近年、お墓の後継ぎがいないことや

子供にお墓のことで

迷惑をかけたくないなど

 

家族の形や生活スタイル、考え方が

多様化しているため

「永代供養(えいたいくよう)」が

注目されています。

 

 

一般のお墓を購入するより

経済的負担も少ない上に

 

身寄りがなくても永代にわたり

供養してもらえるとメリットが

あります。

 

しかし、実際に永代供養を

お願いする場合

どれくらいの費用がかかるのか?

 

また、永代供養をお願いした場合

位牌はどのようにすれば良いのか?

など気になる方も多いようです。

 

そこで今回は

今更聞けない永代供養をする
意味とは?

永代供養の料金は?
お墓にかかる金額や費用の相場は?

永代供養の仏壇はどうすれば?

永代供養の位牌はどうするの?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



今更聞けない永代供養をする意味とは?

 

霊園やお墓などのパンフレットを

見ると、「永代供養付」や

「永代供養墓」と載っていることが

ありますが

 

永代供養とは

永い代(長い年月)に渡って供養する

という意味で

 

お墓参りできない人に代わって

あるいはお墓参りしてくれる人が

いない場合などに

 

代わりにお寺が責任持って

永代にわたって供養をしてくれると

いうものです。

 

 

 

起源は定かではないのですが

江戸時代に書かれた永代台帳が

多くの寺院で見受けられる事から

 

永代供養が古くから行われていた

ものである事が分かっています。

 

そして、そのお墓である永代供養墓は

「えいたいくようばか」あるいは

「えいたいくようぼ」と呼ばれ

ています。

 

一般的に他の人と一緒の墓あるいは

同じ納骨室に安置されることから

  • 合祀(ごうし)墓
  • 合同墓
  • 合葬(ごうそう)墓
  • 共同墓
  • 集合墓
  • 合葬式納骨堂

などとも呼ばれています。

 

過去の宗旨宗派は問われず

一式料金を一度支払えば

その後管理費、お布施

寄付金など一切費用はかかりません。

 

ただ、生前申込みの場合については

年会費あるいは護寺費、年間管理費を

支払うお寺もあり

 

また、永久に個別に供養するという

意味ではなく、永代供養は一般的に

最初から遺骨を合祀墓(ごうしぼ)と

言う、他の方と共同のお墓に

納骨するケースと

 

一定期間は個別に「納骨堂」という

室内のお墓に安置し

その後、合祀墓に入り供養して

もらうケースなどがあります。

 

個別に安置する場合の

安置期間については

お寺や霊園ごとに異なり

 

一般的に

  • 17回忌
  • 33回忌
  • 50回忌(または30年、50年)

などの安置期間が区切られ

 

期間を過ぎた後は、他の方と共同の

お墓に入り、お寺が続く限り

供養してもらえます。

 

ちなみに「永代供養」に似た言葉で

「永代使用権」という言葉があり

ますが、永代使用権とは

お墓を建てる土地の使用料のことで

 

霊園等の維持管理費を

支払い続ける限り、その場所を

使用させてもらう権利で

 

永代使用権は、承継者がいなく

なった等の理由により

 

維持管理費の支払いが滞った場合

権利は消滅しますので

注意が必要です。

Sponsored Links



永代供養の料金は?お墓にかかる金額や費用の相場は?

 

永代供養が選ばれている理由として

高額な費用をかけてお墓を

建てる必要がないことや

 

お墓を管理する家族や子孫が

いなくても任せられる安心感が

永代供養の需要を高めています。

 

 

確かに永代供養付きのお墓は

一般的なお墓を購入する場合に

比べて費用が抑えられ

 

永代供養の費用について

永代供養墓の料金は

1体での一式で料金とされ

  • 永代にわたって供養してもらう
    永代供養料

  • 納骨法要のお布施

  • 墓誌に納骨者名などを彫る
    刻字料

などがあり

  • 永代使用料
  • 永代管理料
  • 納骨料

などは含んでいるかたちです。

 

また、他の設定をしている寺院もあり

  • 刻字料が別途料金

  • 納骨法要のお布施は別途

  • 複数体申込みの場合
    1体の場合より割安料金

  • 生前申込者に対し
    別途料金

などがあります。

 

 

合祀墓に最初から入る場合は

他の方と共同のお墓になるため

墓石代もかからず墓地使用料も安く

費用は3万円~10万円程度で

 

その後、管理費用などの追加費用も

かからないところが多いため

負担が最も少ないです。

 

一定期間、個別安置の場合は

納骨堂の種類や安置期間によっても

異なりますが

10万円~100万円前後です。

 

また、立地条件や施設の設備などに

よっても異なり、都心になると

高くなる傾向にあります。

 

それでも、一般のお墓を購入する場合

120万~200万前後かかりますので

比較的割安です。

 

とは言え、実際のところ

永代供養墓の一式料金は

各お寺によってまちまちで

 

10万円という永代供養墓もあれば

100万円以上するところなどもあり

 

また、最初から土に還す合祀であれば

1体10万円、お骨を一定期間で

安置するかたちであれば

 

30万円~50万円が平均的な相場と

言われています。

 

 

ただ、合葬墓・合祀墓と

呼ばれるタイプは遺骨を全て

合同の墓所に埋葬する形式ですので

 

他の人の遺骨と混ざるため

遺骨を返してもらうことは

できなくなります。

 

しかし、永代供養プランの中でも

経済的負担が最も軽く

非常に人気のある形式です。

Sponsored Links



永代供養の仏壇はどうすれば?

 

このように、安定してお墓や

仏壇を守っていけるなら良いですが

核家族で親類は全国ばらばらに

暮らしていて

 

もしもの時に葬祭に関わる費用も

人手も不安がある方に

永代供養は人気のようです。

 

 

しかし、永代供養を行った場合の

仏壇やお供えについて

ありがちな誤解として

 

仏壇もいらないし、お参りも必要ない

というものがあります。

 

これは残された人が故人に対して

何をしてあげたいか感情の問題と

なりますが

 

何かしてあげたいという感情が

少しでもあるのなら

 

家に仏壇を置くなり、お寺にお参りに

行くなり、何かしてあげるべきと

考えられています。

 

また、 お供え物に関しても

特に制約はありません。

 

お墓、仏壇のお供え物には

故人の好きだった花、食べ物などが

一番だと思われます。

Sponsored Links by rakuten

永代供養の位牌はどうするの?

 

また、仏壇と同様に永代供養の場合

後継ぎがいないからという理由で

永代供養をお願いする為

 

これまでの先祖の位牌など

どうすれば良いのか

悩まれる方も多いようです。

 

 

その際は、永代供養をお願いする際に

お焚き上げしてもらうか

お寺でお預かりしてもらうのが

一般的です。

 

永代供養と同様に

長期間預かってもらえる場合や

短い期間(数カ月~数年)預かって

もらった場合も

 

その後はお焚き上げするケースが多く

お寺の考えにもよる為

永代供養をお願いするお寺に相談して

みましょう。

 

また、いずれ後継者が不在に

なることが分かっている場合

位牌を作るべきかも悩むかと

思います。

 

通常、葬儀の際に白木で出来た

「仮位牌」を作り

その後、四十九日法要までに

「本位牌」を用意し

「魂入れ」をしてもらい

 

一般的な位牌の一基の料金は

10万~15万円前後と言われて

います。

 

しかし、位牌は必ず作らなければ

ならないものではありません。

 

位牌には、戒名や亡くなった日を

入れますが、葬儀をやらずに

火葬のみを行った場合や

 

無宗教の方などは

戒名をもらうことがない為

位牌を作る機会もありません。

★関連記事★
戒名なしの位牌はNG!?その必要性
や法名との違いは?付け方にランクや
字数がある?戒名代の相場や自分で作
るには?

★記事はこちら>>>★

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

今更聞けない永代供養については

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

 

家族の形や生活スタイル

考え方が多様化しているため

永代供養を選ぶ方が増えています。

 

たしかに、費用を抑えたいという方や

子供にお墓のことで

迷惑をかけたくない方には

メリットの多い永代供養。

 

しかし、お寺や霊園によって

契約期間や追加費用の有無など

さまざまですので、満足のいくよう

内容を理解したうえで

お願いするようにしましょう。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten