グレープシードオイルの栄養成分や効能は?スキンケアにダイエットの正しい使い方や選び方にトランス脂肪酸のデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

オリーブオイルやココナッツオイル

など、健康にいいとされる

オイルはいろいろありますが

 

最近では「グレープシードオイル」

というものが

注目を集めているのをご存じですか?

 

 

 

グレープシードオイルはその名の通り

ぶどうの種子(シード)を

利用したオイルで

 

白ワインを製造する過程で

出たぶどうの種子を利用しています。

 

「ぶどう」「ワイン」といえば

真っ先に思い浮かぶ栄養素に

ポリフェノールがありますが

 

健康油の中でも健康・美容に効果が

あるとして人気のようです。

 

しかし、そんな中

危険とされるトランス脂肪酸との

関係も指摘され

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

 

 

そこで今回は

グレープシードオイルとは?
栄養成分や効能は?

スキンケアにダイエット?
美容効果UPの正しい使い方は?

揚げ物は危険?
トランス脂肪酸のデメリットとは?

グレープシードオイルの選び方は?

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
グレープシードオイルとは?成分やカ
ロリーに使い方は?意外な美容や健康
効果とは?オリーブオイルと比較した
デメリットとは?

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

グレープシードオイルとは?栄養成分や効能は?

 

グレープシードオイルは

ブドウ科に分類されている

ブドウの木の種子を圧搾し

得られるオイルのことをいい

 

 

ワイン製造後に残るブドウの種が

原料となるため、オイルの中では

比較的安価で、さっぱりとした質感と

香りにも癖が無いため

とても使いやすいオイルなので

料理に使うときに

味や香りを気にせずに利用でき

  • ドレッシング
  • 炒め物
  • マリネ

など、どんな料理にも使え

人気が高まりつつあります。

 

グレープシードオイルの栄養成分には

ポリフェノールが豊富に含まれ

 

ポリフェノールの中でも

抗酸化作用が特に強い

「プロアントシアニジン」という

成分がありますが

 

ぶどうの種子から作られている

グレープシードオイルにも

プロアントシアニジンが多く含まれて

います。

 

その他にも

  • ビタミンE
  • オレイン酸
  • リノール酸

などアンチエイジンに

優れている成分が含まれています。

 

特に、健康にデメリットを及ぼすと

有名な活性酸素は、人間にとって

必要な成分ですが、増えすぎると

血管や細胞を攻撃し

 

過剰な活性酸素の発生による酸化は

老化を助長してしまいます。

 

しかし、グレープシードオイルに

含まれるこれらの抗酸化成分により

老化を防ぐことが期待できます。

 

さらに、ポリフェノールを

はじめとする抗酸化成分には

病気の予防する効能に期待する

こともでき

  • 悪玉コレステロールを抑制
  • 動脈硬化を未然に防ぐ
  • 心臓の病気の予防

にも活躍してくれます。

 

また、ポリフェノールやビタミンEに

よる抗酸化作用だけでなく

含まれている栄養成分には

収れん作用や保湿作用にも期待が持て

肌に潤いを与え柔らかくする

「エモリエント効果」で

引き締め効果も期待でき

 

さらにオイルの中では刺激の少ない

部類に入るため、乾燥などの

肌トラブルが気になるところに

塗布したり、マッサージオイルとして

使用したりと

 

色々な用途でお使いいただける

使い勝手のいいオイルです。

Sponsored Links

スキンケアにダイエット?美容効果UPの正しい使い方は?

 

テレビ番組の

「世界一受けたい授業」で

「栄養士が選んだ
   知らないと損をする新食材」

の中でも紹介された

グレープシードオイルは

 

特に老化防止と美肌に効果が

あるということで注目度が

さらに上昇しているようです。

 

 

 

★バックナンバーはこちら>>>★

 

特に最近では、無理のない

ダイエット方法として

 

普段口にする食べ物を少し変えて

みたり、何かをプラスしてみる

工夫をするというダイエット方法が

人気ですが

 

グレープシードオイルを用いた

ダイエットも注目されています。

 

グレープシードオイルは

胃に優しいオイルと言われ

炒め物や揚げ物に利用すると

 

胃もたれや胸焼けを防ぐ事ができ

健康オイル代表のオリーブオイルが

苦手という方におすすめで

 

しかも

  • コレステロールが0%

  • ポリフェノールは
    オリーブオイルの2倍の量

  • ビタミンEも
    オリーブオイルの2倍の量

です。

 

そして、ポリフェノールは

代謝をアップし脂肪燃焼の効果が

期待できる成分ですので

 

ダイエットをしたい方や

健康志向の方におすすめです。

 

また、先にお伝えしましたが

グレープシードオイルは

質感が軽くサラサラしていて

肌に伸ばしやすく浸透しやすいのが

特徴ですので

 

特にスキンケアにおすすめで

豊富なビタミンEがうるおいを保ち

血行を促進し、抗酸化作用のある

ポリフェノールが肌のサビを抑制し

アンチエイジングにも効果があり

ます。

 

 

美容効果UPの正しい使い方としては

顔、手足、おなかなど

全身にお使いいただけますが

 

シンプルに乾燥が気になる部分に

塗布する方法のほか

 

化粧水の使用後に美容液として

化粧水をしたあとに1~2滴手に取り

薄く塗布したり

 

マッサージの際の肌の刺激を少なく

するためのオイルとして使ったり

 

クレンジングオイルとして使っても

メイクをオフしたあとの

しっとり感が出ます。

 

また、洗髪前の頭皮マッサージにも

グレープシードオイルは

お使いいただけ

 

オイルを地肌に塗布し、マッサージを

ほどこしたあとシャンプーをすると

しっとりとツヤやこしのある髪に

なるほか、ふっくら仕上がります。

 

さらに、単体として使用する

だけでなく、ハンドクリームや

石鹸などに混ぜて使うことにより

効果を高めることができます。

 

ただ、まれに肌質に合わない場合が

あるので、敏感肌や肌荒れの経験が

ある方は事前にパッチテストを

行いましょう。

Sponsored Links

揚げ物は危険?トランス脂肪酸のデメリットとは?

 

グレープシードオイルが

ヨーロッパでは古くから

「血液の修理人」と呼ばれているのは

 

その効果の高い成分などが大量に

含まれてる事に由来します。

 

 

 

 

ですが、デメリットというものは

何にでも存在するものです。

 

グレープシードオイルは

料理に使用することによって

肌だけでなく体の中から若返らせる

ことができますが

 

グレープシードオイルは

オメガ6系のオイルで

リノール酸が多く含まれています。

 

★関連記事★
亜麻仁油とは?本当の効果や効能は?
ダイエットや便秘に美肌って?食べ方
や使い方は?オメガ3って?摂取量は
意外にも?

 

リノール酸は体内でつくることが

できない必須脂肪酸で

血圧を下げたり、皮膚の保湿など

効果や効能が期待できますが

 

現代の食生活の中で多くの食べ物や

加工食品に含まれているので

 

逆に摂り過ぎると

アレルギー症状を促進させたり

老化を促進させるなどの心配が

あります。

 

また、もう一つの問題は

規制している国も多い

トランス脂肪酸のデメリットです。

 

トランス脂肪酸は

心筋梗塞や狭心症のリスクを

増加させるとして、アメリカでは

2018年までに全面禁止になるほど

危険視されています。

 

非加熱や低温圧搾で作られたオイルは

トランス脂肪酸の心配は少ないの

ですが、トランス脂肪酸は

高温処理された植物性の油に含まれ

グレープシードオイルは元々

ぶどうの種から少量しか取れないため

 

オリーブオイルのように

エキストラ・バージンと言った

種類のものや

 

低温圧搾(コールドプレス)製法の

商品も日本や海外にはあまり

ないようです。

 

また、揚げ物などで高温調理すれば

トランス脂肪の危険性は増すため

口にするなら生のまま

 

サラダのドレッシングの材料などにし

大量に摂取しないようにしましょう。

Sponsored Links by admax

グレープシードオイルの選び方は?

 

たしかにグレープシードオイルには

デメリットが全くないわけでは

ないですが、正しく活用すれば

健康や美容に最適です。

 

 

ただ、グレープシードオイルを買って

使用していくにあたり

選び方で気をつけることは

 

グレープシードオイルには

外用のものと食用のものが

販売されていますので

 

食べたい人は食用の商品を

肌や髪に使いたい人は外用の商品を

購入し、美容用目的であれば

美容用に作られた精製度の

高いものがおすすめです。

 

★グレープシードオイル★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

また、グレープシードオイルは

添加物も含まれておらず

食べられるオイルですが

 

体質に合わないとおなかが

緩くなるなどの問題が起こる

可能性もあり、オイルを摂取して

体調が悪くなった場合には

 

すぐに摂るのをやめ

使用期限は守るようにしましょう。

 

そして、ほかのオイルと共通して

置いておく場所を間違えると

酸化が進んだり、冷蔵庫に入れると

白濁して固まってしまうので

涼しい場所で保管をしてください。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

グレープシードオイルについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

フランス人は動物性脂肪の

多い食事を摂っているにもかかわらず

動脈硬化や心臓病による死亡率が

大変低くなっている背景には

 

ポリフェノールの働きが

あるからと言われています。

 

グレープシードオイルは

他の油と比べて

ポリフェノールである

プロアントシアニジンがおおく

 

非常に抗酸化作用が強く

価格も他の健康オイルと比べて

お手頃で健康や美容におすすめです。

 

Sponsored Links by admax

 

ただ、リノール酸が多く含まれ

過剰摂取は問題ですので

1日2杯程度を目安にしておき

ましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク