太るのが心配?カシューナッツのカロリーや糖質に摂取量は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

独特の食感と甘い口当たりが

魅力のカシューナッツは

料理にも良く用いられ

世界中でも人気の高いナッツです。

 

しかし、ただ美味しいだけではなく

優れた美容・健康効果をもっている

ことでも知られています。

 

 

ただ、そんな手軽に食べられる

お馴染みのカシューナッツについて

 

食べ過ぎに気をつけなければならない

理由や1日にどれぐらい摂取するのが

効果的なのか

 

実はあまりよく知らないという方も

多いようです。

 

 

そこで今回は

 

知ってるようで知らない
カシューナッツとは?

カシューナッツの意外な効果とは?

太るのが心配?カロリーや糖質に
摂取量は一日何グラム?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links



知ってるようで知らないカシューナッツとは?

 

様々なナッツ類が注目を集める中で

カシューナッツというものは

古くから日本でも親しまれてきた

ナッツの1つ。

 

 

そんなカシューナッツとは

中南米原産のウルシ科の常緑高木

「カシュー」の種子で

 

カシューの木は

多雨過湿と寒さに弱く、適度な

降雨量のある熱帯地域と亜熱帯地域を

好み、樹高は8~15mまで成長し

ます。

 

開花時期は11月から3月で

雨が少ない時期に開花し

開花後およそ2ヶ月から3ヶ月で

結実・完熟します。

 

日本ではカシューの木は

「カシューナットノキ」と呼ばれ

その独特の形をした実から

「勾玉の木」とも呼ばれ

 

スペイン語圏では

「セミージャ デ マラニョン」と

呼ばれ、どこのスーパーでも

売っているとても人気のナッツです。

 

実は、カシューナッツが世間に

広まったのは比較的遅く

1850年代と言われ

 

ブラジルにポルトガルが進出した際

現生していたカシューを実用樹として

世界に広めたのがきっかけと

言われています。

 

その為、カシューの名の由来は

ブラジルのツピ族の言葉

「アカジュ(ゥカジュー)」が

16世紀にポルトガル人に

「カジュー」と伝わり

 

その後さらに「カシュー」と

変化して伝わったと言われています。

 

当時もカシューナッツを食用として

重宝していたのはもちろん

分枝して枝を張る特徴から

防風林としても用いられていました。

 

その後、食用としてはインドで

大規模な加工工場が作られるように

なり、輸出され世界的に知られる

ようになりました。

 

ちなみに、日本ではカシューナッツは

おつまみとして親しまれていますが

中国ではカシューナッツは広東料理の

「鶏肉のカシューナッツ炒め」の

ように炒め物の具材として用いる

ことが多く

 

種子をカシューナッツと

呼ぶのに対し、果肉の部分は

「カシューアップル」と呼ばれ

こちらも食用として用いられ

 

中南米ではカシューアップルを

絞ってジュースにして飲み

インドでは果汁を発酵させて

お酒が造られています。

Sponsored Links



カシューナッツの意外な効果とは?

 

カシューナッツは風味や食感が優れ

おやつやおつまみに最適なナッツの

1つですが、もちろんそれだけでは

ありません。

 

 

カシューナッツには

亜鉛や鉄などのミネラルも豊富で

カシューナッツ100gには

一日に必要な

マグネシウムの90%
亜鉛の70%
リン80%

などが摂取できます。

 

特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を

高める効果があるので

育ち盛りの子供や骨粗しょう症予防

として高齢者におすすめです。

★売れ筋ナンバーワン!?カシューナッツ★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

また、ビタミンB1も豊富なため

  • 生活習慣予防
  • 貧血対策
  • 便秘の改善

などの健康効果が期待でき

 

さらに、女性にうれしい美容効果も

豊富で、ダイエット効果の期待できる

食物繊維が豊富ですので

お通じの改善も期待できます。

 

そのほかにも、カシューナッツは

脂肪分が多いですが約60%が

オレイン酸で構成され

 

オレイン酸は「不飽和脂肪酸」として

「身体に良い油」ということで

有名ですが

 

コレステロールの排出効果や

生活習慣病の予防効果も期待でき

ます。

 

そして、ブラジル北東部の少年少女は

この果肉部分にかぶりついて

果肉に含まれるジュースを

好んで飲んでいますが

 

オレンジ色の果肉部分には

ビタミンCが豊富で

100gのピューレだと一日に

必要な量の約2.5倍のビタミンCが

摂取でき

 

皮膚炎、口内炎を予防する

効果のあるナイアシンは

必要量の10%強が含まれています。

Sponsored Links



太るのが心配?カロリーや糖質に摂取量は一日何グラム?

 

しかし、驚くべき栄養効果が

あるカシューナッツですが

やはり気になるのはそのカロリーや

糖質ですね。

 

ナッツ類は太るのではという心配も

あります。

 

 

たしかにカシューナッツの100g

あたりの栄養価を1粒あたりで

見てみると

 

1粒が約1.5gですので

カロリーは約9kcalとなり

糖質は0.4gとなります。

 

ナッツ類の中でも糖質が多く

エネルギー補給に適してはいますが

食べ過ぎには気をつけたいところ

です。

 

摂取量は一日何グラム?

 

その為、一日の摂取量は25g程度と

され、ちょうど手のひらに収まる

くらいにしておきましょう。

 

また、カシューナッツの効果的な

食べ方としては、栄養分が豊富であり

健康・美容効果の期待できる

ナッツですが

 

アンチエイジングに重要な

「ビタミンE」と「たんぱく質」を

摂取するために、牛乳と一緒に食べる

のがおすすめです。

 

 

牛乳にはタンパク質の吸収率を

上げる効果があると言われ

ビタミンEが豊富なカシューナッツと

非常に相性が良いです。

 

また、不足している栄養素の観点から

小魚と一緒に食べると不足しがちな

食物繊維とカルシウムを同時に

摂取することが出来る食べ方となり

特に子供や高齢者におすすめです。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

「太るのが心配?カシューナッツの
カロリーや糖質に摂取量は?」

については伝わりましたでしょうか?

 

 

 

今回お伝えした内容は

 

カシューナッツとは?

中南米原産のウルシ科の常緑高木
「カシュー」の種子です。

 

意外な効果とは?

特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を
高める効果があるので
育ち盛りの子供や骨粗しょう症予防
として高齢者におすすめで

また、ビタミンB1も豊富なため

生活習慣予防
貧血対策
便秘の改善

などの健康効果が期待できます。

 

カロリーや糖質は?

1粒あたりで見てみると
1粒が約1.5gで
カロリーは約9カロリーとなり
糖質は0.4gとなります。

 

摂取量は一日何グラム?

一日の摂取量は25g程度とされ
ちょうど手のひらに収まるくらいに
しておきましょう。

 

Sponsored Links by rakuten

 

カシューナッツは

そのままおつまみとして食べる

だけでなく

 

炒め物やサラダに入れても美味しく

十分に料理のアクセントになってくれ

 

その摂取量について気をつければ

美容・健康の心強い味方となって

くれますので、積極的に摂取する

ことをおすすめします。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク