないようです。

 

ただ、その疲労も

疾患の症状であったり

逆に疲労が発展して重病になる

こともあります。

 

その為、疲労回復がとても大切ですが

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

c8e8cfaba5a4a5e9a5b9a5c8

そこで今回は

疲労とは?

乳酸は疲労物質ではない!?
最新の疲労の原因とは?

疲労回復する睡眠や体操にヨガとは?
おすすめのツボは?

飲み物や食べ物で即効回復!?
効果的な栄養成分は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



疲労とは?

 

年齢や性別は関係なく誰もが感じる

「疲労」。

 

そもそも漠然と使っている

疲労という言葉は一体どういう状態を

いうのでしょうか?

 

tsukare_boy

 

疲労は人や見方によって

様々な解釈があるものの

 

疲労とは

人間に限らず長時間の体の継続的

使用によって本来の機能が

低下する現象を意味し

 

「身体からの休憩のサインである」と

言われ、疲労を感じるおかげで

休養を取る目安となり

回復することができます。

 

しかし、人間が生きていく上で

疲労が現れると

身体的及び精神的作業の

能力の質や量が低下も現れます。

 

疲労は種類を大きく分けて

  • 精神的疲労
  • 脳疲労
  • 肉体的疲労

の三つに分類でき

 

仕事や人間関係、悩みごとなどの

ストレスなどの心の疲れは

「精神的疲労」。

 

頭の疲れは

「脳疲労」。

 

筋肉を動かしたときの

エネルギー不足と疲労物質の蓄積を

「肉体的疲労」と言い

疲労は蓄積する前に解消することが

大切です。

 

特に体内のエネルギー源の枯渇は

疲労を倍増させます。

 

人間が運動する際、筋肉を収縮させる

ために多くのエネルギーを

必要とします。

 

そのエネルギーを作り出すためには

  • 糖質
  • 脂質
  • タンパク質

等のエネルギー源が必要で

体内のエネルギー源が減ると

肉体的疲労に陥ります。

 

特に体内に蓄えられている

エネルギー源の一つである

血糖の低下によって筋疲労が

起こるというされ

 

血糖の低下に伴い脳組織における

エネルギー消費量が低下すると

脳が正常に機能しなくなり

疲労困憊に至るといわれています。

 

血糖値の変化による疲労との

関係である

RPE(主観的運動強度)の動向は

先行研究によるとかなり同期する

ことが報告されており

 

血糖値が低下する事で

主観的運動強度が増加し

疲労困憊に達するとそうです。

 

また、デスクワークなどをした時に

疲労しているのは脳で

運動の後なら筋肉と考えがちですが

 

実は、両者の疲れは同じで

どちらも「脳」の疲れと

言われています。

 

日本では1990年代から

国を挙げて疲労の謎を

解明する研究が始まり

 

疲労の度合いを定量化する

試みなどが進められ

 

運動時やデスクワークなどの

精神作業時に、どこにどのくらい

疲労が生じているか負荷試験を

行ったところ

 

images

 

筋肉をいためつけるような

一部の激しい運動を除いて

自転車やジョギングなどの

有酸素運動を4時間やった程度では

 

筋肉にはほとんどダメージが

ないという結果がでました。

 

では、体の中のどこが

最も疲れるのかというと

それは「脳」です。

 

「脳の中にある自律神経の中枢」で

ある、視床下部や

前帯状回(ぜんたいじょうかい)と

いう部位が疲労すると

疲れとして感じるように

なります。

 

ただ、「疲労」と「慢性疲労」は

違います。

 

疲労は誰もがある程度身体を

動かせば溜まりますが

1日十分な睡眠を取ればほとんど

回復します。

 

一方、どれだけ休んでも

回復しない疲労を「慢性疲労」と言い

病院で検査をしても異常なしと

言われることが多く

 

原因としては

  • 体力の低下
  • 栄養不足
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 肝臓機能

の低下などが原因と言われています。

 

疲労感が長続きすると

  • 朝起きることができない
  • やる気が出ない
  • 慢性的な腰痛
  • 首や肩のこり
  • 手足がむくみ

など日常生活に支障をきたすほどの

状態が起こります。

 

慢性疲労は疲労の蓄積によって

起こるため、症状が重くなる前に

疲労を取り除く必要があり

まずは疲労の原因について

知ることが必要です。

Sponsored Links



乳酸は疲労物質ではない!?最新の疲労の原因とは?

 

乳酸と聞くと「疲労物質」と

思われる方がいらっしゃると

思います。

イラスト

 

少し前までは信じられていましたが

最近の研究では

乳酸は「疲労物質」ではなく

「疲労回復物質」だとわかって

きました。

 

乳酸は運動後30分もたてば

運動前の低いレベルに戻るため

運動の疲労がもし乳酸のみの場合

30分で疲労は全てなくなって

いるはずです。

 

しかしそんなことはありませんね。

 

もともと乳酸は脳神経系では

重要なエネルギー源。

 

運動をすることによって

筋肉疲労を早く回復させる

役割をしています。

 

乳酸は筋肉を使って運動をするときに

糖質(ブドウ糖)が代謝、分解

されるのと同時に作られる

水溶性の有機化合物です。

 

以前までは、この乳酸が筋肉に

溜まると体内が酸性になり

疲労の原因になるとされ

それが常識のように扱われて

いました。

 

しかし、乳酸が作られる過程で

発生する水素イオンなどの作用で

筋肉のpHバランスが酸性に傾く

ことが疲労の一因と考えられ

 

逆に血液中の乳酸は、肝臓で

グリコーゲンに再合成され

再びエネルギー源として

利用されとため体にとって

必要な物質なのです。

 

では、現在疲労物質として

考えられているのは?

 

disease_pc3

 

人間はエネルギーを消費する

過程で活性酸素を生成しますが

 

普段日常生活を送る上では

活性酸素を除去する

抗酸化システムが備わっています。

 

しかし、激しいスポーツをすると

活性酸素は大量に発生し

 

処理しきれない活性酸素によって

細胞が損傷をうけ、脳に疲労を

伝達するTGFβという物質が

増えます。

 

TGFβ:トランスフォーミング
          増殖因子

 

また、ファティーグファクターと

呼ばれるたんぱく質が

肉体的な疲労、精神的な疲労の両方で

増加することが分かっています。

その為、現在、乳酸が疲労物質では

なく

TGFβやファティーグファクターが

疲労原因物質と考えられています。

Sponsored Links



疲労回復する睡眠や体操にヨガとは?おすすめのツボは?

 

疲労の原因はお伝えしましたが

毎日の生活や運動後に体力を

使って疲労してしまう時

疲労回復させるためにはどうすれば

いいのでしょうか?

 

一般的な疲労回復方法としては

身体のこわばりが血流を悪くさせる為

筋肉の疲労を取るための

ストレッチやヨガに体操が

効果的です。

 

 

人間の疲れには身体的、精神的な

原因があり

どちらの回復にも効果があるのは

 

もちろん「睡眠」です。

 

★関連記事はこちら>>>★
早朝覚醒に中途覚醒!?睡眠障害の
原因とは?種類や症状の違いは?
どうして目が覚めるの!?治し方や
日中の眠気の対処方法は?

 

そして、心や身体の疲れを

癒してくれる効果がある

アロマ

 

などがよく話題に上がりますね。

 

また、疲労回復にはツボ押しも

効果的です。

 

ツボとは体の反応が現れる場所で

治療もできてしまうポイントです。

 

しかもそのツボの位置は

2006年にWHO(世界保健機関)に

よって361穴に決められています。

 

疲労回復に効果的なツボ

身体的疲労には

手三里(てさんり)

 

足三里(あしさんり)

 

 

湧泉(ゆうせん)

 

 

精神的疲労を緩和するためのツボ

天柱(てんちゅう)

 

百会(ひゃくえ)

気海(きかい)

 

などがあり

★関連動画はこちら>>>>★

 

すっきりと体調を戻し

気分転換したいときにおすすめです。

Sponsored Links by rakuten

飲み物や食べ物で即効回復!?効果的な栄養成分とは?

 

そして、普段の食生活を

改善することで

疲労回復に繋がることもあります。

 

images

 

バランスのいい食生活を心がけ

疲労の原因となる

高グリセミック指数食品はなるべく

さけましょう。

 

高グリセミック指数食品を取ると

血糖値が急激に上昇し

 

その反動で低血糖を引き起す為

疲労などのさまざまな病気の

原因となるといわれています。

 

高グリセミック指数食品には

  • じゃがいも
  • サツマイモ
  • フランスパン
  • 食パン
  • 白米
  • ワッフル
  • スイカ
  • 高糖度炭酸飲料

などがあります。

 

では、疲れたときに飲んだり

食べたりして体力が回復する

疲労回復に効果のある

飲み物や食べ物で摂りたい

栄養素はというと

 

エネルギー代謝を

活性化する働きがある

お酢などに含まれる

「クエン酸」

 

脳の血液循環が悪くなると

酸素が不足し疲労にも影響する為

血液を作って酸素を運ぶ役割をする

レバー、海藻などに含まれる

「鉄分」

 

むくみがあると疲労も感じやすくなる

ため、疲労回復のためには

むくみをとる必要があります。

むくみ解消に役立つのは

バナナ、りんごなどに含まれる

「カリウム」

 

ストレス解消に効果があるとされ

精神疲労を緩和するのに役立ちます。

「カルシウム」

 

消化吸収がスムーズにいくと

疲労回復にも効果的と言われて

います。

 

消化吸収をスムーズにする栄養素は

大根などに含まれる

「酵素」

 

疲労回復には、ビタミンも

欠かせませんが、中でも

疲労を感じたときに摂取すると

疲れを感じにくくなる栄養素は

「ビタミンB・C・E」

 

images-1

★ビタミンを含む食べ物とは>>>★

 

そして、タウリンやオルニチンなど

様々な疲労回復物質が存在しますが

中でも即効回復効果が高く

 

ファティーグファクターの出現により

その働きを抑制し、傷ついた細胞を

修復する疲労回復物質「FR」を

体内で増やし

 

さらにTGFβによる活性酸素を

見事に取り除いてくれる栄養素

鶏むね肉や豚肉、マグロに含まれる

「イミダペプチド」

 

これらを意識して

取り入れてみてくださいね。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

疲労回復については伝わりましたで

しょうか?

 

images

 

疲労は肉体疲労と精神的疲労が

ありますが

 

肉体疲労は比較的生活習慣を少し

改善すれば軽減できる事が

多いのではないでしょうか?

 

ただ、ストレスのない生活を

送るというのは

 

現実的ではありませんが

上手く付き合うことができれば

疲労の感じかたも変わってくる

と思います。

 

適度に運動なので体を動かして

自分なりのリラックスできる

時間を作ってり

 

ぜひ、溜まった疲れを無くして

くださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事