注目すべきゴールデンベリーとは?栄養成分や驚くべき効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

世界一受けたい授業で紹介され

今話題のスーパーフード

ゴールデンベリーは美容だけでなく

 

コレステロールの低下や動脈硬化予防

などが期待されています。

 

 

さらに、生の果実をそのまま

フルーツとして食べても、サラダや

料理の付け合せとして食べても

美味しいゴールデンベリーは

 

プランターで簡単に栽培できるので

注目を集めています。

 

しかし、まだまだ具体的に

ゴールデンベリーにどんな栄養素が

あって、どんな効果が秘められて

いるのか

 

実はあまりよく知らないという方も

多いようです。

 

そこで今回は

注目すべきゴールデンベリーとは?
ほおずきとの違いは?

栄養成分や驚くべき効果とは?

カロリーや気になる味に食べ方は?

妊娠中でも食べれる?
摂取量や食べ過ぎで副作用は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links



注目すべきゴールデンベリーとは?ほおずきとの違いは?

 

ゴールデンベリーという名前から

ストロベリーやブルーベリーの

仲間かと思う方も多いようですが

 

ゴールデンベリーとは

別名「食用ほおずき」ともいい

 

ほおずきのような独特な形と美しい

真っ赤な実が印象的なほおずきの

一種で、西洋ほおずきの実が

ゴールデンベリーです。

 

 

日本ではほおずきは鑑賞用として

利用されることが多く

食べる文化がありませんが

 

原産国のペルーを中心とする南米では

栄養価の高い食品として昔から

重宝され、その歴史は古く

インカ帝国が栄えていた時から食され

 

原産地の名前をとって

「インカベリー」とも呼ばれて

います。

 

美容や健康に敏感な人が食べている

とはいえ、独特の香りがあり

糖度は12~15度と高めで

 

柑橘類のような甘酸っぱさが

人気です。

Sponsored Links



栄養成分や驚くべき効果とは?

 

気になるゴールデンベリーの

効能・効果ですが

  • 動脈硬化予防
  • 美肌効果
  • 貧血予防
  • 眼病予防
  • がんの予防
  • 高血圧予防
  • デトックス効果
  • ダイエット効果
  • 発毛、育毛効果

などがあると言われています。

 

 

特に、ゴールデンベリーの

栄養成分にはビタミンEが豊富に

含まれ、ビタミンEは毛細血管を

広げて血液を流れやすくします。

 

また、ビタミンAやβカロテンも

豊富であることから、ビタミンEと

共に抗酸化作用に特化しているため

老化を予防が期待できます。

 

さらに、必須アミノ酸や血液の脂肪の

流れをよくするイノシトールも

含まれているため、同様の効果が

期待でき、イノシトールは体内の

脂肪の流れをよくする働きがあるため

 

脂肪の流れがよくなると

肝臓に余計な脂肪がたまらなくなり

結果コレステロール値が低下します。

 

その他にも、バイオフラボノイドと

呼ばれるビタミンPや食物繊維にも

コレステロール改善効果があると

考えられ、現代人に不足しがちな

鉄分も多く含んでいる為

貧血予防にも効果が期待できます。

Sponsored Links



カロリーや気になる味に食べ方は?

 

ゴールデンベリーの味は

結構酸味があるようなので

酸味が苦手な方にはそのまま

食べるのは難しいかもしれませんが

 

ゴールデンベリーのおいしい食べ方は

ミルクなどと混ぜたり、ジャムを

作ったり、パンやパンケーキに

混ぜて焼くと美味しくいただけます。

 

 

気になるカロリーはドライフルーツと

生の状態とでは異なり

ドライフルーツのゴールデンベリーの

カロリーは100グラムあたり

360カロリーほどなのに対し

生のゴールデンベリーは

100グラムあたり50カロリーほど

です。

 

選び方としては

生のゴールデンベリーはがくが

ついたものを選ぶのがおすすめで

その分痛みにくいと言われ

 

実だけの場合は傷のないものを選び

きれいなオレンジ色で熟したものが

食べごろです。

 

また、ドライフルーツの場合は

砂糖やオイルが添加されていない

ものを選ぶとカロリーを抑える

ことができ

 

ほとんどが海外産なので

できるだけオーガニック表示が

あるものを選んだ方が安心できます。

 

また、保存方法そしては

生のゴールデンベリーは湿気を嫌い

がくが破けると痛みやすくなるため

 

優しく新聞紙で包み、ビニール袋に

入れて冷蔵庫に保管し

 

ドライフルーツのゴールデンベリーは

冷暗所での保管が必要で

直射日光の当たらない涼しい場所で

保管するようにしましょう。

Sponsored Links by admax



妊娠中でも食べれる?摂取量や食べ過ぎで副作用は?

 

しかし、いいことずくめに思える

ゴールデンベリーですが

食べすぎには注意です。

 

 

薬ではないので、副作用といもの

ではないですが

含まれるビタミンEの過剰摂取は

骨粗鬆症になりやすくなると言われ

 

妊婦さんにとって、ビタミンAの

過剰摂取は胎児に影響があるとされ

妊娠中ではなくても

ビタミンAを過剰摂取すると

 

頭痛や吐き気、嘔吐や中毒症状などが

現れる場合もあります。

 

栄養素を考慮すると、1日の摂取量は

40粒くらいを目安にすればよいと

言われていますが

 

テレビで紹介したケースでは

1日2回、20粒を摂取すると

2日間で血液でさらさらになるようで

 

また、ドライフルーツとして

食べるとカロリーや糖度が高いので

食べ過ぎには気をつけましょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

「注目すべきゴールデンベリーとは?
栄養成分や驚くべき効果とは? 」

については伝わりましたでしょうか?

 

 

今回お伝えした内容は

 

ゴールデンベリーとは?

別名「食用ほおずき」ともいい
ほおずきのような独特な形と美しい

真っ赤な実が印象的なほおずきの
一種で、西洋ほおずきの実が
ゴールデンベリーです。

 

効果は?

効能・効果ですが

動脈硬化予防
美肌効果
貧血予防
眼病予防
がんの予防
高血圧予防
デトックス効果
ダイエット効果
発毛、育毛効果

などがあると言われています。

 

カロリーは?

生の状態とでは異なり
ドライフルーツのゴールデンベリーの
カロリーは100グラムあたり
360カロリーほどなのに対し

生のゴールデンベリーは
100グラムあたり50カロリーほど
です。

 

気になる味は?

結構酸味があるようなので
酸味が苦手な方にはそのまま
食べるのは難しいかもしれません。

 

食べ方は?

ミルクなどと混ぜたり、ジャムを
作ったり、パンやパンケーキに
混ぜて焼くと美味しくいただけます。

 

妊娠中でも食べれる?

妊婦さんにとって、ビタミンAの
過剰摂取は胎児に影響があるとされ

妊娠中ではなくても
ビタミンAを過剰摂取すると
頭痛や吐き気、嘔吐や中毒症状などが
現れる場合もあります。

 

摂取量は?

テレビで紹介したケースでは
1日2回、20粒を摂取すると
2日間で血液でさらさらになるようで

また、ドライフルーツとして
食べるとカロリーや糖度が高いので
食べ過ぎには気をつけ
1日20粒ほどを目安にしましょう。

 

食べ過ぎで副作用は?

薬ではないので、副作用といもの
ではないですが

含まれるビタミンEの過剰摂取は
骨粗鬆症になりやすくなると言われ
ています。

 

Sponsored Links by admax



 

ゴールデンベリーには

美容効果や生活習慣病予防効果など

さまざまな効果を期待できる

何よりも甘酸っぱくて食べやすいと

いうところも良い点です。

 

味は酸味が強いので、酸味が苦手な

方ははちみつなどと一緒に摂るのが

おすすめで

 

健康的な生活を手に入れるためにも

この機会にゴールデンベリーを

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク