お正月ムードが落ち着いたころに

「春の七草」や「七草粥」という

言葉をちらほら聞きますね?

 

zl_19_01

 

特にお正月の豪華な食べ物や飲酒で

疲れきった胃腸や内臓を

いたわる為、この時期に

出てくる七草粥は

 

時折、TVやニュースなどでも

話題にあがります。

 

しかし、言葉は知っていても

七草や七草粥がなんなのか

また、どのような意味が

 

こめられているのか

ご存知の方は意外に少ないようです。

 

9ac05befca7d6499e3abec9bdfef2b68

 

そこで今回は

春の七草とは?

七草粥はいつ食べるの?その由来は?

七草粥の作り方?七草の歌や歌詞?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



春の七草とは?

 

春の七草とは

1月7日の朝にお粥にして食される

7つの植物をさし

そのお粥を「七草粥」と呼びます。

 

illustrain01-nanakusagayu01

 

七草の1つ1つの栄養価は

とてもすぐれていて

七草をすべて合わせると

約12種類の薬膳効果があり

 

含まれるビタミン・ミネラルは

約7種類もあります。

 

暴飲暴食しやすいお正月という時期に

また冬という風邪の多い季節に

ピッタリの食材というわけです。

 

では「春の七草」とはどのような

物があるのかお伝えします。

 

春の七草 その1
「セリ」

セリ(芹)は、別名「シロネグサ」

と呼ばれ、セリ科の植物。

 

cbac92ae2b

 

競り合うように生えることから

この名がついたと言われています。

 

その為、「競り勝つ」という

意味をもち縁起物とされています。

 

また、栄養価が高いのも特徴で

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • リン
  • カリウム

などもが含まれ

独特の香りが食欲を刺激します。

 

さらにセリの効果として

  • 血液をきれいに保つ
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化の抑制
  • 胃腸の調子を整える

などがあり、食べ方としては

あえ物やおひたしにしても

美味しくいただけます。

 

春の七草 その2
「ナズナ」

ナズナは「薺」と書き

麦栽培の伝来とともに

日本に伝わったと言われる

帰化植物(きかしょくぶつ)です。

 

 

nazuna99

*帰化植物
国外から入った植物の意味ではなく
人為的な手段で持ち込まれ
野外で勝手に生育するように
なったもの。

 

ナズナは「ぺんぺん草」とも呼ばれ

こちらの方が馴染みが

あるかもしれませんね。

 

花の下についている果物の形が

「三味線のばち」に似ていることが

由来します。

 

よく道端に生えている為、雑草と

思っている人も多かもしれませんが

実は、「なでて汚れをはらう」と

される縁起の良い植物です。

 

118165-300x276

そればかりか

古くから民間療法で用いら

  • 高血圧
  • 解熱
  • 便秘
  • 利尿
  • 解熱
  • 止血作用

に効果が期待でき

 

また、ビタミンKが

豊富に含まれているため

骨粗しょう症の改善にも

期待されています。

 

さらに煎じた汁で目を洗うと

目の充血や痛みを和らげる

効果があるとされています。

 

春の七草 その3
「ゴギョウ・オギョウ」

ゴギョウ(御形)は

別名「ハハコグサ(母子草)」と

呼ばれ、朝鮮半島から伝わったと

されるキク科の植物です。

 

hanabana21-1

ゴギョウは

「仏のからだ(仏体)」を表すとも

言われ、縁起物とされています。

 

明治時代ごろまで

草餅の食材とし使われていましたが

 

母と子を臼(うす)と杵(きね)で

つくのは縁起が良くないと

平安時代ごろからよもぎが

主流になったと言われています。

 

煎じて飲むこともあり

  • 咳止め
  • 痰きり
  • 喉の炎症
  • 利尿
  • むくみ

などの効果が期待でます。

 

 

春の七草 その4
「ハコベラ(繁縷)」

「ハコベ」とも呼ばれ

ハコベラは

「繁栄がはびこる」意味をもち

縁起のよい植物とされている

ナデシコ科の植物です。

 

hakobe-07

 

中国では古くから薬草として使われ

効能は七草の中でも特に多く

  • 利尿作用
  • 止血作用
  • 鎮痛作用
  • 歯槽膿漏の予防薬

などの効果が期待でます。

 

また、その栄養価は

  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム
  • カロテノイド
  • フラボノイド
  • サポニン

などが含まれ

非常に栄養の豊富な薬草です。

 

 

春の七草 その5
「ホトケノザ」

ホトケノザとはその名の通り

「仏の座」と書き

まさに縁起物であることが

伝わりますね。

 

yhotoken

 

正式名を

「コオニタビラコ(小鬼田平子)」。

 

キク科の植物で効能として

  • 健胃
  • 整腸作用
  • 高血圧予防

などがあると言われています。

 

ただ、実はシソ科でも

「ホトケノザ」という植物もあり

これは全くの別もので

シソ科のホトケノザは

食べられません。

 

キク科のホトケノザは黄色い花を

咲かせますが

シソ科のホトケノザはピンクの花を

咲かせるので注意しましょう。

 

 

春の七草 その6
「スズナ(菘・鈴菜)」

アブラナ科の植物で

現在で一般的に食されている

カブのことです。

 

images-1

 

古代中国やギリシャの史料にもあり

古くから人々に食され

スズナは「神を呼ぶ鈴」として

縁起物とされています。

 

もちろんカブには様々な効能があり

  • 便秘
  • 胃潰瘍
  • 胃炎
  • 風邪
  • 骨粗鬆症
  • がんの予防

に良いとされ

 

胃腸の調子が悪いときに

食べられてきました。

 

根の部分と葉っぱの部分では

それぞれ効能を持ち

特に葉には

  • ビタミンA
  • ビタミンB1、B2
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • 食物繊維

が含まれています。

 

 

春の七草 その7
「スズシロ(晴白・蘿蔔)」

スズシロは

大根としておなじみの食材。

 

その根である白い部分が

「汚れのない純白さ」を表し

スズシロと呼ばれるようになったと

されます。

 

images-2

 

根と葉両方に栄養が詰まっていて

根には

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • ジアスターゼ
  • アミラーゼ
  • フラボノイド

が含まれ

  • 消化不良
  • 二日酔い
  • 頭痛
  • 発熱

など他にも様々な効能が

期待されています。

 

葉にはビタミンやミネラルが

多く含まれ七草粥にする場合は

両方とも入れるといいですね。

 

ちなみに

七草には『春の七草』とは別に

『秋の七草』と言うものもあり

無病息災を願った七草粥に

使用されるのは『春の七草』です。

 

『秋の七草』は基本的に

食べられるものは少なく

鑑賞用として楽しむ植物が多いです。

Sponsored Links



七草粥はいつ食べるの?その由来は?

 

子どものころに一生懸命覚えた

春の七草をお粥にして食べる

「七草粥」の由来は

諸説ありますが

 

中国伝来のもので平安中期頃に

始まったとされています。

 

13981

 

この風習が奈良時代に日本へ伝り

年のはじめに若菜を摘んで食べ

生命力をいただく「若草摘み」

という風習や、7種類の穀物で作る

 

「七種粥」の風習などが結びつき

「七草粥」に変化したのでは

ないかと言われ

 

光孝天皇(830~887年)は

その風習を歌に詠んで

百人一首にも入っています。

 

七草粥はいつ食べるのかというと

五節句のひとつで

「人日(じんじつ)の節句」の

1月7日に食べます。

 

五節句とは

1年に5回ある季節の節目の日の

  • 1月7日(人日)
  • 3月3日(上巳)
  • 5月5日(端午)
  • 7月7日(七夕)
  • 9月9日(重陽)

をいいます。

 

七草はいわば日本のハーブ。

 

胃腸に負担がかからないお粥を食べ

正月疲れが出はじめた胃腸の回復

効果が期待でき、そればかりか

七草は早春にいち早く

 

芽吹くことから邪気を払うといわれ

無病息災を祈って七草粥を食べます。

Sponsored Links



七草粥の作り方?七草の歌や歌詞?

 

七草粥の作り方には

古くはまな板の上で草をトントン

叩いて刻む回数も決められていたとも

言われ、ルールも決まっています。

 

 

 

まず、七草を1月6日の夜に用意し

恵方の方角を向きながら

包丁で刻みます。

 

恵方とは
その年の干支(えと)にもとき
歳徳神(としとくじん)のある方向。

今年の恵方はこちら>>>>

 

刻む際、まな板の上に7つの

調理道具として

  • 火箸
  • すりこぎ
  • 杓子
  • おろし金
  • 菜箸
  • 火吹き竹

を置き、刻みながら「七草ばやし」と

いう歌を歌います。

 

七草ばやしとは

「七草なずな 唐土(とうと)の鳥が
 日本の国へ 渡らぬ先に
ストトン トントン ストトントン」

と言う歌詞で

歌は地域によって微妙に

歌詞が異なるようです。

 

福岡縣護國神社などでは
(ふくおかけん ごこくじんじゃ)

近くの幼稚園の園児たちがきて

歌うもようしがありますが

その際の歌詞は
「七草なずな 唐土(とうと)の鳥が
 日本の土地に 渡らぬ先に
七草はやせ 七草はやして 
トントントン トントントン」

 

山梨県では

「唐土の鳥と日本の鳥と渡らぬ先に
あわせてこわせてバッタバッタ」

栃木県では

「七草なずな唐土の鳥と日本の鳥と渡
らぬうちにすととんとんとんとん」

宮城県では

「七草ただげ七草ただげ七草なずなと
うどの鳥といなかの鳥と通らぬ先に七
草ただげ」

 

などと唱えるなど歌詞は

バリエーションに富んでいますが

七草を包丁で刻むときに歌と言うのは

共通しているようです。

 

唐土とは、当時の中国をさし

中国から飛来する渡り鳥を意味すると

言われ

 

この歌には、農作物に害虫・疫病が

流行しないよう「害鳥」を追い払う

「鳥追い(とりおい)」儀式の

名残ではないかと考えられ

 

新年の一年間が無病息災で

いられるよう

音を立て害鳥を追い払い

 

また、邪気や厄病を追い払う

意味合いが込められているのでは

ないかといわれています。

 

七草を刻む際は

1種類につき7回ずつたたき

合計49回たたいて刻みます。

 

ただ、この回数も地域によって

微妙に異なります。

 

このような作法を踏まえ

七草粥を作り、昔の人は

1年間の無病息災を祈っていました。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめヽ(´▽`)/

 

いかがでしたか?

春の七草については伝わりました

でしょうか?

 

images

 

昔の人は七草粥で

野菜や果物の不足しがちな冬の季節に

ビタミンを補っていたようですが

今でも七草粥は、飲んだり食べたりで

疲れているお正月の胃腸に

やさしい食べ物。

 

また、七草粥を食べることで

新年の無病息災を願うことにも

なるので、ぜひ家族そろって

食べておきたいですね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

関連記事