こんにちは(´・ω・`)

世の中には同じような物でも

意外にちがう物ってありますよね。

 

illust3854

 

幼稚園と保育園もその一つ。

 

現在も保育園に落ちた事が

世論をにぎやかせていますが

意外にもその違いに戸惑う

パパさん、ママさんは多いようです。

 

「幼稚園と保育園の違いは
どんなとこなのでしょうか?」

 

「小学校に上がったときに
        違いがでる?」

 

「幼稚園にしようか、保育園に
申し込みしようか悩んでいます。」

 

「夫婦フルタイム勤務で・・・」

 

「公立と私立の違いが分かりません」

 

「先生は保育士ですか
      幼稚園教諭ですか?」

 

「同じに見えますが…。」

 

「親の代わりに保育をするところと
      言われているけど」

 

「本当に中身は、違うの?」

 

「入園条件や保育料は?」

 

「メリットやデメリットは?」

 

などなど

その疑問は耐えません。

 

images-9

 

そこで今回は

比較してわかる

幼稚園と保育園の違いについて

 

年齢や時間に費用の違いや

教育や探し方に選び方のポイントや

メリットやデメリットの事

一元化とはなんのことなのかなど

 

雑学を交えながらお伝えしたいと

思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

幼稚園や保育園とは?

 

生まれたばかりの赤ちゃんが

大きくなにつれ、気になり出すのが

幼稚園や保育園選び。

 

illust3078

 

子供を預ける理由は様々ですが

幼稚園や保育園は小学校に

進むためのステップになるだけに

悩みは尽きませんね。

 

最近では幼稚園のお預かりが

長いところもありますし。

 

幼稚園も保育園も幼児を

預かってくれ、同じような

施設といったイメージがありますが

 

実は比較するとわかる

管轄(かんかつ)や

年齢、保育時間などの違いが

あります。

 

まずはそれぞれの特徴を

お伝えしていきます。

 

幼稚園とは?

 

幼稚園とは、文部科学省が

管轄している「教育施設」です。

 

enji04_06

 

基本となる法律が
 
「学校教育法」(文部科学省所管)

となり、学校教育法第77 条で

その目的が書かれています。

 

その目的とは

「幼児を保育し、適当な環境を
  与えてその心身の発達を
        助長すること」

 

つまり、教育施設であり

小学校に入る前の準備をする

施設とされていて

 

幼児の健やかな成長のために

環境を与え、その心身の

成長や発展を助けることを

目的とする「学校」です。

 

教育施設ですので

担任の位置づけは「教諭」と

なり、幼稚園の先生は

都道府県の教育委員会が発行する

幼稚園教諭免許取得が必要です。

 

 

保育園とは?

 

保育園とは、保育に欠ける子を

育成する為の「福祉施設」です。

 

youchien_sanpo_cart

 

その為、厚生労働省が

管轄しています。

 

ですので、基本となる法律も

保育園は「児童福祉法」となり
(厚生労働省)

 

その目的も

「日々保護者の委託を受けて
保育に欠けるその乳児又は幼児を
保育すること」

と定められています。

 

保護者が働いていたり、病気など

何らかの理由で保育できない場合に

小学校入学前までの乳幼児を

「保育するための施設」です。

 

その為、先生の呼び方も

「保育士」となります。

 

保育士とは

施設で、保護者に代わって子どもの

保育をする子育ての専門家です。

 

保育

保育士は、幼稚園教諭と違い

学校で学ばなくても、受験資格を

満たし、保育士試験に合格すれば

資格を取ることができ

国家資格であるため活躍の場が

広いことがメリットです。

 

ちなみに「保育所」と「保育園」の

違いですが

児童福祉法では「保育所」が

正式名称で「保育園」は通称です。

 

一般的に世間では、施設面積が

広いところを「保育園」

狭いところを「保育所」としたり

 

また、公立を「保育所」

私立を「保育園」と呼んだり

その呼び方は様々です。

 

ただ、「保育園」や「保育所」という

名称は、認可を得ていないものが

使用してはならないという法律が

ないので、保育所(保育園)の中には

無認可の施設もあります。

Sponsored Links

比較してわかる幼稚園と保育園の違いとは?年齢や時間に費用は?

 

では、さらに具体的な違いについて

お伝えしていきます。

 

images

 

比較してわかる幼稚園と保育園の違い

 

違いその1 「年齢」

子供の受け入れ年齢が違います。

 

幼稚園も保育園も小学校入学前の

幼児を預かる施設ですが

幼稚園は受け入れる子供の

年齢に制限があります。

 

幼稚園の場合、4年保育を実施して

いる所以外は、基本的に

3歳なって迎える春からが

入園できる年齢です。

 

しかし、保育園は福祉施設ですので

施設によっては生後3か月の0歳児

からでも受け入れてもらえます。

 

違いその2 「時間」

保育時間が違います。

 

最近では午後5時頃までの延長の

幼稚園もありますが

 

基本的には

午前9時~午後3時の間の

4時間が幼稚園の保育時間の

標準です。

 

この時間には理由があり

日本では未就学の子供は家庭で

ゆっくりと過ごすことを

推奨しているためです。

 

保護者に余裕のある時間帯は

年齢に応じた教育を施すという

幼稚園理念があるため

保育時間が短めなのです。

 

これに対して保育園は

親の就労などの理由から

預ける場合などが背景にあるので

標準的な就労時間である8時間を

保育時間の標準としています。

 

illust4146

 

また、朝7時頃からの早朝保育や

夜7時頃までの延長保育を

受け入れる施設もあります。

 

そして、年間の教育・保育日数は

幼稚園が「39週以上」なのに対し

保育園は「規定なし」です。

 

違いその3 「費用」

 

保育の費用が違います。

 

 

幼稚園も保育園も国で提示された

保育料の上限以内で保育料が

決められる点は同じです。

 

ですが、保育料を決定している

機関が違うため

金額に差が生まれてしまいます。

 

基本的に幼稚園は施設の設置者が

どんな家庭でも一律で保育料を

決めます。

 

しかし、認可された保育園の場合は

保護者の所得による課税状況に

応じ、自治体が保育料を決定します。

 

家庭の所得が

低ければ月々の

保育料そのものが安くなる

仕組みです。

 

幼稚園にも保護者の所得や

子供の人数による費用の減免が

ありますが

 

保育園の場合は、母子世帯などで

所得の低い家庭の場合は

無料になるケースもあります。

 

保育園は認可保育園、認証保育所

無認可保育所のどこに預けるかに

よっても、費用は違ってきますが

 

厚生労働省の統計によれば

保育園の費用は月に2~3万円を

支払っている人が一番多いようです。

 

images-5

 

しかし、幼稚園の保育料は

公立幼稚園と私立幼稚園では

保育料が大きく違います。

 

文部科学省の学習費調査では

公立幼稚園では

年額平均22万2264円

私立幼稚園では

年額平均49万8008円

というデーターがあり



私立幼稚園の方が、公立幼稚園の

2.2倍となっているようです。

 

月額にすると、公立幼稚園で

平均2万円弱、私立幼稚園では

平均4万円を支払っていると

いうことになります。

 

ただ、幼稚園も保育園も

保育料は子どもの生まれた順番や

自治体の基準などの条件によっても

変わってきます。

 

ですので、詳しく知りたい場合が

自治体の窓口に尋ねる

必要があります。

Sponsored Links

教育の違いはあるの?

 

では、教育の違いはあるのかですが

保育園は子どもを親に代わって

生活させるところで、幼稚園は

教育するところと定義されては

いますが、子供の時期は生活自体が

学びの場。

 

youchienji

 

特に学力の差が大きく出るという

ことは、無いようです。

 

保育園、幼稚園の差ではなく

様々な園があり

幼児教育を行う幼稚園では

体操や音楽など、それぞれ

独自の幼児教育が行われています。

 

正規の保育時間が終わった後の

時間を利用し、保護者が好みの

教育を選んで、受けさせることが

できるところも多く

 

英語や楽器などの早期教育を

取り入れている園の人気が高い

ようです。

 

ちなみに、独自の教育にかかわる

費用は全て親の実費負担となります。

 

一方保育園では、あくまで幼児の

保育を目的とする為、受け入れる

子供達への教育に特色はありません。

 

ただ、小学校入学にあわせ

保育園によってはひらがなや数字の

基礎的な勉強を取り入れている所が

多いようです。

Sponsored Links by rakuten

探し方に選び方って?

 

ここまではそれぞれの違いについて

お伝えしてきましたが

 

実際に幼稚園や保育園の

探し方に選ぶ時の基準は

どのようなことに気をつければ

いいのでしょうか?

 

tsufuu

 

まず、幼稚園か保育園かの

選び方で大切なのは

ご家庭の生活環境や

お仕事の状態によって

幼稚園か保育園を選択するか

考え必要があります。

 

幼稚園は、決められた年齢になれば

入園できますが、園によっては

保護者や子供の面接などの

入園試験もあります。

 

しかし、保育園は、親が仕事や

病気などの都合で、お子さんを長時間

預けなければならない

「保育に欠ける」といった場合に

利用されるところなので

 

両親が仕事に就いていないと

入園の許可がおりないところが

ほとんどです。

 

幼稚園と保育園選びのタイミング

ですが、地域によって違いは

あるもの、ほとんどの幼稚園では

9月から11月ころに入園願書の配布

入園願書の受け付け、面接などが

行われます。

 

認可保育園の場合は、入園希望日の

前月中旬くらいまでに

市町村自治体の保育課などの

窓口に申請し、審査が通れば

入園となります。

 

ただ、地域によっては保育園が

不足し、入園待ちとなる場合も

あるため、事前に確認が必要です。

 

Sponsored Links by admax

 

また、確認が必要なのは

通園スタイルです。

 

ご自宅から通える範囲にどのような

保育園、幼稚園があるのか調べて

おきたいものです。

 

次に、選ぶポイントは

「教育方針」です。

 

今は国の定める「保育指針」という

共通の教育理念に基づいて

幼稚園も保育園も運営されています。

 

その為、大きな違いはないはずです。

 

ただ、現状は幼稚園や保育園の

分類にとらわれず

園が独自の方針に沿った

教育を行なっています。

 

ですので、教育理念や方針を

確認した上で、選択することを

おすすめいたします。

 

またその際に、家の方針を

明確にすることが大切です。

 

今までの子育てで大事に

してきたことを、これからも

大事にしていきたいなど

家庭の教育方針を明確にして

おきましょう。

 

その他の選び方で抑えておく

ポイントとして

  • 親の生活に合う

  • 延長保育

  • 行事の数

  • 給食の有無

  • 近所の子供は通っているか

  • 同じ小学校に行く子は多いか

  • カリキュラムの内容

などを基準に

 

迷ったときは夫婦で納得のいくまで

話し合ったり、見に行ったり

話を聞いたりしておきましょう。

Sponsored Links by admax

どっちがいいの?メリットやデメリットに一元化とは?

 

幼稚園と保育園のどっちがよい

ということは一概には言えません。

 

illust4146

 

なぜかというと

「幼稚園は学校の仲間なので
教育がしっかりしている。」

「保育園は遊びが中心」

というような捉えられ方もされ

がちですが、園の教育方針は

様々だからです。

 

あえてメリットやデメリットを

挙げるとすれば

幼稚園育ちのメリットは

教育施設のため一定時間

座って学習する機会も多く

並んだり、椅子に座る習慣が

身につき、親と一緒の時が多いため

ゆったりと過ごすことができます。

 

降園後に習い事に通えたり

就学前に必要な文字の読み書きなどを

体験できたりもします。

 

デメリットは

手をかけられ過ぎてしまう傾向が

あり、親の過保護の問題や親離れが

遅くなる可能性があるというところ

です。

images-6

 

では、保育園育ちの子どもの傾向には

メリットとして

靴のひもを結ぶ、ボタンをつけるなど

一通りのことが自分でできる

ようになり、生活スキルが

高くなりたくましくなる傾向が

あります。

 

しかし、デメリットとして

お昼寝の習慣があるため

学校に上がった時に生活リズムに

戸惑うことも。

 

また、0歳~2歳はまだ

特定の大人との愛着形成の時期。

その為、保育園で「社会性」は

身につかないという意見もあります。

 

保育園に通わせていると

平日親と一緒に過ごす時間が

少なくなります。

 

たくましくもなりますが

その反面「寂しい思いをしていない」

わけではありません。

 

子どもの気持ちを考える事も

幼稚園と保育園を選ぶポイント

ではないでしょうか?

 

一元化とは?

 

そんな幼稚園と保育所の施設や

運営を、教育と保育を総合的に

提供する施設

「認定こども園」の制度として

一元化(いちげんか)

させようとする動きが

2006年から開始されています。

 

woman_question

 

一元化とは

ばらばらになっている組織や機構を

一つの原理で統一すること。

 

地域によって事情が異なりますが

大きな理由は

「少子化」と「働くお母さんの増加」

と言われています。

 

また、幼稚園と保育所の運営の

非効率さを改める必要性が

指摘されてきました。

 

一元化(いちげんか)することで 

公立の幼稚園と保育園でも

統廃合することで人件費を

抑制できるメリットがあります。

 

ただ、それだけではなく

両方の施設の制度が受けられると

いうことは、幼稚園では

時間外の延長保育が受けられ

また、満3歳未満の乳幼児も

預ける事が出来きます。

 

逆に保育園の制度で見ると

入所条件の「親が働いている」等の

条件が緩和され、入園しやすく

なるなど、双方の施設での問題が

解消される施設になるようです。

 

ただ、問題点としては

運営を始めてから短い

施設が多くいので、様々な点に

おいて試行錯誤が繰り返されている

段階です。

 

幼保一元化はなかなか

進んでいたないのが現状ですが

現在、既に運営を始めている施設では

 

0歳~3歳までを保育園

4.5歳児を幼稚園として

受け付けているところが多い様です。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめヽ(´▽`)/

 

いかがでしたか?

比較してわかる

幼稚園と保育園の違いについては

伝わりましたでしょうか?

 

今回のポイントは?

 

 

enji04_06

 

幼稚園や保育園とは?

幼稚園とは、文部科学省が
管轄している「教育施設」。

保育園とは、保育に欠ける子を
育成する為の「福祉施設」。
厚生労働省が管轄しています。

 

幼稚園と保育園の違いとは?

幼稚園の目的

「幼児を保育し、適当な環境を
  与えてその心身の発達を
        助長すること」

保育園の目的

「日々保護者の委託を受けて
保育に欠けるその乳児又は幼児を
保育すること」

と定められています。

 

入園できる年齢は?

幼稚園の場合、4年保育を実施して
いる所以外は、基本的に
3歳なって迎える春からが
入園できる年齢です。

保育園は福祉施設ですので
施設によっては生後3か月の0歳児
からでも受け入れてもらえます。

 

保育時間は?

午前9時~午後3時の間の
4時間が幼稚園の保育時間の
標準です。

保育園は、親の就労などの理由から
預ける場合などが背景にあるので
標準的な就労時間である8時間を
保育時間の標準としています。

 

保育の費用は?

保育料を決定している機関が違うため
金額に差が生まれてしまいます。

 

教育の違いはあるの?

保育園は子どもを親に代わって
生活させるところで、幼稚園は
教育するところと定義されては
いますが、子供の時期は生活自体が
学びの場。

特に学力の差が大きく出るという
ことは、無いようです。

 

探し方に選び方って?

幼稚園か保育園かの
選び方で大切なのは
ご家庭の生活環境や
お仕事の状態によって

幼稚園か保育園を選択するか
考え必要があります。

 

どっちがいいの?

幼稚園と保育園のどっちがよい
ということは一概には言えません。

なぜかというと園の教育方針は
様々だからです。

 

メリットやデメリットは?

幼稚園育ちのメリットは
教育施設のため一定時間
座って学習する機会も多く
並んだり、椅子に座る習慣が
身につき、親と一緒の時が多いため
ゆったりと過ごすことができます。

デメリットは
手をかけられ過ぎてしまう傾向が
あり、親の過保護の問題や親離れが
遅くなる可能性があるというところ
です。

 

保育園育ちの子どもの傾向には
メリットとして

生活スキルが高くなりたくましくなる
傾向があります。

しかし、デメリットとして
お昼寝の習慣があるため
学校に上がった時に生活リズムに
戸惑うことも。

 

一元化とは?

幼稚園と保育所の施設や
運営を、教育と保育を総合的に
提供する施設「認定こども園」の制度

ですヽ(・∀・)ノ

 

Sponsored Links by admax

 

もし幼稚園や保育園に悩まれる場合

管理人は子供の気持ちが

一番だと思います。

 

選ばれる際、今回の記事がお役に

立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事