最近は、健康食品が色々と

注目されているようですが

 

体を動かし、健康やダイエットに

効果的な「ボルダリング」も

何かと注目を浴びているようです。

 

 

ボルダリングは、高価な用具は

必要なく、専用のシューズと

滑り止めのチョークを使って

壁や岩(ボルダ―)を登る

極めてシンプルなスポーツで

 

性別年齢を問わず、はしごが

登れる方なら誰でも気軽に始める

ことができので

 

本格的にアウトドアの

岩場を目指す方も、運動不足解消を

お考えの方にもおすすめです。

 

しかし、壁や岩を登るスポーツには

「フリークライミング」などがあり

この違いや、実際にどのような

楽しみ方や効果があるのか

 

実はあまりよく知らないという方も

多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は

ボルダリングとは?
意味やクライミングとの違いは?

やり方や時間に料金は?初心者が
やるコツは?

専用のシューズがいるの?
必要な服装や持ちものは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



ボルダリングとは?意味やクライミングとの違いは?

 

まず、ボルダリングを知る前に

クライミングについてお伝えします。

 

クライミングとは

自分の力で壁をよじ登るスポーツで

年齢、性別を問わず誰でも簡単に

始めることのできるスポーツです。

 

 

クライミングは全身運動のため

筋力はもちろん、バランスや

柔軟性が自然に身につき

 

また、女性のフィットネスや子供の

発育運動に最適と言われています。

 

さらに、誰でも子供のころに

木登りの経験があると思いますが

あの体験した達成感や爽快感

そしてスリルを感じ楽しむことが

できます。

 

そして、クライミングは昔と違い

今では誰でも始めることのできる

スポーツで

 

最近では専用のジムも増え

自然の岩や岩壁を登りにいかずに

クライミングジムなどで人口壁を

手軽に登ることができます。

 

もちろん、自然の岩や岩壁も

おすすめですので

ジムで登って楽しかったら

自然の岩も挑戦してみましょう。

 

しかし、そのクライミングには

さまざまな種類があり

世の中には

  • ロッククライミング
  • アイスクライミング
  • シャワークライミング

など、「登るスポーツ」がたくさん

あります。

 

ロッククライミングは岩を登り

アイスクライミングは氷の壁を

シャワークライミングは水に

濡れながら沢(川)を登ったり滝を

登ります。

 

この様に色々なクライミングの

種類がありますが

 

ボルダリングとは

この中の「ロッククライミング」の

一つです。

 

 

「巨石」の事を英語で

「ボルダー(boulder)」と言い

 

そこから巨石を登る行為という意味で

「ボルダリング(bouldering)」と

呼ばれ、ロープを使わずに5m以下の

それほど高くない壁を登る

手軽でシンプルなクライミングです。

 

ちなみに、「フリークライミング」も

ロッククライミングの一種で

自分の手足のみを使って

岩を登るスポーツです。

 

フリークライミングは

予め岩に設定されたルートを

地面から終了点まで一度も落ちずに

登りきることが主な目的です。

 

そして、もともとボルダリングは

フリークライミングの練習用として

行なわれてきたもので

 

1970年代頃にアメリカの

ヨセミテ渓谷を中心に定着したと

言われていますが

 

ヨーロッパの一部地域では

それ以前から行なわれていたとされ

古い歴史があると言われています。

 

ボルダリングではロープ使わない

代わりに厚い着地マットを敷き

ロープを使うクライミングと違い

一人でもはじめる事ができます。

 

その為、ロープの扱い方などを

覚える必要がないので手軽に

誰でも始めることができます。

 

 

また、ロープを使わない分

ボルダリングは

腕の筋肉がたくさん必要な

イメージがあると思いますが

 

ボルダリングは腕の筋力で

登るのではなく、全身をうまく使い

手より力の強い足も使って登ります。

 

もちろん、腕の筋肉も必要ですが

懸垂が1回も出来なくても登ることが

出来、逆に筋力があればいい訳では

ありません。

 

ちなみに、クライミングの

他の種類には

「リードクライミング」があり

 

クライマーと呼ばれる登る人と

ロープを操作して、落下時に

確保する人の二人一組で行う

クライミングです。

 

 

ボルダリングよりも

大きな岩や岩壁、人口壁を登りながら

ロープを支点(カラビナ)に掛け

登っていきます。

 

そして、リードと同じように

二人一組で行うクライミングですが

リードと違い、ロープがはじめから

上に掛かった状態で登り始める

「トップロープクライミング」が

あります。

 

ロープを掛ける動作がないので

登ることに集中でき

リードがまだ難しい方や初心者に

おすすめです。

 

さらに、これら以外にも

  • アルパインクライミング
  • マルチピッチクライミング
  • ルートクライミング

など、さまざまなジャンルがあり

意外に奥が深いため、混同される方も

多いようですね。

Sponsored Links



やり方や時間に料金は?初心者がやるコツとは?

 

道具を使うクライミングでも

体を使って登ると言うことは

一緒なので、ボルダリングで登る

技術を身につければ全ての

クライミングに役立ちます。

 

 

また、雑誌などでも紹介されて

いますが、ボルダリングは

フィットネス効果の高いスポーツ

としても注目され

 

全身運動のボルダリングは

  • 二の腕
  • ウエスト
  • ヒップ
  • ふくらはぎ

などを引き締める効果があると

言われています。

 

その為か、確かにボルダリングジムに

いくと女性の数が意外と多く

感じますね。

 

特に、スポーツジムでランニングを

したり、トレーニングマシーンを

使ったり、淡々とした運動が

苦手な人にボルダリングはおすすめ

です。

 

ボルダリングのやり方としては

壁を登ったり、降りたりを繰り返す

だけではなく

 

登るためのコースの様な

「課題」をこなす楽しさがあり

考えながら登らなければならない

ゲーム性の高いスポーツなので

 

その課題を次々とクリアしていくのが

ボルダリングの最大の楽しみで

飽きずに続けることができます。

 

しかし、最初から不安な方は

ボルダリングのハウトゥー本が

いくつか販売されているので

まずはボルダリングの本を探し

 

それらを買ってみると

ボルダリングの事がわかり

  • 必要な道具や選び方
  • テクニック
  • 楽しみ方
  • ボルダー(外の岩)

などの情報などが掲載されて

いますので参考にしてみましょう。

 

 

★ボルダリングのおすすめ本★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

また、You tubeでボルダリングの

動画を探してみるのも良いかも

知れません。

★関連動画はこちら>>>>★

 

そして、 実際にやってみるのが

一番ですので、ボルダリングジムに

行きましょう。

 

ボルダリングを始める場合

予約は必要ない所が多いですが

初心者講習などは別途予約が必要な

場合が極稀にあります。

 

ボルダリングジムの料金の平均は

  • 入会金(初回登録料)
    約500~1000円程度

  • 1日の施設利用料
    約1500~2000円程度

  • 月会員
    約10000円前後

  • シューズとチョークのレンタル代
    約500円程度

ですので、一般的なスポーツジムと

同じ感覚で初められます。

 

もしボルダリング自体が初めての方は

ボルダリングとそのジムの説明を受け

経験者でもそのジムのルールが

あったりしますので、初めての

ジムではスタッフの方に確認した

ほうがいいでしょう。

 

ボルダリングのルールは

難しいことではありませんので

講習はだいたい10分くらいです。

 

ボルダリングはホールドと呼ばれる

突起物のある壁を素手でガシガシ

登りますが

 

初級は、手だけ同じ色と記号を渡って

ゴールと書かれた記号を目指し

足は使いやすいホールドを

自由に選べます。

 

中級レベルになると、足も指定された

ホールドしか使えなくなるので大変で

 

その為、初心者がボルダリングを

最後まで登りきるコツとしては

コースを覚えることが大切です。

 

 

慣れている人はコースが

頭に入ってるのでどんどん登れますが

初めてだとコースが全然わかりません

ので、考えている内に

疲れてしまうため、体力が削られ

 

最後まで登れず断念する事が多いので

コースの把握が非常に重要です。

 

そして、スタートホールドを

両手で掴んでスタートし

 

指定されたホールドだけを使って

ゴールホールドまでたどり着き

両手で掴めば完登です。

 

しかし、あまり連続で登ってしまうと

1時間もせずに腕がパンパンになって

登れなくなってしまうので

 

せめて数分のインターバルを

開けながら登りましょう。

 

特に、初心者の方だと

1時間~2時間ほどやっていると

疲れがきて一番やさしい壁も

登れなくなってしまいますので

 

無理して長い時間登っていても

怪我のもとなので余力がある内に

帰りましょう。

Sponsored Links



専用のシューズがいるの?必要な服装や持ちものは?

 

ボルダリングに必要な持ちものは

  • クライミングシューズ
  • チョーク(滑り止め)
  • チョークバッグ

これらがあれば気軽に楽しめますが

 

ほとんどの事務でレンタルして貰え

道具のレンタル料金は

シューズが200円前後

チョークが100円くらいが相場です。

 

ただ、シューズをレンタルする場合

靴下が必要になる場合がありますので

靴下だけ持って行くように

しましょう。

 

 

また、ボルダリングの服装は

クライミング用のウェアはたくさん

販売されていますが

 

初めは動きやすいもので

あればいいので魅力的です。

 

★ボルダリンググッズ★
★楽天市場で探すなら>>>★

ただ、最初は半袖や短パンでも

いいのですが、ある程度筋力がつき

ホールドを勢い良く取れるように

なると

 

膝や肘を壁やホールドにぶつけやすく

擦り傷の原因となることがあるので

擦り傷に怯えながらでは

課題は楽しめませんので

長袖を着て思っきりぶつけましょう。

 

そして、ある程度ボルダリングに

慣れてきたらマイシューズや

専用ウェアも買い始めるのも

楽しみの一つですの

 

4-5級ぐらいからはおしゃれを

楽しんでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

ボルダリングについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

フリークライミングと

ボルダリングはどちらも

ロッククライミングの一種で

 

よく間違わられることが多いですが

それぞれに異なる点がいくつか

あります。

 

しかし、フリークライミングは

命綱などの安全装備が必要ですが

ボルダリングは必要としないため

手軽に始めることができます。

 

Sponsored Links by rakuten

 

最近ではボルダリングジムも増え

気になった方は一度体験してみては

いかがでしょうか。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax