こんにちは

世の中には知っているようで

知らないことって多いですよね。

 

そんな中に、同じよな物でも

意味が違ったり、形がちがったりする

物があります。

 

イラスト

 

「ブラウス」や「シャツ」

そして

「ワイシャツ」などもその一つ。

 

自分では分かっているつもりでも

 

人に説明できないという方は

多いのではないでしょうか?

 

「学生の時の制服で
       気になっていた・・」

「男だからわからなくて・・・」

「クリーニングに出すときの
     値段が違うのはなぜ?」

 

などなど

実は多くの方が

もやもやした状態。

 

イラスト

 

そこで今回は

ブラウスとシャツ、そしてワイシャツ

の違いについて 

雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

普段から気になっていた方や

クリーニング店や服を購入するときに

悩まれている方のために

お役に立てればと思います。

 

それではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



ブラウスとシャツとワイシャツの違い

 

現在、日本では男性物のシャツを

「ワイシャツ」

女性物のシャツを

「ブラウス」

という呼び方が一般的ですね。

 

イラスト

 

またシャツは、上着の汚れ移りを防ぐ

下着としてスタートしましたが

ブラウスは上着として出てきた

ものです。

 

そして、ワイシャツが男性用として

作られたていた事に対し

ブラウスは女性用として丸みがあり

レースなどの可愛らしい物も

あります。

 

このように

 

  • 男性用なのか
    (ワイシャツ)

     

  • 女性用なのか
    (ブラウス)

     

  • 上着として作られたのか
    (ブラウス)

     

  • 下着としてつくられたのか
    (シャツ)

 

によって区別します。

 

またワイシャツとブラウスでは

ボタンの向きが違います。

 

イラスト

 

諸説あるようで

ボタンがついた服がでてきたのは

13世紀頃のヨーロッパ。
 

当時、ボタンがついているような

高級な服を着れたのは

上流階級の人だけ

 

男性は自分で着ていたのに対し

女性は衣服の着替えをメイドが

行っていました。

 

そこで、他人が脱ぎ着させやすい

ように、ボタンが逆になったと

言われています。

 

イラスト

 

 


そして、男性用と女性用の区別を

付けることで、洋服の値段を

吊り上げるためだったとも

言われています。

 

ですが、違いをより知るには

その成り立ちや用途を知ることで

解決します。

 

Sponsored Links



ブラウスとは?下着のような上着?


シャツなどは上に何か羽織る

下着として登場したのに対して

ブラウスはそれ一枚で着ることが

できるという前提で作られました。

 

イラスト

 


丈はウエストから腰のあたりまでが

一般的ですね。

 

ブラウスの語源は定かではなく

中世イギリスの「ブリオー」

(ワンピースの一種)や

農民や労働者の作業着として

使われていた

「ブルーズ」とされています。

 

また、ブラウスは女性の正装で

あるワンピースの上部が分かれた

物から発展したと言われたり

 

ズボンやスカートに裾(すそ)などを

入れて着ることが流行し

これを「ブラウジング」と

呼んだことから

ブラウスの語源になったとも

言われています。

 

今ではブラウスは女性、子供向けの

シャツの総称とされています。

 

Sponsored Links



シャツとは?もともと男性用!?

 


シャツは「肌着」から部屋着に

変わり、後に普段着となりました。

 

シャツは、男性がジャケットの下に

着るのが基本であった為

女性の肌着には使わない

名称でした。

 

イラスト

 

そのため一般には、男性用の物を

表すことが多かったのですが

今では肌着以外は女性用にも

使っている用語となっています。 

 

 

シャツの起源は古代ローマで

着られていた

「チュニック」と言われています。

 

ワンピースのような衣服で

当時は上流階級の人しか

着ることが出来ませんでした。

 

激しい装飾やフリル等が流行り

出しましたが

その後シャツは、簡素化への

道を進み始めた。

 

20世紀に入り、シャツの多様化が

進んだ為、シャツの種類の

大半は、この頃に誕生したと

言われています。

 

その後、ほぼ全世界に普及し

世界の共通的な衣類となりました。

 

Sponsored Links by rakuten

ワイシャツとは?和製英語!?本当は?

 

ワイシャツは省略された呼び方です。

 

ワイシャツとは和製英語で

本来は

「White shirt(ホワイト ショーツ)」

現在の「ドレスシャツ」に

同義します。

 

イラスト

 

その中で、フォーマルなデザインの

物を「ドレスシャツ」と言い、更に

この中で白いものを

「ホワイトシャツ」と言います。

 

日本ではこれを縮めて

「ワイシャツ」と

言うようになりました。

 

実は、男性用のワイシャツが長いのは

1930年代にブリーフなどの

下着が登場するまでは、男性用の

下着がなく、シャツを使い

股間で止めていたためと

言われています。

 

イラスト

 

 

対照的にブラウスなどの裾(すそ)が

短いのは早くから女性用の下着が

あったからと言われています。

 

またワイシャツはカッターシャツとも

呼ばれますね。

 

このカッターシャツの由来は

日露戦争の勝利の記念に、スポーツ

用品メーカー(現在のミズノ)が

「勝ったーー! シャツ!!」として

売り出したことによるものです。

 

 

ワイシャツは下着由来なので、欧米の

伝統を重んじる人には

オフィシャルな場でワイシャツ姿に

なることを嫌がる人もいます。 

 

現在、日本では色や模様に限らず

男性物のシャツを「ワイシャツ」

女性物は「ブラウス」という呼び

方が一般的になっています。

Sponsored Links by admax



クリーニング店で料金が違う?その理由とは?

 

クリーニング店にワイシャツと

ブラウスを出しにいった時

「料金がちがう・・・。」

このような経験をしたことは

ありませんか?

イラスト

 


実際に経験したことがある方や

普段疑問に思ったり

店によって判断も違うし、聞いても

腑に落ちない答えが返って来たり。

 

クリーニング店の人も、大量に

持って来られても、混ざっていたら

わからないこともあるらしいです。

 

この料金の違いには

男性用の「ワイシャツ」と

女性用の「ブラウス」の作業工程と

素材が関係しています。 

 

 

男性用のワイシャツは基本的には

機械でプレス出来る物が大半です。

 

ワイシャツの繊維素材は、綿もしくは

ポリエステル。

 

イラスト

 

どちらの素材も耐洗濯性があり

はじめから終わりまで機械で

行えます。

 

ですので、ほかの品より安い

値段でできるんです。

 

ちなみに回転の早い男性用の

ワイシャツは他の衣類を同時に

もって来てもらえるという

思惑もあるようですw。

 

そんなワイシャツとは正反対の

ブラウスは、胸のふくらみや腰の

絞りなどで機械で大量に仕上げる

ことができません。

 

また女物のブラウスは、繊細なので

手でアイロンすることも多く、その分

料金が高くなっています。 

 

 

しかし最近では個性的でおしゃれな

ワイシャツも多く

クリーニング店でも困っている

そうですね。

Sponsored Links by rakuten

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

成り立ちや、一つ一つを細かく

知ると違いが分かりやすく

なりますね。

 

point

 

 

  • ブラウスは女性用で上着

     

  • シャツは男性用の下着だった
    今は男女の区別はない

     

  • ワイシャツは省略された呼び方

 


このように違いや区別ができると

楽しくなりますね。

 

このような関連した記事も

随時更新していきます。

 

Sponsored Links by admax



 

 

 ★関連記事はこちら★

 

最後までお読みいただき

ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook

などでシュアしてもらうと

今後の励みになりますので

よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事