こんにちは(^O^)

この世の中には似ているようで

実は意外に違うものってありますね。

 

イラスト

 

クッキーとサブレにビスケットや

ガレットの違いもその一つ。

 

 

実は知っているようで

なかなかその違いを説明できる方は

少ないようです。

 

「 違いは何ですか?」

「定義とかってあるんですかね?」

「お土産で貰うとよく思います。」

「お菓子の境目があいまいですが」

「そもそも同じもの?」

「食感が・・・・違う?よねw」

 

などなど

なかなか微妙な意見が多いようです。

 

イラスト

 

そこで今回は

クッキーとサブレにビスケットや

ガレットの違い

について

 

雑学を交えながらお伝えしたいと

思います。

 

今までなんとなく食べていたり

買う時に迷っていた人の方のために

なればとおもいます。

 

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

★関連記事はこちら★

マフィンとカップケーキの違い?
スコーンにパウンドケーキは?

Sponsored Links



クッキーとは? 

 

クッキーとはオランダ語で

「koke(クオキエ)」

『小さいお菓子・ケーキ』

という意味。

 

イラスト

 

 

オランダ人がアメリカに渡った際

焼き菓子の事をこう呼んだのが

始まりという説があり

日本にはアメリカから伝わってきた

焼き菓子です。

 

ケーキを焼くときに、温度や味を

みるため、試し焼きとして

出来たのが始まりとされ

サクッとした食感のお菓子

の総称です。

 

 

実は日本では

「糖分と脂肪分が全体の40%以上
のもの」と

公正競争規約(全国ビスケット協会)

で定められています。

 

そのため、見た目が

手作り風のもので

卵、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜

などにより風味よく焼き上げたもの

をクッキーと表示できます。

Sponsored Links



ビスケットとは?

 

ビスケットとは

イギリスから伝わってきた

焼き菓子。

イラスト

 

 

イギリスでは小麦粉で作られた

お菓子の総称です。

 

古代ギリシャ・ローマ時代から

食べられていた歴史のある

お菓子です。

 

ラテン語で

『二度焼かれたパン』という意味。
(ビスコクトゥス・パーニス)

1度焼いたパンを2度焼きし

保存食として食べていたのが

「ビスケット」の始まりという

説があります。

日本では
「糖分と脂肪分が全体の40%未満
のもの」

と公正競争規約
(全国ビスケット協会)

で定められています。

 

水分が少ないのでパサパサ感があり

空気穴があけられていたり

型抜きして作られるものが多い。

Sponsored Links



サブレとは?

 

有名なサブレは

  • 鎌倉の鳩サブレー
  • 東京や福岡のひよ子サブレー

がありますね。

 

サブレとはフランスから

伝わってきた焼き菓子。

 


フランスの町の名前

『サブレ=シュル=サルト』

に由来するクッキーの仲間です。

 

フランス語の”sable”は

口に含んだときに

砂をまかれた、さくさくとした

歯ごたえという意味があります。

 

クッキーの多くは、バターや

ショートニングと薄力粉の配合を

1:2の目安で作ることが

多いのに対し、サブレはほぼ

1:1で作ることが多いため

 

よりバターの風味が増し

サックリとした食感を

楽しめるものです。

 

また、サブレは家庭でも簡単に

作ることが出来き、土産品として

売られている商品も多いですね。

Sponsored Links by rakuten

ガレットとは


ガレットはフランス語でgalette

丸く平たく焼いたもの

の総称です。


  • ガレットブルトンヌや
    (ブルターニュ風ガレット)

     

  • ナント風クッキーのガレット

     

  • ガレットデロワ
    (アーモンドクリームをつめて焼い
    たパイ)

のほか

そば粉のクレープ状のものまで

「ガレット」と呼ばれています。

 

またその歴史は古く

ガレットは紀元前7000年に

始まったと言われています。

 

ガレットブルトンヌは

ブルターニュ地方の伝統菓子。



伝統的なレシピだと

ゲラントの塩入りの有塩バターを

使ってつくります。

 

ブルターニュの「ゲラントの塩」は

有名ですね。

 

食べやすい生地の薄さと

濃厚なバターの味が特徴的です。

 

また日本では総称していますが

本来は厚焼きのものは

「パレット」

薄焼きのものは

「ガレット」

と分類してます。

 

ナント風クッキー
(Galette nanntais)

は菊形に抜いてあるのが特徴で

「ガレット・ナンテ」とも

呼ばれます。


 

ナントは良質なバターの産地として

有名なフランスのブルターニュ地方

にある町です。

 

ザクザクとした食感が心地よい

クッキーです。

 

また、つや出しとして

卵液にコーヒー液を混ぜて塗り

美しい焦げ茶の色を出し

フォークで模様をつけます。

Sponsored Links by admax



クッキーとサブレにビスケットやガレットの違いとは?

 


さてそれぞれの特徴を並べては

みましたがさらに違いについて

お伝えいたします。

 

イラスト

 

 

実は英語圏では

ビスケットとクッキーで区別は

存在せず

アメリカでは両者を
「クッキー」と呼び、

イギリスでは両者を
「ビスケット」と呼びます。

 

イギリスでは

クッキーという言葉がない。

 

★関連記事はこちら★

マフィンとカップケーキの違い?
スコーンにパウンドケーキは?

 

しかし、日本では

クッキーとビスケットを

区別するのに

「糖分と脂肪分40%以上のもの」

がクッキーという明確な違いを

表しているのはなぜでしょ?

 

実は昔、クッキーはとても

高級と思われていました。

 

Sponsored Links by admax



 

そのため、消費者が糖分と脂肪分が

40%未満の安いビスケットを

クッキーと間違ってはいけないと

いうことで規約が作られたそうです。

 

 

もともと日本になかったお菓子の

ため、焼き菓子によって

使い分けているのは

日本だけというわけですね。

 

そしてクッキーとビスケットの

違いは糖分と脂肪分が

40%以上か未満かですが

ビスケットとサブレの違いは

 

サブレはビスケットに比べ

バターと卵を多く使うのが

特徴ということはお伝えしましたが

他にもビスケットは原料

にベーキングパウダーを使います。

 

ガレットはクッキーやそば粉

のクレープ状のもの総称でしたね。

Sponsored Links by rakuten

まとめ

 

いかがでしたか?

 

一つ一つを調べるとなんとなく

違いが分かってきますね。

 

イラスト

 

 

今回のポイントは?

 

・クッキーとはアメリカから伝わっ
てきた焼き菓子

 

・ビスケットとはイギリスから伝わ
ってきた焼き菓子。

 

・サブレとはサブレとはフランスか
ら伝わってきた焼き菓子。

 

・ガレットとは丸く平たく焼いたも
のの総称です。

 

・実は英語圏ではビスケットとクッ
キーで区別は存在しない

 

・消費者が間違ってはいけないと
いうことで規約が作られた。

 

ですo(^▽^)o

 

Sponsored Links by admax



 

今回の記事でこれまで何げに

口にしていたものが少し違ってくる

かもしれませんね。

 

ぜひどなたかに教えてあげて

くださいね。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事