肩が痛かったり、上げられなかったり

「五十肩」といえば

聞いたことがある人は

多いと思います。

 

gojyuukata-01

 

五十肩はそれを誘発する要因と

引き金となる動作が重なった時に

生じやすいと言われています。

 

しかし、40代、50代の多くの人に

発症する「四十肩」や「五十肩」は

医学的には「肩関節周囲炎」と

呼ばれるれっきとした病気です。

 

一般的には発症する年齢が違うだけで

どちらも同じ病気ですが

 

その症状はとてもつらく

治療や予防法について

実は、多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

しびれは初期症状?五十肩とは?

病院は何科?注射や手術に
運動療法とは?治療方法は?

体操やストレッチでの治し方は!?

おすすめの市販薬や漢方は?

五十肩に効くツボは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
五十肩って何?四十肩との違いは?腕
が上がらない原因とは?急性期や慢性
期に腱板断裂!?症状や治る期間は?
治療や対処法は?
★記事はこちら>>>★

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

しびれは初期症状?五十肩とは?

 

五十肩とは、中年以降に発生する

肩関節の痛みと動きの制限を伴う

病気の総称で

 

腕を上げると肩が痛くなったり

肩を回せなくなったりして

時には激しい痛みが肩を襲って

きたりします。

 

illust3016

 

実は詳しい四十肩・五十肩の

発生原因は未だはっきりと

解明されていません。

 

加齢などにより肩の関節や筋肉

肩周辺組織が固くなったり縮むなどの

変化が起こることで

炎症や痛みを引き起こすと

考えられています。

 

また、直接的要因に加えて

普段の生活習慣やストレス

ホルモンバランスの変化など

間接的要因が重なることでも

発症のきっかけになると言われて

います。

 

肩は主に

  • 上腕骨
  • 肩甲骨
  • 鎖骨

などで構成されていますが

 

腕を上げる時に上腕骨を高くする際

その上腕骨を支えるため

肩甲骨と鎖骨だけでは不安定な

状態になります。

 

その為、上腕骨を支えるのに

強い強度を保つことが出来る様

肩関節の動きを良好にする関節包や

骨と骨を支える腱板や靭帯が

あります。

 

しかし、それらの関節を支え

構成する肩関節周囲の組織が

炎症や損傷を起すと、痛みや

可動制限が起きると言われています。

 

この疾患群を「肩関節周囲炎」といい

いわゆる「五十肩」と言われる

症状になります。

 

男女差、運動習慣のあるなし

などに差はなく

左右の発生率についても違いは

ありません。

 

girl_shock-1-290x300

 

また、一般的に医学的に特定の原因が

見つけられないのに、肩が痛んだり

肩関節の可動制域限がある場合

四十肩や五十肩と診断されますが

 

40代から50代の中高年に

多いようですが、30代でも

発症することもあります。

 

つまり誰にでも

起こりうるということ。

 

五十肩による痛みはある日突然に

やって来ることも有りますが

だんだんとやってくる事もあり

症状の変化によって

「急性期」と「慢性期」にわけられ

ています。

 

とくに急性期は、特に動かさなくても

痛むことがあり

二の腕や手の先にまで痛みが

伝わることや、しびれをともなう

こともあります。

 

しかし、五十肩の初期症状としては

何となく肩が引っかかる感じや

腕枕がきついといった程度のほんの

僅かな肩の異変がある程度で

 

生活できなくなる程の痛みも

ありませんから、放っておくことが

殆んどの方が多いようです。

Sponsored Links

病院は何科?注射や手術に運動療法とは?治療方法は?

 

五十肩かもしれないと思ったときは

まずは医療機関に相談することを

おすすめします。

 

%e7%97%85%e9%99%a2%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

その場合、病院は何科を受診するか

迷うこともあるかもしれませんが

主に整形外科で検査や診断、治療が

行われています。

 

中には肩関節の症状を専門的に

扱うところもあるので

病院のホームページなどで

調べてみると安心です。

 

五十肩の診断は

  • X線
  • MRI
  • 超音波検査

などの画像検査や超音波検査などに

より詳しく肩関節周辺の状態を確認し

診断が下され

 

他にも肩や腕の動きをチェックし

その結果に基づいての診断されます。

 

治療方法としては

主に薬物治療や運動による治療を

行います。

 

痛みがひどく、夜間も痛みが

出るような炎症期の時期には

まずはその炎症を抑える

治療をします。

 

痛みを軽減させるための

薬物療法には

経口剤や湿布などの消炎鎮痛薬が

使用され、関節内の炎症を抑える為に

関節内に直接ステロイドを注射し

リハビリなどの運動療法を

行うことによって治療していきます。

 

images

 

痛みがひどい場合は

安静にしていた方が良いとされ

薬物療法、アームスリング等装具を

用いて安静にし、運動療法は

急性期が過ぎてから行われます。

 

ただし、痛みどめを使用して痛みが

取れ、肩の動きがリハビリを

行っても良好にならない場合や

 

肩の腱板が傷ついているようなら

腱板が断裂しない様に内視鏡で

縫合する手術を行う事も

あるようです。

 

ただ、手術を必要とするケースは

少ないということです。

Sponsored Links

おすすめの市販薬や漢方は?

 

しかし、諸事情により病院を

訪れることができない場合には

市販薬に頼るのも一つの方法です。

 

illust3024

 

ですが、今では五十肩に効く市販薬は

何種類か販売され

迷ってしまいますね。

 

とりあえずすぐにでも

痛み止めがほしい場合は

バファリンやロキソニンを

選ぶかもしれませんが

 

五十肩に効果的と

人気の市販薬としては

 

国内に製薬工場があると言う安心感で

とても人気があり

 

五十肩の痛みだけではなく

他の関節の痛みにも効く

グルコンEX錠プラス

 

 

 

コンドロイチンとビタミンが配合され

そのほかの関節痛にも効果がある

アクテージAN錠

 

 

テレビコマーシャルでもとても有名で

関節の痛みの他にも目の疲れ

肩の凝りなどにも効果がある

アリナミンEXプラス

 

 

おすすめの漢方薬には

炎症を改善し、痛みを和らげ

痛みを取り除く

シジラック

 

などが人気のようです。

★五十肩に効く 市販薬
楽天市場で探すなら>>>★

 

ただ、一般的な五十肩向けの

市販薬や漢方の説明には

「五十肩を治す」とは

書いてありません。

 

たいてい「諸症状の緩和」と

書かれています。

 

つまり、痛みが収まる=五十肩が治る

ではありませんので

あくまで一時的なものとして

使用することを心がけましょう。

Sponsored Links by rakuten

五十肩に効くツボは?

 

肩こりのときに指で押すと

少し楽になるときがありますね。

 

四十肩や五十肩も

効果的なツボを指圧することで

症状を和らげる効果が期待できます。

 

効果的とされているツボは

いくつかありますが

 

有効とされるツボには

隔兪(かくゆ)

 

 

肩の動きに深く関係している

天宗(てんそう)

 

腕を上げる動作を改善する

効果が期待できる

肩貞(けんてい)

 

などがあり、その他にも

  • 中府(ちゅうふ)
  • 肩りょう(けんりょう)
  • 肩井(けんせい)
  • 肩ぐう(けんぐう)
  • 臑兪(じゅゆ)
  • 巨骨(ここつ)

などがあります。

★関連動画はこちら>>>>★

 

ツボの位置がわかりにくいときには

押したとき気持ちよさをたよりに

探すと見つけやすくなります。

 

また、基本的に親指の腹を使って

押しますが、場所によっては

人差し指や中指を使い分けてみて

くださいね。

 

押す時はゆっくりと息を吐きながら

5秒ほど押し、息をゆっくりと

吸いながら5秒ほどかけて

力を抜いていきます。

 

これを一か所につき

5~10回を目安に繰り返しましょう。

 

ただし、注意点として

体調によって回数は加減して

くださいね。

 

また、妊娠中や普段と

体調が違うときは、ツボ押しはさけ

国家資格をもった専門家の

指示を仰いでくださいね。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

五十肩については伝わりました

でしょうか?

 

furo_man

 

「四十肩」や「五十肩」で

肩の周りの骨や腱板を傷つけたまま

生活していると、腱板が傷つき

断裂する恐れもあります。

 

そうなると肩を上げることが

できなくなるだけでなく

 

日常生活にも支障をきたしてしまう

恐れがあり、また手術をしないと

治らなくなってしまうことも

あります。

 

そうならない為にも日頃からの

肩の使い方が大切です。

 

また、肩の症状に不安がある人は

早めに医療機関に相談することを

おすすめします。

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事