顔や身体の肌荒れや吹き出物に

悩まされるのは本当に嫌ですね。

 

若いころは肌トラブルなんて

想像もつかなかったのに

年齢を重ねたら急にという方も

多いのでは無いでしょうか?

 

images

 

しかし、肌の赤みやかゆみ、カサつき

などはなぜ起こるのでしょう?

 

何度もくり返してしまう

肌荒れや吹き出物は、原因を正しく

把握して、長期的に改善に取り組む

必要がありますが

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

3-04

そこで今回は

ストレスは危険!?

肌荒れや吹き出物の原因や病気とは?

すぐに治すには食べ物で解消?

効く市販薬や塗り薬にステロイドは?

 

など雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

 

★関連記事はこちら>>>★
内臓が危険?ひどい肌荒れの
原因とは?アレルギー対策や毛穴を
即効改善する飲み物や食べ物とは?
漢方でおすすめは?

Sponsored Links



ストレスは危険!?肌荒れや吹き出物の原因とは?

 

肌荒れに吹き出物の原因はじつに

様々ですが、主に

  • 内的要因
  • 外的要因

に分けられます。

 

images-3

 

内的要因とは

夜更かしによる睡眠不足や

暴飲暴食など生活習慣の乱れなどで

 

外的要因とは

夏の紫外線や冬の乾燥

外気に含まれる花粉や排ガスなどの

影響により肌荒れが起こっている

状態。

 

特に肌荒れの中でも、やっかいなのが

吹き出物ですが

ストレスが溜まるとできやすいと

言われています。

 

体はストレスを感じると

「アドレナリン」というストレス

対抗ホルモンを生産しますが

同時に男性ホルモンも

生み出されます。

 

男性ホルモンが増えると

皮脂の分泌も増え、吹き出物が

増える原因となります。

 

さらに、口のまわりやあごなど

フェイスラインを中心としてできる

吹き出物はストレスが大きく関わって

いると考えられています。

 

その他にも肌荒れや吹き出物を招く

原因として

 

肌荒れや吹き出物の原因 その1
「肌質」

男性でも肌荒れに悩む人は多いと

思いますが、その場合

乾燥肌で悩む、というよりは

オイリー肌であったり

ニキビで悩む方が多いです。

 

その原因として考えられるのが

男性ホルモン。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を促すので

どうしても過剰分泌になりやすく

皮脂がたくさん出ると、角栓はつまり

肌荒れに繋がります。

 

また、皮脂の過剰分泌を

何とかしたいと、顔をこまめに

洗いすぎて、かえって一層皮脂の

過剰分泌を促してしまうことも

肌荒れの原因になります。

 

_1412769197_25427

 

そして男性は、髭剃りの際の

カミソリ負けで肌荒れを起こす方も

多く、化粧水なども

使わない人も多いようです。

 

カミソリを使っているとどうしても

その部分は乾燥し

肌荒れを引き起こします。

 

 

肌荒れや吹き出物の原因 その2
「肌に合わないスキンケア」

化粧水、乳液、保湿クリームを

はじめ、化粧品類が

自分の肌に合わなくて

肌荒れを起こすことがあります。

 

肌が敏感な方は、化粧品類に含まれる

防腐剤などの添加物に反応してやすく

また、ゴシゴシとこすったり

 

何度も洗ったりなど、過剰な洗顔を

してしまうことで、肌を保護している

皮脂膜や角質層を傷つけてしまい

肌荒れを起こすこともあります。

 

更に女性はメイクを落とさないまま

寝てしまうなど、必要な手入れを

怠ることで、肌の調子が悪くなる

ことも多いようです。

 

 

肌荒れや吹き出物の原因 その3
「冷え性や便秘」

身体の冷えも肌荒れを引き起こす

原因になります。

 

身体が冷えると血流が悪くなり

体内の代謝も不活発になってしまい

皮膚の表面が冷えることでも

肌のバリア機能が低下します。

 

また、便秘が肌荒れにつながることは

有名な話ですね。

 

便秘になると腸のなかに

長い時間腐敗物質が溜まり

血液中にも有害物質が移ってしまい

 

肝臓の解毒作用や肌の浄化作用が

追いつかなくなってくると

肌荒れとしてでてきます。

 

 

肌荒れや吹き出物の原因 その4
「乾燥」

空気が乾燥してくると

肌荒れを起こしやすくなります。

 

irairati

 

空気は、温度が低くなるほど

含むことができる水分量が減り

気温が低くなる秋から冬にかけて

非常に乾燥した状態になって

しまいます。

 

空気が乾燥すると肌の水分も

蒸散し、どうしても肌が乾燥し

やすくなり、肌のバリア機能は弱まり

キズがつきやすく、肌荒れに

つながります。

 

 

肌荒れや吹き出物の原因 その5
「紫外線」

日焼けをしすぎると、赤くなったり

ヒリヒリしたり

皮膚に炎症を起こしますね。

 

紫外線には主に

A波(UVA)とB波(UVB)があり

UVAは肌の奥のほうまで届いて

肌の張りや弾力を失わせて

老化を早め

 

UVBは肌への作用が強く

短時間当たっただけでも肌が赤くなり

色素沈着作用が、シミや炎症の

原因となります。

 

 

肌荒れや吹き出物の原因 その6
「寝具」

寝ている間は思っている

以上に汗をかいています。

 

枕カバーやシーツなどには

皮脂や汗、フケなどの頭皮の

汚れがついている状態です。

 

汚れたカバー類が原因で

肌に刺激を与え、肌荒れを

起こすこともあり

 

ダニなどもつきやすいので

寝具カバーはまめに洗濯したり

布団を干すことが大切です。

 

 

肌荒れや吹き出物の原因 その7
「生理や妊娠」

生理の前や生理中に

肌の調子が悪くなる経験をした人は

多いとおもいます。

 

生理前になると、女性ホルモンで

あるプロゲステロンの分泌が増え

肌は脂っぽく、ニキビや蕁麻疹が

出やすくなります。

 

images

 

また、妊娠中の肌荒れも

生理前に起こる肌荒れと似ていて

やはり、女性ホルモンのバランスが

変化することによって引き起こされ

ます。

 

ホルモンバランスが乱れるので

肌のバリア機能が低下し

肌がとても敏感になるといわれて

います。

 

特に妊娠前に使っていた化粧品が

合わなくなり、肌荒れを起こして

しまう場合もあるようです。

Sponsored Links



肌荒れをすぐに治すには!?食べ物での解消法は?

 

肌荒れは一刻も早く治したいと

思う方は多いようですが

 

100308

 

トラブルのある肌への過剰な

スキンケアは、逆に肌状態を

悪化させる原因になりかねません。

 

肌荒れをすぐに治すには

普段の食生活に少し工夫をする

食べ物での解消法がおすすめです。

 

食生活の見直しは、体の健康と

肌荒れを根本からケアすることに

なるので、できることから

始めてみましょう。

 

肌荒れをすぐに治すために

摂りたい栄養素は

目立つニキビとニキビ跡には

ビタミンCを含む食べ物

  • 赤ピーマン
  • アセロラ
  • レモン
  • ブロッコリー

吹き出物ができやすい肌には

ビタミンB群を含む食べ物

  • 豚レバー
  • 焼き海苔
  • わかめ
  • 納豆
  • マグロ
  • かつお

 

乾燥による肌荒れには

ビタミンAを含む食べ物

  • 鶏レバー
  • うなぎ
  • 牛レバー
  • しそ
  • カボチャ

バランスよく食事をとる事が

理想ですが、難しい場合

サプリメントなどで補うという

方法もあります。

 

★美肌改善サプリメント
楽天市場で探すなら>>>★

 

ちなみに肌荒れを悪化させる食品には

  • 加工牛乳
  • 精製された砂糖
  • ミルクチョコレート
  • スナック菓子

などがあり

 

たまにならいいのですが

特にすでに吹き出物が出きて

しまっている方は、摂取しないよう

心がけましょう。

Sponsored Links



ステロイドは大丈夫!?肌荒れに効く市販薬や塗り薬は?

 

肌荒れを改善するためには

内側からアプローチし

塗り薬でケアすることが大切です。

 

118165

 

そこでおすすめしたい市販を

ご紹介します。

 

肌荒れに効果があるとされている

市販薬は沢山ありますが

 

シミ・そばかすの治療薬

抗酸化作用を持つL-システインに

よって、肌の代謝が促されます。

 

ハイチオールCホワイティア

 

肌荒れ・ニキビ・口内炎に効果がある

ロングセラーの第3類医薬品。

チョコラBB

腸内環境の改善から肌状態を

整えるという仕組みに

アプローチした

新ビオフェルミンS錠

ニキビや吹出物をはじめ

火傷やしもやけにも使える

塗り薬の定番。

オロナインH軟膏

 

 

特に、肌荒れ・ニキビに効果が

あるのは、第2類医薬品

アポスティークリーム

 

スタンフォード大学の皮膚研究者に

よって開発された

Lumixylペプチドを配合

ルミキシル

これらをうまく活用し

肌質改善を心がけましょう。

 

さて、ここまでは

市販の飲み薬・塗り薬を

ご紹介してきましたが

 

皮膚科で処方される薬には

ステロイド剤が処方されることが多く

市販薬にもステロイド剤が

使われているものもあります。

 

ステロイドは副作用が指摘されて

いますが、それは長期使用や

強いステロイド剤を使った場合の事で

 

ステロイド外用剤の薬効を

味方につければ

短期間で炎症を抑える効果は

期待できます。

 

現在では、病院で処方されたり

薬局で購入できたりする

ステロイド外用剤は

厳しい審査をくぐり抜けて

販売されているものばかりです。

 

基本的に、薬の説明書に書いてある

注意事項を守って正しく使用すれば

心配はありません。

どうしても心配な場合

医師や薬剤師に相談してくださいね。

Sponsored Links by rakuten

肌荒れや吹き出物に隠れた病気とは?

 

しかし、いくら対策してもなかなか

肌荒れが治らないというとき

 

実は、肌荒れの原因が内臓の

病気だったということも珍しく

ありません。

 

dise_img01

 

小腸や大腸の調子が乱れ

ガスで膨張すると、周囲の器官を

圧迫してしまい、その結果

新陳代謝を滞らせ、血行を悪くして

肌荒れの原因になります。

 

特にいつも同じ場所に吹き出物が

出てしまうという事であれば

その場合、吹き出物の出る場所に

よって、どの内臓が弱っているのかを

知ることもできます。

 

頬の肌荒れは肝臓が原因の

可能性があり、肝臓の病気が

発覚した頃には重症化している

パターンが多いです。

 

また、暴飲暴食を繰り返していたり

絶え間なくお菓子を口にするなど

胃に負担のかかることをしていると

唇の周りに肌荒れや吹き出物が

出ることがあります。

 

もし思い当たる節があるのなら

かかりつけの医療機関に

相談されると良いでしょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

ストレスは危険!?

肌荒れや吹き出物の原因

について伝わりましたでしょうか?

 

nikibijyoseiime-ji21

 

人間の肌はちょっとしたことで

調子が思った以上に変わってきます。

 

肌荒れや吹き出物は原因を特定し

それにあった対策をとることが

基本中の基本。

 

解消するには

毎日の規則正しい生活とバランスの

良い食事、そして正しい

スキンケアが大切です。

 

まちがった対策で悪化させてしまうと

跡が残ることもあるので

少しずつできることから

始めてくださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事