寒さが一層深まるこの時期

冷え症に悩む人は少なくありませんが

 

手足は冷たいのに上半身に熱さを

感じる、通称「冷えのぼせ」という

症状を訴える人が増えている

ようです。

 

 

更年期のホットフラッシュと

関連するような症状で

更年期と勘違いしている人もいますが

 

症状は似ていても、冷えのぼせは

更年期世代にかかわらず

年齢を問わずどの世代にでも起こり

上半身に大きく負担をかる場合が

あります。

 

その為、詳しい原因と対策を

知っておく必要があります。

 

そこで今回は

意外な冷えのぼせの原因とは?

赤ら顔や汗に頭痛?
冷えのぼせの症状とは?

お風呂や食事にツボで解消?
冷えのぼせの対策は?

サプリや漢方で改善するのは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



意外な冷えのぼせの原因とは?

 

一般的な冷え気味の方は、手足を始め

様々な一部分だけが冷たくなりますが

 

「冷えのぼせ」とはその名の通り

上半身に熱がこもりやすくなり

下半身が冷えてしまう状態をいい

 

20~50代の3人に1人は

冷えのぼせといわれています。

 

 

しかし、上半身が熱くて下半身のみが

冷たくなるこの温度差は体にとって

あまりよい状態とはいえず

 

頭痛が頻繁に生じるたり

頭がボーッとするなどの体の不調を

引き起こしやすくなります。

 

これは、冷えのぼせによって

上半身のみ血行がよくなる事によって

脳を圧迫しまうことが原因といわれ

 

温度差が発生している状態の体内は

上半身に血液が集中している為

さまざまな注意が必要となって

きます。

 

冷えのぼせも「冷え」の一種と言われ

体の体温調整機能がうまく働かない

ことで起こり

 

冷えのぼせの人の多くが

体が常に冷えている冷え性の人と

言われています。

 

冷え性の方は、体の内臓温度が低く

筋肉量も少ない体の為

発熱する仕組みが出来ておらず

 

慢性的に体温が低く

また、急激な気温の変化に

体温を上げる事ができないことが多く

 

その為、冷えのぼせになる傾向が強く

なります。

 

中でも、冷えのぼせ原因としては

大きく分けて3つあり

 

1つ目の原因は「筋力不足」。

 

仕事上、長時間座っている事が

多い方や、運動不足や加齢によって

筋力が低下している方は

おしりの筋肉が硬くなっていると

言われています。

 

通常、血行の流れはスムーズに

隅々まで行き渡りますが

 

筋肉が固まってしまうと

おしりのすぐ下に存在する

坐骨神経(ざこつしんけい)が

圧迫されやすく

 

坐骨神経が圧迫されると

下半身に血がうまく流れにくく

なってしまい、下半身冷えへと

繋がってしまいます。

 

 

2つ目の原因は、骨盤のゆがみが

挙げられます。

 

骨盤には、上半身と下半身をつなぐ

大切な役割があり

歪みやすくなってしまうと

下半身の血行は更に圧迫され

 

血行が上半身から下半身へと

スムーズに流れにくくなり

下半身の熱を作る事ができにくく

なってしまいます。

 

そして、3つ目はストレスなどによる

自律神経の乱れです。

 

人間の体は日頃、自律神経の働きに

より、一定の体温を保ちながら

血行の流れをコントロールしてい

ます。

 

しかし、自律神経などはストレスや

日常生活の影響を受けやすい為

自律神経が何らかの影響を受けて

バランスを崩しやすくなってしまうと

 

血管の収縮・拡張のコントロールが

うまく機能せず、上半身に熱が

集中てしまいます。

 

体が熱いと感じると、脳が高温に

なるのを防ぐため、毛細血管や汗腺が

発達している頭部や胸まわりから

熱を放出します。

 

その為、頭部に血流を必要以上に

流し込む事により

 

体の末端である手足に血流が流れず

手足が急速に冷たくなってしまい

ます。

 

ストレス以外に

自律神経が乱れやすくなってしまう

日常生活の影響の原因としては

冷房や暖房による影響が大きく

 

夏場の場合、冷房の効いた空間だと

外との温度差はとても大きく

自律神経はバランスを崩しやすくなり

この逆も同じことが言えます。

Sponsored Links



赤ら顔や汗に頭痛?冷えのぼせの症状とは?

 

冷えのぼせの症状が1年を通して

何月頃から気になるかについて

調査したところ

 

10月・11月以降と答えた方が

多かったようです。

 

 

冷えのぼせの症状が続くと

血行不良型の生理痛が悪化したり

その他の症状も現れるため

注意が必要です。

 

特に自律神経のバランスの乱れから

  • イライラする
  • 寝付きが悪い
  • 赤ら顔
  • 疲れ
  • 不眠
  • 不安
  • 肩こり
  • めまい
  • 頭痛

といったようにさまざまな

症状を引き起こし

負のスパイラルを招きます。

 

実態調査でも、軽い冷え症の人に

比べ、冷えのぼせの人のほうが

自律神経の乱れが多く

 

不安・緊張などの気分の悩み

睡眠の低下につながっているとの

こと。

 

自分が冷えのぼせかも

しれないと思った場合の

簡単な冷えのぼせチェックとして

 

  • 上半身には冷えを感じないが
    下半身は冷えている

  • 手足は冷たいのに
    頭はボーっと熱い感じる

  • 暖房の効いた部屋に入ると
    カーッと熱くなり汗をかく

  • 運動した後や気温が暑くなると
    上半身が熱くなり汗が出る

  • 手のひらや足の裏に
    汗をかきやすい

など、ひとつでもあてはまれば

冷えのぼせの可能性があります。

Sponsored Links



お風呂や食事にツボで解消?冷えのぼせの対策は?

 

冷えのぼせの対策には

「体を冷やさない事」が大前提です。

 

これに加え、冷えのぼせを招きやすい

原因を防ぐ事が重要です。

 

 

まずは、おしりの筋肉をほぐし

下半身冷えを防いでいきましょう。

おしりの筋肉を柔らかくする為には

ストレッチが効果的です。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

さらに、ストレッチに加え

日常でもしっかりとおしりの筋肉を

刺激する事が大切です。

 

運動不足だと感じている方は

いつもより多く歩く事を心がけ

ウォーキングやランニングなど

軽い運動を心がけましょう。

 

さらに、日常生活の中で

姿勢を正しくし、骨盤がゆがないよう

気をつけましょう。

★関連動画はこちら>>>>★

 

また、自律神経を乱れやすくして

しまう原因となる、ストレスや

環境の負担を少しでも

軽減していく事が必要です。

 

誰にでも少なからずストレスは

あるものですが、そのストレスと

うまく付き合っていく事も大切です。

 

ストレスを発散するには

普段頑張っている分

どこかで息抜きする時間を

作りましょう。

 

リラックス感を高める入浴剤を

入れお風呂などで

心身共に落ち着かせる時間を

1日の終わりに設けたり

 

信頼できる人に話を聞いてもらうなど

少しの工夫でだいぶ心境を癒やす

ことができるものです。

 

その際、冷えのぼせは自律神経の

乱れが大きな原因なので

情緒に関係するツボを押すと

効果的です。

 

自律神経を整えるツボには

天柱(てんちゅう)

 

 

風池(ふうち)

 

曲池(きょくち)

その他にもたくさんあり

★関連動画はこちら>>>>★

 

また、冷えに効くツボは

膝の皿の上、内側の皿から

指3本分くらい斜め上にあるツボ

血海(けっかい)

 

 

足の親指とひとさし指の付け

根の骨と骨の間

大衝 (たいしょう)

 

 

足の裏の先の方にあるくぼみ

湧泉(ゆうせん)

などがあります。

 

ツボ押しの基本的な押し方は

ジワリとイタ気持ちいいくらいの

力加減で押し、ゆっくりと離し

これを何度か繰り返します。

 

そして、生活の中で

寒い環境にいる事が多い場合は

羽織を常備し、冷えやすい下半身は

常にひざ掛けを使って冷やさない

工夫をする等

 

体に負担をかけない為にも

自ら温度調節を行う意識をし

体を守りましょう。

 

また、自律神経を整えるためには

食事に気をつかい

  • ビタミンB群
  • 亜鉛
  • トリプトファン

などの成分を多く含む食べ物を

摂るようにし

 

また、血流を促すためには

  • βカロチン
  • DHA
  • クエン酸

などを含む食べ物がおすすめです。

Sponsored Links by rakuten

サプリや漢方で改善するのは?

 

また、西洋医学では病名がつかない

不調は漢方薬の得意分野です。

 

 

漢方医療では、冷えのぼせは

気と血の流れが異常な状態と

考えます。

 

冷えのぼせは、症状の発現状況や

症状によって複数の処方の適応に

なりますが

 

のぼせが主体で足の冷えもある場合は

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

などが用いられ

冷え症が主体で、一過性の

のぼせの場合は

加味逍遙散が用いられますので

 

最初は医師に見極めてもらって

自分に合った漢方薬を処方して

もらってください。

★クチコミで人気の漢方薬★
★楽天市場で探すなら>>>★

さらに、冷えや冷えのぼせの症状を

サプリメントで改善したい場合は

「ビタミンE」が摂れるサプリが

おすすめです。

 

ビタミンEには、末梢血管を広げ

血液の流れを良くするはたらきがあり

冷えや冷えのぼせにはとても

有効な成分で

 

また、お肌の血行もよくなるので

美容効果も期待できます。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

冷えのぼせについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

冷えのぼせは、体の一部が慢性的に

冷され、常に体が冷えている感覚に

悩まされる冷え性の女性に

多いようですが

男性でも2割り程度は該当します。

 

その為、男性も冷えのぼせになる

可能性は十分あります。

 

「冷えのぼせ」の対策をするには

下半身の血行が大きなポイントです。

 

Sponsored Links by admax



 

身体を冷やさないように環境や

自律神経を乱ださない対策を

とっていきましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事