美肌にダイエット?熱ショックタンパク質のヒートショックプロテインとは?HSPの効果や増やす運動に入浴やサウナの時間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

昔から「冷えは万病のもと」と

言われるように、身体を冷やすことは

健康にとってあまりいい事では

ありません。

 

 

逆に、身体を温めることは

血流促進による冷え症改善だけでなく

様々なメリットがあります。

 

そんな中、注目を集めている

「ヒートショックプロテイン」という

ものをご存知でしょうか?

 

「HSP」とも呼ばれ

体を温めることで増えるHSPが

美容や健康の促進を大いに

助けてくれると

 

2015年1月15日(木曜日)放送の

「あのニュースで得する人損する人」

などでも紹介されていました。

 

しかし、実は多くの方が

イマイチよくわからないご様子。

 

そこで今回は

熱ショックタンパク質の
ヒートショックプロテインとは?

美肌にダイエット?HSPの効果とは?

ヒートショックプロテイン入浴や
サウナの時間は?

ヒートショックプロテインを
増やす運動は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



熱ショックタンパク質のヒートショックプロテインとは?

 

ヒートショックプロテインとは

「HSP」や「熱ショックタンパク質」

とも呼ばれる

 

傷んだ細胞を修復する働きを持つ

タンパク質のことで

別名「ストレス防御たんぱく」とも

言われています。

 

 

その他にも、免疫細胞の働きを

強化したり、乳酸の発生を

遅らせるなどの力も持っています。

 

つまり、HSPが増えることは

「カラダを元気にする」ことに

つながるのです。

 

ただ、ヒートショックプロテインは

もともと体内に存在していますが

年齢とともに減少していきます。

 

年齢を重ねるとケガが治りにく

かったり、体調を崩すとなかなか

治らないのは

 

ヒートショックプロテインが

減少していることが関係していると

言われています。

 

HSPが発見されたのは1960年代で

その名の通り細胞中で「熱」に

よって増えるタンパク質として

発見されました。

 

その後、様々な研究からHSPには

たくさんの種類があることが

明らかになり「HSPファミリー」と

呼ばれるようになりました。

 

そもそも、人間の身体のあらゆる

組織や細胞がタンパク質で

構成されていますが

 

タンパク質は傷つきやすい性質であり

過度なストレスを受けると正常な

働きができなくなってしまいます。

 

一方で、タンパク質が傷つくと

それを修復するタンパク質も

生まれます。

 

それが、ヒートショックプロテイン。

 

自己回復力を高めるこのタンパク質が

増えれば、人間の体にとって

好ましい効果が見込めるという

ワケです。

Sponsored Links



美肌にダイエット?HSPの効果とは?

 

HSPが増える事で得られる

嬉しい効果には様々なものがあり

美容はもちろん医療の分野でも

注目されています。

 

 

HSPの効果 その1
「病気の予防」

HSPは免疫細胞の一種である

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を

活性化させる働きがあり

 

NK細胞はがん細胞や病原菌を発見し

退治する免疫細胞なので

体内にウイルスが侵入しても

病気が発症しにくくなります。

 

 

HSPの効果 その2
「美肌効果」

 

HSPには、肌を若返らせる効果もあり

具体的には、メラニンの生成や

紫外線による細胞へのダメージによる

炎症を抑制。

 

また、紫外線によって傷ついた

皮膚のDNAの修復を促進したり

コラーゲンの質の向上や産生量を

増加させ、シミ・シワを予防・修復が

期待できます。

 

 

HSPの効果 その3
「ダイエット効果」

体内のヒートショックプロテインのが

減ると、代謝が落ちる為

太りやすなりますが

 

逆に言えば、HSPが増えれば

代謝が上がって痩せやすくなる

ということ。

 

また、体の各器官もHSPのおかげで

活発になるので、さらに代謝が

上がって、痩せやすくなると

言われています。

Sponsored Links



ヒートショックプロテイン入浴やサウナの時間は?

 

HPSはストレスを感じると増加すると

言われていますが

  • 運動
  • 加圧
  • 低酸素
  • 紫外線
  • 放射線

などストレスの原因になるものは

たくさんあります。

 

 

しかし、ヒートショックプロテインは

「ヒートショック」

つまり身体に熱によるストレスが

加わることによっても

量が増加します。

 

もちろん運動などの

負荷(ストレス)がかかると

増えてくるタンパク質ですが

 

日常生活の中でもっとも

誘発しやすく身体に害の少ない

ストレスは、入浴による熱です。

 

入浴などの熱は身体にとって

正常な状態ではないため

それを正常化しようと身体は

さまざまな働きをします。

 

目に見える変化としては

発汗などがありますが

 

身体の中では熱ストレスに

対抗しようとするため

ヒートショックプロテインが

作られます。

 

入浴方法はいったてシンプルで

ヒートショックプロテインを

増やすためには、体温が入浴後

38℃になることが目安です。

 

平熱が低い人は平熱プラス1.5℃

程度を目安にします。

 

まずはヒートショックプロテインを

増やす入浴の前には自分の平熱を

把握しておきましょう。

 

そして、ヒートショックプロテインを

増加させるのに必要なお湯の温度は

40~42℃程度。

 

高い温度の場合は入浴自体が

難しくなりますので

湯船の温度を下げる場合は

入浴時間を増やしましょう。

 

 

お湯の温度が高いと心臓への負担も

大きくなるので、入浴時間には

気を付け

  • 42℃の場合 8~10分
  • 41℃の場合 10~15分
  • 40℃の場合 20分
  • 39℃の場合 30分

などが入浴時間が目安になりますが

 

あくまでも目安なので

その日の外気温や体調に合わせて

入浴時間を調整していく必要が

あります。

 

この後、体温は自然に下がっていき

増加したHSPは1週間ほど体内に残り

その力を発揮します。

 

HSPのパワーがピークを迎えるのは

入浴から2日後といわれているので

週に2回の割合でOK。

 

実はヒートショックプロテイン入浴も

長く続けると耐性ができて体温が

上がりにくくなることがあり

毎日入浴すると効果が半減します。

 

その為、週2程度を心がけ

耐性ができた時は、お湯の温度を

上げたり

 

入浴時間を長くするのではなく

ヒートショックプロテイン入浴を

いったんストップさせます。

 

 

2週間程度ストップさせると

耐性が薄れてくるため

また効果が出てきます。

 

ただ、長時間の入浴は身体への

負担になる場合もあるので

無理をしないようにすることが

重要です。

 

特に冬場などの気温差がある時や

寒いところから急に熱い湯船に

浸かると血管の収縮で血圧が激しく

変動し

  • 心臓発作
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 脳卒中

などの危険性が出てくるので

 

持病のある方は医師に相談の上

行いましょう。

 

また、皮膚が乾燥気味になることが

あるので、入浴後はしっかり保湿する

ように心がけましょう。

 

それから入浴前には、たっぷり水分を

とって脱水を防ぐことも忘れずに。

 

入浴後はバスタオルなどで

全身をくるみ、熱を逃さないよう

10~15分間安静にし

 

保温した後は、自然に体温を戻し

水分補給もしっかり行いましょう。

 

また、最近ではスーパー銭湯にも

サウナが併設されているところが

増えてきましたので

サウナで増やす場合も同じように

週に2回程利用すればHSPを

高いレベルで保てます。

 

もちろんサウナに入る前は飲酒は

厳禁です。

 

飲酒していると体温の感覚が鈍り

脱水症状の自覚がないまま

熱中症になる恐れがあり

★関連記事★
効果がある?ない? サウナダイエット
の正しい方法とは?疲労回復と疲れる
入り方?効能や時間に回数?消費カロ
リーや水風呂は?
★記事はこちら>>>★

 

サウナで汗をかいたら

水分もしっかり補給して下さい。

Sponsored Links by rakuten

ヒートショックプロテインを増やす運動は?

 

しかし、お風呂に入るのは苦手と

言う方には

ヒートショックプロテインを

増やすために運動がおすすめです。

 

 

ヒートショックプロテインは

適度な運動でも増やすことが

できます。

 

運動は一日に30分程度で

汗が出て少し疲れる程度の運動量を

目安にしましょう。

 

血管若返り効果も期待でき

ウォーキングを1日30分を

週3日行うと3週間で血管弾力が

15%アップすると言われています。

 

また、さらに筋トレと有酸素運動の

組み合わせが効果的です。

 

スクワットや腹筋、腕立て伏せなどを

いずれか20回程度したあと

15分ほどウォーキングするなどの

運動の組み合わせを心がけましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

熱ショックタンパク質の

ヒートショックプロテインについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

女性は美容のために半身浴をしたり

岩盤浴やサウナに通って毒素を

排出させて体のメンテナンスを

している方も多くいます。

 

しかし、岩盤浴やサウナは

時間がないと通えませんし

半身浴も長時間入浴するため

毎日は難しくなります。

 

ヒートショックプロテイン入浴は

週2回でいいですし、運動でも

増やすことができ

思いがけない効果も期待できます。

 

Sponsored Links by admax



 

普段、何も気にせずお風呂に

入っている方が多いともいますが

ちょっとした工夫をして

 

ヒートショックプロテインを増やし

ダイエットや美容、健康に役立て

ましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク