子供から大人まで老若男女を問わず

幅広い層に支持されている食べ物に

カレーがありますが

 

そのカレーに増殖しやすい

食中毒菌「ウェルシュ菌」と

いうものをご存知でしょうか?

 

 

実は食中毒菌の中には

食材を十分に加熱処理していても

発生する菌があり

 

特にウェルシュ菌は熱に強いため

カレーやスープなど、作り置きに

便利な食品で増殖しやすく

 

時々このウェルシュ菌が原因で

集団食中毒を起こしたという

ニュースを聞きます。

 

その為、ウェルシュ菌に対しての

予防や対策方法を知っておくことが

大切です。

 

そこで今回は

カレー食中毒の原因?加熱で
殺菌できないウェルシュ菌とは?

ウェルシュ菌の症状とは?
感染経路や潜伏期間は?

ウェルシュ菌の治療や予防対策は?
増殖温度や冷凍保存は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



カレー食中毒の原因?加熱で殺菌できないウェルシュ菌とは?

 

ウェルシュ菌とは

  • 動物の腸管
  • 土壌
  • 水中
  • 家畜などの糞便

など自然界に広く分布している

 

ボツリヌスと同じ酸素を嫌う

嫌気性菌です。

 

 

健康な人の便からも検出され

その保菌率は食生活や生活環境に

よって異なります。

 

また、年齢による差も認められ

青壮年よりも高齢者のほうが

高い傾向にあります。

 

発生原因施設は、他の食中毒と同様に

飲食店や学校などの集団給食施設に

よる事例が多く

 

一度に大量の食事を調理した

給食施設などで発生することから

「給食病」とも呼ばれ

 

患者数の多い大規模食中毒事件を

起こす特徴があります。

 

これは、加熱済食品は安心という

考えが、ウェルシュ菌による食中毒の

発生原因となっています。

 

具材や人の手指を通して

鍋に入り込んだウェルシュ菌は

初めは他の食中毒菌たちと仲良く

鍋の中にいます。

 

しかし、鍋が加熱されるにつれ

熱に弱い他の食中毒菌は消滅しますが

ウェルシュ菌は熱に強く

 

100℃で6時間の加熱をしても

にも耐える「芽胞(がほう)」を

形成し、この芽胞の状態は

自身の周囲に強力なバリアを

張っているようなもの。

 

芽胞を一度作ってしまうと

通常の加熱では死滅しません。

 

 

そして、その食品の温度が

ウェルシュ菌の発育に適した

温度まで下がると発芽して

急速に増殖を始めます。

 

さらに、食品の中心部は酸素の無い

状態ですので、嫌気性菌である

ウェルシュ菌にとって好ましい

状態となっています。

 

増殖したウェルシュ菌が

食べ物を通して人の体内に入ると

その後、小腸内で増殖して

 

菌が芽胞型に移行する際に

エンテロトキシン(毒素)が産生され

その毒素の作用で下痢などの症状が

起きます。

 

したがって、菌に汚染された肉類や

魚介類を使ったカレーなどの

大釜などで大量に加熱調理する

食べ物など、特に注意が必要で

 

もちろんカレー以外にも

シチューやスープなどのように

食べる日の前日に大量に加熱調理され

 

大きな器のまま室温で放冷される

食品は危険性が高くなります。

Sponsored Links



ウェルシュ菌の症状とは?感染経路や潜伏期間は?

 

ウェルシュ菌の毒性は

一時期マスコミを騒がせた

O-157に比べると

さほどではありませんが

 

最近、他の食中毒とは異なる

感染経路で発生するウエルシュ菌も

報告され

 

子供や老人・免疫の弱い人の場合は

致命的な症状を引き起こすことも

あるため注意が必要です。

 

 

特に給食施設などで発生することが

多く、集団感染を引き起こしやすい

傾向にあり

 

症状は軽くても発生規模は

大きくなりがちなのです。

 

しかし、変な匂いがしたり

糸を引いたりしていれば

誰でも食べたら危険と怪しみますが

 

ウェルシュ菌は見た目も

匂いも全く変化させません。

 

ウェルシュ菌に汚染された食品を食べ

感染すると、6~18時間の

潜伏期間を経て発症し

 

初期症状として腹部の膨満感から

始まり、下痢や腹痛が主な症状として

現れます。

 

ただ、他の食中毒とは異なり

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 発熱

などはほとんど無く

比較的軽症で済むことが多いです。

 

通常は1日ほどで治まり

嘔吐や発熱もほとんどなく

食中毒の症状としては軽いほうと

言えます。

 

また、治療なしでも症状は自然に消え

致死率は0.03%未満と低く

人から人へと直接に感染することは

ありません。

 

 

とはいえ、小さいこどもや高齢者は

症状が強いことがあり

下痢による脱水症状には

注意が必要です。

 

また、ウェルシュ菌は

「壊死性腸炎」または「ピグベル」

という、しばしば致命的な重症の

病気を起こすことがあります。

 

ピグベルは、ニューギニアでの

壊死性腸炎の呼称で

軽い下痢で済む場合もありますが

 

腸の感染と壊死を起こし

敗血症となり、亡くなることも

あります。

Sponsored Links



ウェルシュ菌の治療や予防対策は?増殖温度や冷凍保存は?

 

ウェルシュ菌の治療は

ほとんどの場合は特別な治療を行う

必要は無く、脱水症状を防止する

ために水分を補給したりといった

対症療法が基本となります。

 

 

その為、特に薬を飲む必要は

ありませんが、安静にし

複数回の下痢が続きますが

 

出し切って治まってくるようで

あれば問題ないと考えられています。

 

ウェルシュ菌の増殖温度は

43度~47度の比較的に高い

温度帯で発育、増殖します。

 

その為、カレーなどの煮込んだ

食べ物を放置して常温になると

菌がカレーの中で増殖します。

 

つまり、ウェルシュ菌の

予防対策としては

 

前日調理は避け、加熱調理した

ものはなるべく早く食べ

鍋のまま常温で放置しないようにし

 

一度に大量の食品を加熱調理したとき

菌の発育しやすい温度を

長く保たないように注意し

 

やむをえず保管するときは

小分けしてから冷凍保存することを

心がけましょう。

 

 

また、ウェルシュ菌は、酸素を嫌う

「嫌気性」ですので

再加熱の際はよくかき混ぜ

空気にあてましょう。

 

酸素を多く鍋の中に取り入れることで

ウェルシュ菌の好まない環境を

作りだすことが出来ます。

 

さらに、腸内環境で善玉菌より

悪玉菌が増えてしまうと

下痢や便秘、免疫力の低下などの

引き起こすため

 

ウェルシュ菌も悪玉菌の1種ですので

善玉菌を取り入れて、腸内環境を整え

下痢や便秘を起こさない環境づくりを

心がけましょう。

 

その為には、ビフィズス菌や

乳酸菌などの善玉菌を腸内に

常に補充し

 

食物繊維は、悪玉菌が作り出す

有害物質を外に排出する働きがあり

善玉菌の栄養素にもなるので

 

日頃から食物繊維が多く含まれている

食べ物を取り入れましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

ウェルシュ菌については

伝わりましたでしょうか?

 

 

ウェルシュ菌が体内に取り込まれると

下痢や軽い腹痛などの症状を

引き起こしますが

 

通常は1日~2日で自然と良くなる為

少しお腹の調子が悪いなと

軽視しがちです。

 

しかし、カレーやスープなど

作り置きに便利な食品で増殖しやすく

夏場は特に食中毒が発生しやすいため

予防や対策を心がけましょう。

 

Sponsored Links by rakuten

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax



関連記事