こんにちは(o ̄∇ ̄o)♪

最近の暑さとジメジメした雨模様に 

現実逃避をしている管理人で

ありますw。

 

イラスト
 

そんな中、ようやく夏の到来と思い

エアコンをつけてみたところ

毎年思う疑問が今年もやって

キタ━(゚∀゚)━!って人が多いが

ようですね。

 

冷房とドライの違いって・・・・

 

実はなにげに使ってはいるのですが

はっきりした違いを知っている方は

少ないようです。

 

「冷房」と「ドライ」の違いって?

ドライの方が電気代が安いと
聞いたけど?

設定温度は何度がいいの?

どのぐらい差がでるものなの?

昔のエアコンだけど?

効果や機能はやっぱり違うの?

 

などなど

その疑問は意外に多いもの。

 

イラスト

 

そこで今回は


エアコンの冷房とドライの違い

について。

電気代の違いや正しい温度設定

その仕組みや機能、効果なども

雑学を交えながらお伝えしたいと

思います。

 

電気代や今まで気になっていた方の

ためにお役に立てればと思います。

 

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



エアコンの冷房とドライの違いとは?その機能や仕組は意外にも

 

そもそも

「冷房」と「ドライ(除湿)」の

違いとはいったい

なんなのでしょう?

 

イラスト

 

 

 

なんとなく冷房は涼しくなり

ドライ(除湿)はジメジメした

空気がなくなるようなイメージでは

ありませんか?

 

実は、明確な違いとは

冷房は、部屋の空気の 「温度」を

下げることをいちばんに考えた

機能です。

 

部屋から熱を追い出して、 部屋を

すずしくするためのものです。

 

一方、ドライ(除湿)は部屋の空気

の 「湿度(しつど)」を下げる

ことを考えた機能です。

 

 

ジメジメした部屋から水分を

追い出して、空気をさらさらにする

ものです。

 

除湿の仕組みとは

空気は温度が高いと、空気中に

たくさんの水分をたくわえることが

できます。

 

たくわえられる水分の量は、空気の

温度によって決まります。

つまり夏場のように温度が高いと

たくさんの水分をたくわえること

ができるるわけです。

 

イラスト

 

 

逆に、空気の温度が下がると

水分をたくわえることができなく

なり、水滴としてあふれだします。

 

冷えたコップのまわりにびっしり

水滴がつくのは、水分を含んだ

温かい空気がコップにふれ、温度が

下がり、 空気中にいられなく

なったためです。

 

 


除湿はこの原理を使い、まず湿度の

高い部屋の空気をすいこみ

熱交換器(ねつこうかんき)で

熱をうばって温度を下げ、水滴を

作って集め、水分を取ったあとの

さらさらの空気をまた部屋に

戻します。

 

だからホースから水が出ているん

ですね。

 

ちなみに除湿には

「弱冷房(じゃくれいぼう)除湿」

「再熱(さいねつ)除湿」

という2つのタイプあります。

 

イラスト

 

 

 

水分を外に追い出すしくみは同じ

ですが、部屋に戻す空気の温度が

違います。

 

「弱冷房除湿」は、温度を下げた

空気を、そのまま部屋に戻すため

弱い冷房(れいぼう)をかけている

のと同じようなものですので

はだざむく感じることがあります。

 

 

「再熱除湿」は、温度を下げた

空気を、ちょうどいい温度に

あたためなおしてから部屋に

もどします。

 

部屋の温度を下げずに湿度だけを

下げるためのものですので

梅雨などの湿気が気になるけど

気温を下げたくないという時期に

おすすめのモードです。

 

使い分けですが

「温度」が高くなる真夏などは

冷房をつかい、湿度が高い梅雨どき

には「ドライ(除湿)」を使うと

いうのが理想的といえますね。

Sponsored Links



エアコンの電気代が高いのはドライ? 冷房?


冷房とドライの違いがわかった

ところで気になるのは

その電気代。

 

イラスト

 

最近では、ドライは冷房よりも

省エネ?という情報が多いの

ですが本当でしょうか?

 

実は「エアコンのドライはむしろ電

気代かかるからと冷房にしている」

という人も少なくありません。

 

今まで電気代の節約のため

ドライにしていた方は心配に

なりますね。



実はこの情報の鍵を握るのが

先ほどのエアコンの除湿の

仕組みなんです。

 

再熱(さいねつ)除湿は、部屋に

戻す空気をあたためなおしている

ため、少し多くの電気代を

使っています。

 

ですので電気料金は

「弱冷房除湿<冷房<再熱除湿」

と高くなり、使用している

エアコンによってはドライ(除湿)

より冷房の方が電気代が安くなる

場合があります。

 

東京電力の調査によると

設定温度を24度にした時の

1時間あたりの電気代は

  • 弱冷房除湿が4.1円
  • 冷房が11円
  • 再熱除湿が14.9円

だそうです。

 

つまり、電気代をおさえたいときは

弱冷房除湿や温度が高めの冷房が

おすすめです。

 

イラスト

 

 

電気代が気になる方は、まずは使用

しているエアコンの機能を

チェックすることが大切ですね。

 

部屋のエアコンが再熱除湿なのか

弱冷房除湿なのかメーカーHPで

確かめましょう。

 

また扇風機を併用したり

フィルターを掃除したり、室外機を

風通しのいい日陰に置くことでも

電気代の節約になりますので

ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links



温度設定は適切に!!ドライと冷房はこの設定。

 

最近では

最初に低めの温度に設定し

一気に部屋を冷やしから、涼しく

なったら高めの温度設定にする方が

効率的に部屋を冷やせるという

ことですが

 

一般的に言われている適切な

設定温度は28度とされています。

 

イラスト

 

エアコンは1℃の変化で

電気代が10%も違ってくる為

設定温度を上げることで電気代を

使わないということもありますが

 

その他に、人間の体は5~6度

までの温度差であれば適応

できるのですが、それ以上だと

体への負担も大きくなります。

 

ですので、夏場の設定温度は

外気との気温差

マイナス5~6度が目安と

されています。

 

 

健康面からも冷やしすぎには

注意したいものですね。

 

28度と驚くかもしれませんが

湿度が15%低下すると

体感温度も1℃下がります。

 

28度でも意外と平気という方も

多いようですので、一度試して

みてもいいかもしれませんね。

Sponsored Links by rakuten

まとめ

 

いかがでしたか?

今までなにげに疑問だった

エアコンの冷房とドライの違いに

ついて伝わりましたでしょうか?

 

イラスト

 

 

今回のポイントは

  • 冷房は、部屋の空気の 「温度」
    を下げ、ドライ(除湿)は部屋の
    空気の 「湿度(しつど)」を
    下げる

     

  • 除湿には
    弱冷房(じゃくれいぼう)除湿
    と再熱(さいねつ)除湿
    がある

     

  • 電気料金は
    「弱冷房除湿<冷房<再熱除湿」

     

  • 適切な設定温度は28度

です(o ̄∇ ̄o)♪

 

Sponsored Links by admax



 

気温の変化は体への負担や

自律神経の乱れにもつながります。

 

電気代だけでなく、体のために

適切なつかい方でこの夏を乗り切り

ましょう!!

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事