こんにちはヽ(・∀・)ノ

管理人は現在スキルアップの為

英語を勉強しています。

 

学生時代は必死に勉強して

いたのですが、今は色々な勉強法や

ツール、サイトがあり楽しく

学べますね。

 

english_book_girl

 

 

しかし、世の中には英語の勉強で

単語が覚えられない事に悩まれて

いる方がとても多いようです。

 

「英単語の覚え方で悩んでます。」

「覚えるコツありますか?」

「英検2級取得したいですが」

「効率のよい覚えた方って」

「単語カードってやはり
      最強なのでしょうか」

「覚えやすい学習法って?」

 

などなど

効率や今までの勉強法について

疑問も多いようですね。

 

images-1

 

そこで今回は

効率的な英語の単語の覚え方について

その勉強法や暗記法に

ノートや単語帳の書き方などを含め

雑学を交えながらお伝えしたと

思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

 

★関連動画はこちら>>>>★

Sponsored Links

効率的な英語の単語の覚え方とは?勉強法や暗記法にコツはあるの?

 

世の中には

「英語の単語の暗記が得意」

という人は少ないですね。

 

悩む

 

それは、英語の単語の効率的な

覚え方を知らない人がとても多い

からかもしれません。

 

英単語を効率よく暗記するには

覚えておくべき原則があります。

 

それにしたがった勉強法や暗記法を

続ければ、2~3か月で英単語帳を

1冊覚えることはそれほど

難しいことではありません。

 

多くの人達がやってしまっている

覚え方は、絶対やってはいけない

覚え方です。

 

なぜなら、その多くの人達は

英単語を覚えられないで

いるからです。

 

study_yaruki_nai

 

原則として

英語はまず口に出し、発音することが

最優先です!!

発音して覚えない
CDを聞かない

などは論外です。

 

英語の単語の覚え方は

  • 目で見て
  • 耳で聞いて
  • 言葉に出し
  • 時には書いて

感覚を駆使して単語の情報を

頭に刷り込ませることが重要です。

 

しかしこの時、書く事ことについて

同時進行はあまりおすすめ

できません。

 

英語が苦手なうちに

「書き」まで完璧に求めてしまうと

読めるようになるまでに

挫折してしまうことが多いので

まずは、英語を口に出し発音する

ことから始めましょう。

 

english_kaiwa_man

 

また、英単語暗記には、最終的に

50回、100回と反復する

必要があり、書いて覚える

勉強ではそれが出来ないのも

理由の一つです。

ですので

英語の単語の覚え方として

勉強法や暗記法のコツは

 

基本的に

発音して覚えていく

何度も何度も反復

覚えられない単語だけ書いて覚える

この順番になります。

 

特に記憶の定着には

脳科学の観点からも反復が

必要不可欠とされています。

しかし、正しい反復をしなければ

努力も無駄におわります。

 

効率的な勉強法【長期記憶方法】
忘却曲線を利用する

 

★記憶力 関連動画はこちら>>>★

 

 

また、1日10個、20個と決めて

コツコツ覚えるのも非効率です。

 

例えば、約2000語の単語が

収録されている単語帳を1日10語ずつ

進めると、最後まで学習するのに

200日もかかります。

 

最後まで学習したときには

前半の単語はほとんど忘れて

しまっていることでしょう。

 

提唱されているのは

1日に100個とか200個の英単語を

学習するということ。

 

ですがこの時、完璧に暗記することは

考えないで、1回あたりにかける

時間よりも、回数を重要視して

ください。

 

物事を覚えるときは、とにかく

反復が重要であることを覚えておいて

ください。

 

★最新!!英語学習本★
★楽天市場で探すなら>>>★

Sponsored Links

単語のスペルや発音の覚え方は?

 

英語の単語を覚えるには

口に出し、反復が大切であることは

お伝えしましたが

 

では、単語のスペルや発音を効率的に

覚えるには、どのような覚え方が

あるのでしょう?

 

study_night_boy

 

記憶というのは、対象が明確で

あればあるほど残りやすいのですが

英語の単語の場合

意味が3つも4つもある事は

珍しくありません。

 

あまりに意味が多すぎる場合

どういう意味なのか曖昧になり

結局覚えられないということが

あります。

 

同じように発音の場合も

読み方が曖昧な単語は覚えにくい

です。

「染色体」を意味す”chromosome”

という単語があります。

 

発音を確かめたい方は>>>

 

このままでは、まず覚えられ

ないですね。

 

そこで、発音記号に忠実に

正確な読み方を覚える

必要があります。

 

今はネットで探せば無料で音声付き

辞書があるので、何度も繰り返し

再生し、覚えることができますね。

 

辞書google>>>

Weblio英和和英>>>>

 

この時、大事なのは

聞こえたまんま覚えることです。

 

原音に忠実に、スペルに

引っ張られないことが

英語を発音する上でとても大切です。

実は、英語(英単語)のスペルを

覚える事は、英語を勉強する上でも

特に難しく厄介です。

 

何故かというと、英語には外来語が

多く、今でも古いスペルが

使われているため

英語のスペルは複雑化しています。

 

その為、英語の単語には今でも

多くの古いスペルが残っているので

英語の音とアルファベットの数が

合わないといった場合が多いです。

 

images

実は、正しいスペルを

書けるようになるには

英語圏のネイティブの子供も

長い時間を要します。

 

そこで英語のスペルを効率的に

覚える方法に

「フォニックス」と呼ばれている

学習方法があります。

 

フォニックスという学習方法は

英語圏の子供の教育に使われている

学習方法です。

 

 

動画:フォニックスって何でしょう

 

フォニックス
★関連動画はこちら>>>>★

 

あたりまえですが、英語圏の

子供達はスペルの書き方を覚える

前に英語が話せます。

 

しかし、日本人の英語学習者は

先にスペルの書き方を覚えてから

後で英会話(スピーキング)の

勉強をします。

 

これでは覚えるのに苦労するのは

当たり前ですね。

 

先に発音できるようになり

その後にスペルの書き方を

覚えていった方が

効率的な方法と言えるでしょう。

Sponsored Links

ノートや単語帳の書き方は?

 

では、学校の勉強では

ノートや単語帳を書く事もありますが

その書き方は、右脳(ビジュアル)を

利用すればたくさんの英単語を

覚えられます。

 

service-english

 

脳の役割は

右脳

ビジュアル(画像や写真)を処理する

左脳

文章を処理する

ですが、多くの人は、英語の単語を

暗記するときに文書を処理するように

覚えていますが

左脳だけでなく右脳も使った

全脳で単語を暗記する方が

記憶も定着しやすくなります。

ノートには、単語と単語の意味だけ

書くのではなく、簡単なイラストも

描くのがおすすめです。

 

もちろん、発音をしながら書くと

より覚えやすくなります。

 

この時、既に覚えている単語まで

書いてしまうと非効率です。

 

発音が最優先とお伝えしましたが

この時に覚えている単語は除外

しておきましょう。

Sponsored Links by rakuten

まとめ

 

いかがでしたか?

効率的な英語の単語の覚え方について

は伝わりましたでしょうか?

 

benkyou_classroom

 

 

 

今回のポイントは?

・原則として
英語はまず口に出し、発音することが
最優先です!!

 

・英語が苦手なうちに
「書き」まで完璧に求めてしまうと
読めるようになるまでに
挫折してしまうことが多いので
まずは、英語を口に出し発音する
ことから始めましょう。

 

・提唱されているのは
1日に100個とか200個の英単語を
学習するということ。

この時、完璧に暗記することは
考えないで回数を重要視

 

・英語のスペルを効率的に
覚える方法に
「フォニックス」と呼ばれている
学習方法があります。

 

・日本人の英語学習者は
先にスペルの書き方を覚えてから
後で英会話(スピーキング)の
勉強をします。

これでは覚えるのに苦労するのは
当たり前です。

 

・ノートや単語帳の書き方は
右脳(ビジュアル)を
利用すればたくさんの英単語を
覚えられます。

 

です( ´艸`)ムププ

 

Sponsored Links by admax

 

人間の脳は忘れることが得意です。

 

まずは、完璧を目指すのではなく

忘れることを前提とした

勉強スケジュールを作りましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事