たのしいひなまつりの歌

「お内裏さまと、お雛様~♪」が

聞こえてくる季節になりましたね。

 

3月3日には雛人形を飾り

女児の成長や幸せを家族皆で願い

毎年ひな祭りを行いお祝いしますが

 

この時期には雛人形を飾ることに

悪戦苦闘する方も多いのでは

無いでしょうか?

 

 

最近は住宅事情から

以前のような豪華な飾りではなく

平段やガラスケースに入った

3段程度のものがよく売れる

そうですが

 

しかし、そもそも雛人形とは

一体どのようにして誕生したので

しょうか?

 

またその意味や由来などが

存在するのでしょうか?

 

そこで今回は

雛人形とは?意味合いや起源は?

買うのは誰?雛人形の種類や
選び方に相場は?

雛人形を飾る場所は?

雛人形を飾る時期は
いつからいつまで?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



雛人形とは?意味合いや起源は?

 

三月三日の雛祭りは

正式には「上巳(じょうし)の節句」と

いい、五節句のひとつです。

 

 

五節句とは

  • 1月7日(人日/じんじつ)
  • 3月3日(上巳/じょうし)
  • 5月5日(端午/たんご)
  • 7月7日(七夕/しちせき)
  • 9月9日(重陽/ちょうよう)

のことで

 

節句では、季節の節目に邪気をはらい

神様にお供えものをし

  • 無病息災
  • 子孫繁栄
  • 豊作

などを願い

季節を感じながらお祝いします。

 

ひな祭りの起源には諸説ありますが

もともとの起源は古代の中国で

行われていたお祓いの風習だといわれ

 

中国では3月の上旬の巳の日は

季節の変わり目で邪気が多いと

されていて

 

災厄をはらうために水辺で汚れを

払う禊(みそぎ)や、盃を水に

流して詩を読む行事が行われて

いました。

 

この風習が日本に伝わり

室町時代になると、上巳の節句は

3月3日に行われるようになり

 

ちょうど桃の花が咲くころでもあり

節句を祝うのにふさわしいことから

今では「桃の節句」という名で

親しまれています。

 

現在、桃の節句には

雛人形や桃の花を飾り

 

ひなあられや白酒などをお供えして

女の子の健やかな成長を願いますが

雛人形の起源も

元々、上巳の節句の際

 

草や藁で作った人形(ひとがた)で

体を撫(な)で、穢(けが)れを

移したものを川に流すことで

厄払いとされた行事に

 

貴族階級の女児が行っていた

紙の人形のおままごと遊びである

「ひいな遊び」が合わさたものと

言われています。

 

人形(ひとがた)とは

身代わりという意味で

平安時代には出産の際の死亡率が高く

命を持っていかれないよう

枕元に身代わりの人形を置く

風習があり

 

自分の災厄を引き受けてくれた

人形を流して厄をはらって

いました。

 

また、「ひいな」には

小さくてかわいらしいものと

いう意味の他に

 

大きいものを小さくするという

意味もあったため

 

人形(ひとがた)とも意味が重なり

いつしか人形(ひとがた)は

「流しひな(雛)」と

呼ばれるようになり

 

この流し雛の風習は

今も鳥取県などで行われています。

 

 

しかし、江戸時代になると

人形作りの技術が発達し

 

紙で作られていた流しひな(雛)は

精巧に豪華になっていくます。

 

それが宮中から武家社会

裕福な家庭や名主の家庭へ広がって

いき、今のひな祭りの原型が

完成したと言われ

 

その後、段飾りが飾られるように

なったのは江戸中期のことで

昭和に入ってから、現在のような

ひな人形の形になりました。

Sponsored Links



買うのは誰?雛人形の種類や選び方に相場は?

 

雛人形の種類ですが

市販されている雛人形は

現在では、中国や東南アジアで

生産される雛人形もありますが

 

裁断から裏張り、縫製に至るまで

人の手が必要とされます。

 

そんなお雛さまですが

人形は、女の子が生まれた時に

無事に成長を願って飾る

男女一対を基本とする人形で

 

大きく分けて2つあり

衣裳着(いしょうぎ)人形と

木目込(きめこみ)人形があり

 

衣裳着人形とは

仕立て上げた着物を着せ付けて

作った人形のことで

 

木目込人形とは

型の溝に沿って裂を貼り込んだ人形

のことをいい

 

さらには立っている

「立雛(たちびな)」と

座っている

「座雛(すわりびな)」があります。

 

種類としては

飾る人数や飾る台の形式によって

様々な形の雛人形が存在し

 

ひな人形の飾り方の種類には

大きく分けて

  • 七段飾り
  • 五人飾り
    (二段または三段飾り)
  • 親王飾り

の3つあります。

 

七段飾りは

  • お殿様
  • お姫さまの親王
  • 官女が三人
  • 囃子が五人
  • 右大臣と左大臣の随身
  • 三人の仕丁の十五人

が揃った状態で

 

★七段飾り★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

なおかつ、嫁入り道具として

  • 三宝
  • 菱もち
  • 丸もち
  • お膳
  • 茶道具
  • 火鉢
  • 長持ち
  • 箪笥
  • 牛車
  • お篭車
  • 重箱

が揃ったいわゆるフルセットの

状態のものが一般的で

 

サイズは

  • 幅120~130cm
  • 奥行き170~180cm
  • 高さ180~190cm

価格は20~100万円と幅があり

 

高いものだと数百万を

超えるものまであります。

 

三段飾りは

人数・嫁入り道具を大幅に省いた

構成で、人形は親王と三人官女で

嫁入り道具として

  • 三宝
  • ひし餅
  • 丸もち
  • 牛車
  • お篭車
  • 重箱と桜橘
  • 雪洞

などを三段になった飾り台にセットし

屏風を立てるのが一般的な

飾り方で五人飾りとも言い

 

 

★三段飾り★
★楽天市場で探すなら>>>★

サイズは

  • 幅60~110cm
  • 奥行き50~120cm
  • 高さ70~100cm

10~30万円が価格の相場です。

 

 

親王飾りは

文字通り親王だけを飾りに使った

タイプです。

 

同じ予算では三段飾りや七段飾りに

くらべ、人形自体を凝った

作りのおひなさまが揃えられ

奥行き、高さの飾り寸法が抑えられ

 

サイズは

  • 幅50~100cm
  • 奥行き30~50cm
  • 高さ20~40cm

価格は4~20万円くらいで

リーズナブルにそろえることができ

現在の主流になりつつあります。

 

★親王飾り★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

雛人形の選び方としては

どんな雛祭りをしたいかをまず考え

わいわい楽しくしたいのなら

人数がそれなりに揃った豪華に

見えるタイプの雛人形にし

 

家族だけで過ごすのであれば

コンパクトにまとまるタイプの

ひな人形が一般的です。

 

ちなみに、雛人形を買うのは

古くは嫁入り道具のヒナ型として

婚家へ贈ったという歴史もあり

 

お嫁さんの実家から贈られることが

一般的ですが

 

雛人形の相場は、100万円以上する

ものから1万円未満のものまで

価格に開きがあり

 

現在では、可愛い孫や子供のためと

両家で折半することや

若いご両親自身が求めることも

多くなっています。

 

また、お仲人さんや親戚、友人は

ケースに入った

  • わらべ人形
  • 御所人形
  • 市松人形

を贈ることが一般的です。

Sponsored Links



雛人形を飾る場所は?

 

雛人形を購入する前に

雛人形を飾る場所を決めることも

大切です。

 

 

ここに飾らなければならない

という決まりはありませんが

 

せっかく飾るのですから

床の間や和室、家族の目に届く

リビングなどに盛大に飾り付けるのも

良いでしょう。

 

雛人形をお飾りする方向や方角は

一切決まりがありませんが

 

エアコンやファンヒーターの風が

直接あたる場所は、顔のひび割れや

台屏風の反りや割れにも

繋がりますので避けましょう。

 

また、湿気がたまりやすい場所や

日の当たる場所も日焼けの

影響がありますので

 

このような場所は避けて

飾りしましょう。

 

そして、箱から取り出す前に

片付けるときに混乱しないよう

写真を撮って保存し

 

素手でさわると、手の油が

ついてしまい、汚れや痛みの原因に

なってしまいますので

 

人形をさわる前に白い布製の手袋を

用意しましょう。

 

そして、設置するときに

一番ややこしいのがお人形の

持ち物ですので

 

飾る前に、道具を確認し

人形を覆っている紙などをそっと

はずしましょう。

 

また、小さなパーツにところどころ

セロハンがかけてある箇所が

ありますが、無理にはずす必要性は

ありませんので、そのままにしておき

人形に道具を持たましょう。

Sponsored Links by rakuten

雛人形を飾る時期はいつからいつまで?

 

では、雛人形を飾る時期は

いつからいつまでなのでしょうか?

 

 

雛人形の飾る時期は

一般的には、立春の2月4日頃から

2月の中旬頃の「大安」に

飾るのが良いとされていますが

 

初節句には、もう少し早く

1月の中旬~下旬から飾るようです。

 

また、旧暦で節句を迎える地域もあり

3月3日の新暦の雛祭りが終わる頃

飾り始める地域もあり

 

旧暦で雛祭りを行う地域では

3月になってから飾っても

良いと考えられています。

 

さらに、関東地方は

立春(二月四日)頃から

3月3日にかけて

関西地方は、3月3日~4月3日

など地域により様々です。

 

ただ、一夜飾りといって

節句前日に飾ることは縁起が

悪いといわれていますので

余裕を持って飾りましょう。

 

また、雛人形は節句が終ったらすぐに

片付けた方が良いとされていますが

 

本来雛人形は子どもの災厄を

身代わりとなって守ってくれるため

長い間身近においておくと

縁起が悪いと言われています。

 

また、お嫁に行くのが

遅くなるという話もあり

 

これはいつまでも雛人形を

飾っておくと梅雨も近づき

カビの心配もあることから

「片付けも満足にできないようでは
    良いお嫁さんになれない」

という戒めのために言われて

いたようです。

 

その為、3月3日を過ぎてからは

約2週間をメドに

せめて4月になる前には

片付けるようにしましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

今更聞けない雛人形については

伝わりましたでしょうか?

 

 

子供の身代わりになって災いから

守って下さる雛人形。

 

その種類や飾り方は数あれど

雛人形は一生のうちに

何度とない大きな買い物です。

 

決して安いものでもないし

場所も取るし、出し入れも億劫

かもしれませんが大事な風習です。

 

Sponsored Links by admax



 

毎年のひな祭りを

家族笑顔で過ごせるように

子供のイメージに合った

ステキな雛人形に出会えると

良いですね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事