日本には1年を通していろんな

行事がありますね。

 

しかし、江戸幕府はたくさんあった

節句の中から五つを公式な式日に定め

それらは「五節句」と呼ばれて

います。

 

 

そして、9月9日は

「重陽(ちょうよう)」の節句とされ

多くの節句と同様に

中国から伝わってきたものです。

 

しかし、同じ五節句と呼ばれながらも

  • 1月7日 七草の節句 
  • 3月3日 桃の節句(雛祭り)
  • 5月5日 端午の節句
  • 7月7日 七夕の節句(七夕祭り)
  • 9月9日 重陽の節句

など、現代において重陽の節句だけが

どちらかと言えば目立たない

存在になっています。

 

では、なぜ重陽の節句は一般に

浸透しなかったのでしょう?

 

また、その由来ややるべき行事など

実はあまりよく知らないという方も

多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は

重陽の節句とは?
意味や中国の由来は?

重陽の節句の着せ綿や雛人形の
準備は?

行事食で用意する食べ物は?
和菓子や菊酒とは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



重陽の節句とは?意味や中国の由来は?

 

まずは、「重陽の節句」とは

一体なんなのかという

基本的なことからお伝えします。

 

 

重陽の節句の由来ですが

中国には陰陽思想というものがあり

全てのものは「陰」と「陽」で

成り立っているという考えがあり

 

そして、数字の奇数は「陽」を表し

「九」という数字は陽の気が

極まった数字と考えられていました。

 

その為、9月9日は「陽」が

「重」なる日でめでたいため

「重陽の節句」と定め

 

不老長寿や繁栄を願う行事を

してきました。

 

しかし、9月9日は最も陽の気が

強い数字が重なったおめでたい日で

あるとともに、あまりにも陽の気が

強いため、不吉という考えも

ありました。

 

その為、菊を用いて不老長寿を願い

菊の香りを移した菊酒を飲んだり

その一方で邪気を払い長命を願う

という風習が行われていました。

 

菊が用いられた意味については

菊は古来より薬草としても用いられ

延寿の力があるとされ

 

菊のおかげで少年のまま700年も

生きた「菊慈童(きくじどう)」

という伝説もあり

 

また、4世紀に記された書物には

菊が群生している谷を下ってきた

水を飲んだ村人たちが長寿になった

という「菊水伝説」があり

 

中国では菊が、長生きの効果がある

花と考えられ、古代より

  • 翁草(おきなくさ)
  • 千代見草(ちよみくさ)
  • 齢草(よわいくさ)

と呼ばれ、積極的に食されて

きたのです。

 

 

中国では漢時代(前206~8年)より

重陽の節句を正式な行事として定め

当時は盛大に行われ

2~3日続いたといわれています。

 

そして、重陽の節句は日本には

平安時代の初めに伝わり

当時の宮中では観菊の宴が

催されていたと言われています。

 

菊といえば晩秋の花という印象ですが

旧暦の9月9日は新暦の10月中

ごろにあたり

まさに菊の美しい季節でした。

 

また、他の花に比べ花期も長く

日本の国花としても親しまれて

います。

 

その為、「菊の節句」や「菊の宴」

とも言われています。

 

そして、重陽の節句の時期は

収穫の時期にもあたるため

庶民の間では

  • 「栗の節句」
  • 「お九日(くんち)」
  • 「長崎くんち」
  • 「唐津くんち」

などとして浸透し、そのお祝いを

していました。

 

その名残で、今も太宰府天満宮の

秋思祭(しゅうしさい)など

各地で菊を愛でる祭りや行事が催され

 

「長崎くんち」は長崎の氏神

「諏訪神社」の秋季大祭で

奉納の舞は国指定重要無形文化財

にも指定されています。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

さらに、華道を嗜む者にとって

この日はとても大切な日とされ

華道では節目節目に

その季節の象徴とされる花1種のみで

お生花を生けますが

 

お正月に若松だけでいけられた

生け花同様に、重陽の節句では

菊のみを使ったお生花(せいか)を

いけます。

 

しかし、時代と共に重陽の節句の

お祝いをするご家庭は

だんだん少なくなってきている

ようです。

 

その理由としては、今使っている

新暦と旧暦のずれにより

菊の花の盛りであるシーズンに

ずれが出来たためだと考えられます。

 

現在の9月9日と言えば

まだ残暑厳しい盛りで

菊が美しく咲く盛りのシーズンには

早すぎるのです。

 

もうひとつ、重陽の節句の風習が

すたれたと考えられる理由は

 

中国ではめでたいとされる

陽数(奇数)の最大数「9」が重なる

重陽の9月9日はとても

縁起の良い日ですが

 

日本では9と言う数字が「苦」を

連想させることから

逆に縁起の悪い数字とされ

 

日本では「苦が重なる」という

イメージとなり、お祝いの習慣が

すたれたとも考えられます。

Sponsored Links



重陽の節句の着せ綿や雛人形の準備は?

 

とは言え、他の五節句同様に

重陽の節句も楽しみたいものです。

 

旧暦の9月9日の重陽には

まだ菊も栗も出回っていないため

何もできませんが

 

栗や菊が出回り始めたら

始めてみましょう。

 

 

現に、現代は時期をずらして

十月中旬以降にいろんな行事が

開催されることが多いです。

 

行事の内容と楽しみ方としては

菊の香りには邪気を払う力があると

信じられていたため

主に菊を使った催しが多く

 

まず、「菊湯」や「菊枕」などがあり

重陽の節句の日に、菊を湯船に

浮かべた菊湯に入ったり

 

乾燥した菊の花びらを詰めた

菊枕で眠ったりし

 

「茱萸嚢(しゅゆのう)」という

呉茱萸(ごしゅゆ)の実を

緋色の袋に納めたものを

身に着けたり、飾ったりして

厄除けをします。

 

また、「菊合わせ」と呼ばれる

大切に育てた菊を持ちより

その美しさを競う催しが

現在も各地で行われています。

 

そして、重陽の節句で一番有名な

行事が「着せ綿(きせわた、被綿)」

です。

 

9月9日の前日に菊の花の上に

シルクの綿を被せておくことで

菊の朝露が豊潤な香りとともに

綿に移るので、その露を含んだ

綿で9日9日の朝に体を拭いて

お清めするのです。

 

古来から菊は霊力を持った植物と

考えられており、菊の露で体を

清めることで菊の霊力に加護され

若返るとも言い伝えられています。

 

さらに、重陽の節句とともに

注目されているのが

「後の雛」です。

 

 

後の雛とは、桃の節句(雛祭り)で

飾った雛人形を、半年後の

重陽の節句で虫干しを兼ね

再び飾り

  • 健康
  • 長寿
  • 厄除け

などを願う風習です。

 

地方によっては

「鬘子節供」(かずらこせっく)と

呼んで、雛草で作った人形を供えたり

流し雛をするそうで

 

俳諧の世界では

  • 「後の雛」
  • 「秋の雛」
  • 「菊雛」

などが秋の季語になるほど

昔から行われていたようです。

 

後の雛は、重陽の日付を尊重し

9月9日か、もしくは昔の季節感を

活かして旧暦の9月9日である

新暦の10月の中ごろの月遅れの

10月9日などに楽しむことが

できます。

 

準備としては、桃の節句では

桃の花が添えられますが

重陽は菊の節句ということで

菊の花が添えられますので

 

華やかな中にも落ち着いた

大人の雰囲気が漂います。

Sponsored Links



行事食で用意する食べ物は?和菓子や菊酒とは?

 

また、重陽の節句では行事食とも

呼べる、用意する食べ物などが

あるので

 

せっかくですからそれらも

楽しみたいものです。

 

 

 

まず、重陽の節句で楽しむ食べ物には

栗ご飯があります。

 

重陽の節句で食べられるように

なったのは、江戸時代からで

そのため、江戸時代では庶民の間で

重陽の節句は「栗の節句」とも

呼ばれていました。

 

また、昔から庶民の間で茄子を

食べると中風にならないという

言い伝えがあり

 

中風とは、半身不随や言語障害など

脳血管障害の後遺症として現れる

症状のことをいいます。

 

 

その為、重陽の節句には

秋茄子の煮浸しや焼き茄子などが

食卓に並びます。

 

そして、食材として栽培された

食用菊は昔から親しまれ

  • おひたし
  • お吸い物
  • サラダ

などが人気で

 

優れた抗菌作用で食中毒を

防ぐ役割もあります。

 

それ以外にも重陽の節句では

もちろん食用の菊も食べられますが

菊をかたどった様々な和菓子を

楽しみます。

 

重陽の節句の時期になると

砂糖菓子や最中、羊羹など老舗の

和菓子屋で美しい菊の和菓子を

手に入れることができます。

 

さらに、平安時代から重陽の節句では

「菊酒」を楽しむ風習があり

 

 

菊酒とは、蒸した菊の花を冷酒に

一晩漬け込んだもので

菊の豊かな香りとお酒のおいしさを

一度に楽しめるため

めでたい日である重陽の節句に

相応しい習わしい飲み物です。

 

本来は菊を漬け込んで作りますが

お酒に菊の花びらを浮かべてみる

だけでも風流な気分が味わえます。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

重陽の節句については伝わりました

でしょうか?

 

 

重陽の節句は五節句のひとつですが

注目されることが少なくなって

来ていますね。

 

しかし、重陽の節句の由来

行事の内容を知っておくと

楽しめるはずです。

 

その際は、中国では邪気を払いや

長寿の効能があると考えられていた

菊を用いて、重陽の節句を

祝いましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax