最近では「ジェネリック医薬品」

という言葉をよく耳にするように

なりましたね。

 

 

広く世間に浸透し

ジェネリック医薬品と聞いて

多くの人が思い浮かぶのは

「先発医薬品と同じ成分や効き目で
          安価な薬」

ということだと思います。

 

同じ効果をもたらす薬が

安く購入できるのであれば

そちらを選ぶ人も多いと思います。

 

しかし、ジェネリック医薬品とは

一体どんなお薬なのか

ご存知でしょうか? 

 

本当にメリットだけを与えてくれる

薬なのでしょうか?

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

そこで今回は

ジェネリック医薬品とは?
安い理由やその意味とは?

ジェネリック医薬品の普及率は?

ジェネリック医薬品の効果や
メリットとは?

問題点やデメリットはないの?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



ジェネリック医薬品とは?安い理由やその意味とは?

 

近年、テレビコマーシャルなどでも

頻繁にとりあげられ、よく耳にする

「ジェネリック医薬品」ですが

一体どのような薬なのでしょうか?

 

 

まず、医薬品の開発には

多額の費用と時間がかかります。

 

何もないところから始め

有効成分を研究し、作り出さなければ

なりません。

 

その為、莫大な投資金を

回収する目的もあって

ある会社が医薬品を開発した場合

 

一定期間は他の会社は同様の医薬品を

製造販売することができないよう

医薬品に特許期間が認められてます。

 

しかし、特許の期間が切れると

他の会社も同様の有効成分を用いた

医薬品を製造販売することができ

ます。

 

そして、この特許が切れた

他の製薬会社が製造または

供給する医薬品のことを

「後発医薬品」と言い

これがジェネリック医薬品と

呼ばれている薬です。

 

これに対し、特許の切れる前の

特定のメーカーが最初に開発し

承認を受け発売した

 

従来なかった薬効成分を持つ

新薬のことを「先発医薬品」

または略して「先薬」と呼びます。

 

ジェネリック医薬品が安い理由は

後発医薬品はすでに

有効成分が開発・検証されている

医薬品を作る為

 

開発にかかる費用も安く

時間もかなり短期で済むので

価格は先発医薬品と比べて

安価であることが多いのです。

 

 

つまり、ジェネリック医薬品とは

特許期間が終了した後に

これまで有効性や安全性が

実証されてきた新薬と同等と

認められた低価格なお薬のことです。

 

ちなみにジェネリック(generic)は

英語で「一般的な」という意味を

持つ単語で

 

医薬品には、ブランド名(商品名)の

他に有効成分名を示す

一般名(generic name)があり

 

日本よりもジェネリック医薬品の

普及率が高い欧米では

 

お薬を処方する時にブランド名

ではなく、一般名が使われる

ことが多く

 

また、一般名は世界保健機関WHOに

登録されている世界共通の名称で

それが世界共通の名前と

なっているため

 

日本でも「ジェネリック医薬品」と

いう名前が広まりました。

Sponsored Links



ジェネリック医薬品の普及率は?

 

ジェネリック医薬品をよく耳にする

ようになった背景には

安価な後発医薬品が普及すれば

膨張を続ける医療費を抑制できる

のではないかという点が大きく

 

政府は、この後発医薬品の

開発利用を促進しているのです。

 

 

しかし、諸外国において

後発医薬品の普及はかなりすすんで

普及率はいずれも60%を

超えていますが

 

2011年(平成23年)調査において

日本においてはその普及率は

20%台にとどまっていることが

明らかになりました。

 

その原因として

ユーザーには積極的に使う意識が

必要ですが未だそれほど浸透せず

 

特に日本人は、医師も患者も薬の

ブランド志向が強いといわれ

同じ成分のくすりでも

一流(新薬)メーカーのものが

好まれていることがあげられます。

 

また、これまで供給量が少なかった

ため、大量の発注に対応できず

 

患者が後発薬を選ぼうとしても

薬局に在庫がないなどのケースが

見られた事が原因ではないかと

考えられています。

 

その後は、国の方針として

「ジェネリック医薬品」の使用促進が

掲げられたのを機に

 

国立病院や大学病院などで

採用が相次ぎ、医師が処方せんに

合意のチェックを入れれば

 

患者の希望によって手渡して

もらうことができるなど

状況は大きく変わりつつある

ようです。

 

それでも、ジェネリック医薬品の

普及率として15年度末までに65%

17年度末までに80%という

目標値を提言したものの

あまり普及していないのが現状です。

Sponsored Links



ジェネリック医薬品の効果やメリットとは?

 

ジェネリック医薬品は以前は

「ゾロ」と呼ばれ

特許が切れる時期になると

同じ成分の薬が「ゾロゾロ」と

売り出されるためにゾロと

呼ばれていたようです。

 

その頃は町工場に近いレベルの

製薬メーカーも多数あり

ジェネリックは安いけど安全面に

不安がある事や、安定的な配給が

確保されていないなどの理由で

医療サイドは積極的に使用して

こなかったこともありました。

 

しかし、ジェネリック医薬品は

薬事法のもと

さまざまな規制・基準を遵守し

開発・製造・販売され

 

その品質保証基準は

新薬と同等ですので

ジェネリック医薬品の効果や

有効性・安全性は実証済みと

言われています。

 

 

また、ジェネリック医薬品は

有効成分のみが先発医薬品と同一で

その他の成分は異なることもあり

 

たとえば先発医薬品が

苦い・飲みにくい形状だった場合

添加剤などを変更することで

先発医薬品よりも飲みやすいものに

改善もできます。

 

さらに、患者さんの誤飲を防いだり

医療現場において調剤ミスが

起きたりしないよう

薬の名前を錠剤に印刷するなどの

工夫もなされています。

 

そして、すべての病気および

新薬に対してジェネリック医薬品が

あるわけではありませんが

 

ジェネリック医薬品のメリットは

既に有効性や安全性について

先発医薬品で確認されていること

以外にも

 

やはり薬の値段も先発医薬品と比べ

4割~5割程度も安く設定することが

できるところです。

 

薬の価格は種類によって全く違い

1錠、数円のものから千円以上する

ものなどがあり

 

慢性的な病気によって薬を

長期間服用する場合は

ジェネリック医薬品の使用で

薬代の大幅な削減につながります。

 

一概にはどれぐらいの費用の差が

出るかは言えないのですが

金額の差は

  • 先発医薬品の価格
  • ジェネリック医薬品の価格
  • 保険の負担割合
  • 処方期間

などによっても大きく変わり

 

例えば高血圧症の治療薬を

毎日服用している場合

薬をジェネリック医薬品に変えると

3割負担の場合

年間15000円以上も安くなるなど

薬代に大きく差が出ることもあり

 

実際に自分が飲む

お薬が変更でどれぐらい安くなるかは

薬局に相談するようにしてみては

いかがでしょうか?

Sponsored Links by rakuten

問題点やデメリットはないの?

 

政府主導によりジェネリック医薬品の

普及がすすめられていますが

これは、主に膨張する医療費の

抑制を目的としたものです。

 

 

この流れを受け、医薬品等を

取り扱う業者の間でも

ジェネリック医薬品を取り扱う機会が

今後ますます増えますが

 

しかし、安くて同じ成分だからと

ジェネリック医薬品が勧められては

いるものの、問題点やデメリットは

ないのでしょうか?

 

実はジェネリック医薬品は

先発医薬品と同じ成分が含まれ

同じ効果を持つとされていますが

これには少し落とし穴があり

 

薬を製造する場合には

  • 有効成分
  • 添加物
  • 剤形

でつくられ、それぞれ特許が

あります。

 

具体的には

先発医薬品の持つ特許のうち

新しい物質に与えられる

「物質特許」

 

特定の物質に対する新しい

効能・効果に与えられる

「用途特許」

などがあり

 

ジェネリック医薬品を

製造・販売するためには

この2つの期間が満了してい

なければなりません。

 

これにより、ジェネリック医薬品は

先発医薬品と同じ「主成分」で作る

ことができます。

 

しかし、薬の特許にはそれ以外にも

物質の新しい製造方法に与えられる

「製法特許」(添加物)

 

薬を製剤する上での新しい工夫に

与えられる

「製剤特許」

 

などがあり、先にお伝えした

2つの特許が切れたあとも

製法特許や製剤特許の有効期間が

残っている場合が多々あります。

 

もし、製法特許が残っていると

薬のコーティング部分に使われる

添加物などは先発医薬品と

同じにすることができ無いため

他の添加物が使われることがあり

 

また、製剤特許が残っていると

  • 錠剤
  • カプセル
  • 粉末

など薬の剤形は先発医薬品と

同じにすることができません。

 

 

その為、例えば飲み薬の場合など

主成分や量が同じでも

薬の条件が変わり、吸収される速度や

有効成分が分解される状態が

異なることになるため

 

薬の作用そのものが大きく

変わってしまう可能性があり

 

今まで飲まれているお薬で

症状が安定している場合

ジェネリック医薬品が同じお薬の

成分で同じ効果だからと

言って変更することで

  • 薬が効きすぎる
  • 効果が出にくい
  • 副作用の出方に違いが出る

などといった差が生じてくる

わけです。

 

また、ジェネリック医薬品が

先発医薬品と変わらない効果を

謳っている理由として

「有効性の試験」において

「先発品に比べ統計学的に
        見て差が無い」と

されているからです。

 

しかし、これにも落とし穴があり

統計学的には±15%の範囲を

「差が無い」としているので

 

薬剤師の方が

「ジェネリック医薬品とは

特許が切れた薬で効果は同じだけど

新しい薬よりも安い」という場合

表現に疑問が残ります。

 

また、必ずしも薬局にご希望の

ジェネリック医薬品があるとは

限らないので注意が必要です。

 

その為、医師団体も

「ジェネリックの使用は慎重に」と

呼びかけるていますので

 

もし納得がいかない場合は

元に戻してもらうよう

医師、薬剤師に相談しましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

ジェネリック医薬品については

伝わりましたでしょうか?

 

 

ジェネリック医薬品が

推奨されている理由は

医療費をおさえるためとはいえ

 

今まで飲まれているお薬で

症状が安定している場合

 

ジェネリック医薬品が同じ

お薬の成分で、同じ効果だからと

変更することは少なからず

リスクが伴うようですので

 

まずは、医師や薬剤師に相談した上で

服用することをおすすめします。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事