こんにちは(´・ω・`)

世の中には同じようなものでも

意外に違うものや、勘違いしている

ものってありますよね。

 

カフェオレとカフェラテの違いも

その一つ。

 

カプチーノやコーヒー牛乳など

区別は意外にあやふやな物です。

 

img-56363466

 

実はそのことで多くの方が

モヤモヤしているご様子。

 

「カフェオレとカフェラテの違いを
       説明できますか?」

 

「オレ?ラテ?の違いを
       教えてください。」

 

「味も違うんでしょうか?」

 

「普段なんとなく飲んでますが
     違いがわかりません。」

 

「カフェラテとカプチーノの違いが
    わかる人いますか?」

 

「カフェオレはフランス語で
   カフェラテはイタリア語?」

 

「違いを簡単に言うと何ですか?」

 

「大好きなのですが」

 

「カフェによって置いてある
       名前が違うので」

 

「日本語にすると全部コーヒー牛乳
       なんですよね?」

 

「味も割合もほとんど同じ」

 

「量が少なく、高いのでしょう?」

 

「買うときよく違いが
      わからなかったので」

 

などなど

その違いが気になるご様子。

 

images-3

 

そこで今回は

カフェオレとカフェラテの違いに

ついて

 

カプチーノやコーヒー牛乳とは

違うのかや、その作り方や飲み方に

カロリーの違いや、そもそも何語で

意味や割合の定義はあるのかなど

 

雑学を交えながらお伝えしたいと

思います。

 

★関連記事はこちら★
スタバのサイズの名前や読み方とは?
お得な容量や値段は?グランデに
ベンティとは?

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



カフェオレとは?何語で意味や割合の定義は?

 

コーヒー通の方ならともかく

通でないとカフェオレと

カフェラテの違いはよくわかり

ませんね。

 

images-3

 

全国の20代から60代の

男女1684人を対象に

質問をしてみたところ

  • わからない:49.9%
  • わかる:50.1%

という結果に。

 

およそ半数の人はその違いに

ついてよく分かっていないとのこと。

 

どれも、牛乳を使用する点では

共通していますが

実は、作り方や材料に違いが

あります。

 

ではそれぞれの特徴から

お伝えしていきます。

 

カフェオレとは?

 

カフェオレのイラスト

 

カフェ・オ・レはフランス語で

(フランス語: cafe au lait)

「cafe カフェ」はコーヒー。

「au オ」は前置詞 “

「lait レ」 はミルク(牛乳)の

意味です。

 

一般的に、比較的浅煎りの

酸味が多く、苦みが少ない豆を使い

ペーパーでドリップしたコーヒーが

使われます。

 

★関連記事はこちら★
冷蔵庫?冷凍?正しいコーヒーの
豆や粉の保存方法は?容器に期限や
期間は?

 

コーヒーに入れるミルクには

  • 普通に牛乳を温めたミルク

  • 牛乳を蒸気の熱で温めた
    スチームミルク

  • 牛乳を蒸気の熱と空気で
    温めながら泡立てた
    フォームミルク

があり

 

カフェオレに使われるのは

普通に牛乳を温めたミルクで

コーヒーとミルクの分量は5対5が

基本の配分となります。

 

 

ただし、この割合の定義は

守らなくてはいけないというものでは

なく、あくまでミルクの量は

個人の好みで割合を変えてOKです。

Sponsored Links



カフェラテとは?何語で意味は?作り方や割合の定義は?

 

では、カフェ・ラテは?というと

イタリア・ヴェネツィアにある

喫茶店「カッフェ・フローリアン」が

発祥の地と言われています。

 

images

カフェ・ラテは

イタリア語の造語です。

 

カフェ・ラッテ(Caffe Latte)の

ラテはミルク(牛乳)の意味。

 

ちなみに、より発音に忠実にすれば

「カッフェ・ラッテ」になります。

 

イタリア語では

カッフェッラッテ(Caffellatte)

と続けたり

カッフェ・エ・ラッテ
(Caffe e Latte)

とも言うことがあります。

 

日本でも、森永乳業が1991年に

「カフェラッテ」を商標登録して

 

いるものの、1996年に日本に

進出したスターバックスなどの影響に

より、アメリカ式のカフェバーが

浸透し始めると、アメリカ式の

発音の「カフェラテ」という

表記も多く使用されるように

なりました。

 

イタリアでCaffeといえば

エスプレッソのことをさし

カフェラテに使うコーヒーも

カフェオレと違い

「エスプレッソ」を使います。

 

エスプレッソとは

深煎りで細かく挽いたコーヒー豆を

エスプレッソマシーンなどに

充填(じゅうてん)し

沸騰水で抽出されたコーヒー。

 

 

普通のコーヒーカップの

半分ほどの大きさで提供されるため

デミタスとも呼ばれることも

あります。

(demiは半分、tasseは
       カップの意味です。)

 

ですので、カフェラテは

エスプレッソ2割に対し

ミルク8割の割合が一般的で

スチームミルクが使われます。

 

もとも常温のミルクでしたが

アメリカ式がメジャーになり

ホットミルクを入れるように

なりました。

 

また、コーヒーを一杯飲むと

100~120mg程度の

カフェインを摂取することに

なりますが

 

エスプレッソはカップの容量は

だいたい30mlで、一杯あたりの

カフェイン量は約30mgとなり

カフェインの量が少ないのも

特徴です。

Sponsored Links



カフェオレとカフェラテの違いとは?飲み方にカロリーや味は?

 

カフェ・オ・レもカフェ・ラテも

言語やコーヒーの違いはあるものの

日本語に直訳すると

「ミルク入りコーヒー」

「コーヒー牛乳」となります。

 

gatag-00001258

 

ではさらに、その違いについて

お伝えします。

 

違いその1 「味が違う」

 

ドリップ・コーヒーとエスプレッソの

違いはコーヒーの豆や作り方も違う

のでコーヒーの味が違います。

 

当然、ミルクを入れる量は違いますが

エスプレッソを使う分カフェラテの

方が味は濃く、旨味が凝縮され

 

カフェインが少ないコーヒー牛乳と

なり、カフェオレはマイルドと

いうか、おうちで飲むような

一番優しい味わいのコーヒー牛乳と

いうところです。

 

甘さについては、加える砂糖の量に

よって違ってきますが、無糖という

事を考えますと、カフェラテは

使用するコーヒーがエスプレッソと

いうことで、カフェオレに比べて

苦味を感じるかもしれません。

 

 

違いその2 「飲み方」

 

カフェ・オ・レは比較的

大き目のカップやカフェオレ・ボウル

などで飲まれるのが一般的です。

 

 

エスプレッソは少し小さめの

カップ&ソーサーが使われ

温めた牛乳を入れ

その上に少量の泡を乗せた

ラテアートは女性に人気ですね。

 

 

違いその3 「カロリー」

 

仕上がり量が同じ量だとすると

一般的な作り方で作った場合

コーヒー50%:ミルク50%の

カフェオレに比べ

 

コーヒー20%:ミルク80%の

カフェラテの方がミルクの使用量が

多く、カロリーも高くなると

言うことになります。

 

しかし、量の比率はもちろん

自由ですので調節は可能ですが

カフェオレと同じ量のエスプレッソで

カフェラテを作ると結構苦いですw。

Sponsored Links by rakuten

カプチーノとは?コーヒー牛乳と違うの?

 

ここまではカフェオレとカフェラテの

違いについてお伝えしてきましたが

同じような飲み物に、イタリア発の

「カプチーノ」という物もあり

 

実は使われている材料は

エスプレッソとミルクです。

 

images-2

 

つまり、カプチーノも

コーヒー牛乳となります。

 

では、どちらもイタリア発で

エスプレッソ+ミルクの

カフェラテとカプチーノとの

違いとは一体なんなのでしょうか?

 

カプチーノ(cappuccino)は

イタリアで好まれている

コーヒーの飲み方の1つで

本来の発音は「カップッチーノ」に

近いのですが

 

意外とカフェラテと

カプチーノを

混同されている方もいますが

実は、ミルクの量と質が違います。

 

イラスト

カフェラテの割合は

エスプレッソ 20%
ミルク    80%

で、泡が立たないよう

温めたミルクを使うのに対して

 

カプチーノの割合は

エスプレッソ   30%
スチームミルク  30%
フォームミルク  40%

の割合か

それぞれ1対1対1の割合が

一般的です。

 

割合はお店によって多少違いは

ありますが、フォームミルクが

入っているかどうかに違いが

あります。

 

 

つまり、ミルクがあわ立っているのが

カプチーノです。

 

泡の口当たりが楽しく

また、好みでシナモンや

ココアパウダーをトッピングする

こともあります。

 

Sponsored Links by admax



 

ちなみに

似た飲み物には

 

 

「カフェモカ」

エスプレッソにチョコレート

シロップを追加して飲んだり

スチームミルクが使われ

ココアや、ホイップクリームが

トッピングされたりもします。

 

 

 

「ウインナーコーヒー」

ドリップコーヒーにクリームを

乗せたものがです。

 

 

 

「カフェ・コン・パンナ」

エスプレッソの上に

ホイップクリームを浮かべたもの。

 

 

 

「カフェ・マキアート」

エスプレッソにフォームミルクを

加えた飲み物。

 

 

 

「フラットホワイト」

オーストラリアやニュージーランドで

よく飲まれる

エスプレッソ版カフェオレ。

 

mig

 

「カプチーノ・コン・カカオ」

カプチーノにココアパウダーを

加えたもの。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

 

「キャラメル・カプチーノ」

カプチーノにキャラメルシロップ

加えたもの。

 

img_0

 

 

「ソイチーノ」

ミルクの代わりに豆乳を加えたもの。

 

 

 

などなど

トッピングの違いに

よってさまざまな種類があります。

 

コーヒーの名前は面白いですね。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめヽ(´▽`)/

 

いかがでしたか?

カフェオレとカフェラテの違いに

ついては伝わりましたでしょうか?

 

今回のポイントは?

 

images-1

 

 

カフェオレとは?何語で意味は?

カフェ・オ・レはフランス語で
(フランス語: cafe au lait)

「cafe カフェ」はコーヒーのこ。
「au オ」は前置詞 “
「lait レ」 はミルク(牛乳)の
意味です。

 

カフェラテとは?何語で意味は?

カフェ・ラテは
イタリア語の造語です。

カフェ・ラッテ(Caffe Latte)の
ラテはミルク(牛乳)の意味。

 

作り方や割合の定義は?

カフェオレに使われるのは
普通に牛乳を温めたミルクで
コーヒーとミルクの分量は5対5が
基本の配分となります。

カフェラテはエスプレッソ2割に対し
ミルク8割の割合が一般的で
スチームミルクが使われます。

 

カフェオレとカフェラテの違いとは?

カフェ・オ・レもカフェ・ラテも
言語やコーヒーの違いはあるものの
日本語に直訳すると
「ミルク入りコーヒー」
「コーヒー牛乳」となります。

その他の違いには

味が違う
飲み方が違う
カロリーが違う

 

カプチーノとは?

カプチーノの割合は

エスプレッソ   30%
スチームミルク  30%
フォームミルク  40%

の割合か

それぞれ1対1対1の割合が
一般的です。

つまり、カプチーノも
コーヒー牛乳となります。

 

ですヽ(´▽`)/

 

Sponsored Links by admax



 

それぞれの名前が違うだけあって

特徴を掴めばその違いもわかり

やすくなりますね。

 

次に、これらの飲み物を飲む際に

今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事