トイレに行ったときに残尿感が

あったり、しみるように痛むなど

なにかおかしい症状があると

「もしかして膀胱炎?」と

心配になりますね。

 

 

女性がなりやすい病気として

知られている膀胱炎は

 

尿道が短いなど身体の仕組みと

女性に多い生活習慣が影響して

いると考えられています。

 

しかし、病院に行かなければ

いけないのはどんな症状のときか

また、自然治癒が期待できる

治し方はあるかなど

実は、多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

膀胱炎とは?女性がなりやすい
原因はストレスに性行為?

かゆみやむくみに血尿?
膀胱炎の症状は?

病院は何科?治し方や完治期間は?

膀胱炎の予防方法とは?
効く食べ物や飲み物は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



膀胱炎とは?女性がなりやすい原因はストレスに性行為?

 

膀胱炎には

  • 急性膀胱炎
  • 慢性膀胱炎
  • 間質性膀胱炎
  • 出血性膀胱炎

などがあり

それぞれ症状は似ていますが

 

いわゆる膀胱炎とは

「急性膀胱炎」のことで

 

尿意を感じてトイレに行っても

残尿感や、排尿後にヒリヒリする

痛みを感じたら

 

それは急性膀胱炎によるもの

かもしれません。

 

 

急性膀胱炎は、何らかの原因で

膀胱内に細菌が繁殖し

炎症を起こした状態です。

 

原因となる菌は

  • 大腸菌
  • 腸球菌
  • ブドウ球菌
  • 連鎖球菌
  • クラミジア(性感染)

などですが

 

圧倒的に多いのが大腸菌で

菌は外陰部から尿道口に入り

尿道を伝わって、膀胱に感染します。

 

本来なら、尿道口から細菌が

侵入しても、尿によって

菌は流されたり

 

健康な状態だと免疫機能が働くため

細菌は膀胱に辿り着いたとしても

無害化されます。

 

しかし、疲労やストレス

不規則な生活などにより

体の抵抗力が落ちていると

 

感染した菌は繁殖して

急性膀胱炎を発症してしまい

 

また、洗浄不足などの

不衛生といった理由により

細菌が繁殖しやすい環境が原因で

膀胱炎は発生することがあります。

 

ただ、20代から30代の女性は

一般的には体力もあり

病気にもなりにくいのですが

 

膀胱炎はこうした若い女性にも

多発している原因のひとつには

性行為からも細菌感染が起こる

ためです。

 

その他の膀胱炎の原因として

挙げられるのは

  • 加齢
  • トイレを長く我慢する
  • 前立腺炎などの疾患による
  • 尿道圧迫
  • 温水洗浄便座の使用

などが挙げられます。

 

 

つまり、膀胱炎自体は誰でもなる

可能性のある疾患ですが

 

男性の場合は外陰部が外にあるため

尿管が長く、細菌が膀胱へたどり

着くのが難しいのですが

 

女性の場合、男性と比べ

肛門や膣と尿道口が近く

尿道が短いという構造のため

 

膀胱炎は男性より女性に多い疾患で

進行すると日常生活に

支障をきたす事もあり

 

また、一度発症してしまうと

繰り返すことが多い病気なので

注意が必要です。

Sponsored Links



かゆみやむくみに血尿?膀胱炎の症状は?

 

膀胱炎はその名のとおり

尿をためる臓器である

「膀胱」の粘膜に炎症が起こる

病気でなので

 

特徴的な症状は

「頻尿」と「痛み」がでてきます。

 

 

具体的には

  • トイレに行ったばかりなのに
    またトイレに行きたくなる

  • トイレに行っても行っても
    まだ尿が残っている気がする

  • 排尿の終わり頃や始めに
    ヒリヒリするような痛み

などの症状が特徴です。

 

また、戦った白血球の死骸が

尿の中に出ることにより

尿が白く濁ったり

 

ときには炎症によって膀胱内部の

粘膜が傷つき微量の血尿が出る

こともあります。

 

さらに同時に足のむくみについても

感じてしまうことがあり

 

むくみが発生する原因についは

腎臓の機能の低下が大きく

関係していると考えられています。

 

そして、膀胱炎になると

同時に膣炎になってしまいうことが

あり、それによりデリケートゾーンの

急なかゆみが襲ってくることも

あります。

 

ただ、通常は膀胱炎では

熱は出ませんが

 

急性膀胱炎もひどくなると

細菌が膀胱から尿管に伝わって

腎盂腎炎を起こすことがあり

 

腎盂腎炎になると38度以上の

熱が出て、腰痛や背中の痛みが

起こるのが大きな特徴です。

 

 

そして急性の膀胱炎の症状が

慢性化すると、症状自体は

急性膀胱炎ほど激烈ではなくなり

 

尿に白い浮遊物が混じったり

なんとなくすっきりしない感じが

ずっと続くようになります。

 

しかし、炎症などによって

膀胱が過敏になると

「切迫性尿失禁」の

原因になるとも言われています。

 

これは、尿意を感じてもトイレに

間に合わない、あるいはトイレに

間に合ってもドアを占めたとたん

下着を下ろしている間に漏れてしまう

症状です。

 

本来ならば、排尿の準備が整って

脳から指令が出て初めて

膀胱が収縮し尿が出るのですが

 

切迫性尿失禁の場合

脳の指令に関係なく勝手に

膀胱が収縮し、尿が出てしまいます。

 

さらに、まだ日本には浸透していない

間質性膀胱炎は

細菌性の急性膀胱炎と同じような

症状が出ますが

 

抗生物質を飲んでも症状が

改善されないのが特徴です。

 

 

患者の約90%が女性で

年齢に関わらず発症するもので

 

心因性のものだと判断され

心療内科や精神科を受診するように

なる方もいますが

 

間質性膀胱炎は原因は

諸説ありますが、いまだにはっきりと

分かっておらず

 

間質性膀胱炎の原因と挙げられ

ものには

  • 膀胱粘膜の脆弱化
  • アレルギー反応
  • 知覚神経の過敏性反応
  • 膀胱組織の線維化

などが考えられています。

Sponsored Links



病院は何科?治し方や完治期間は?

 

急性膀胱炎の初期の場合は

自然治癒することがありますが

 

膀胱炎は重症化すると

どんどん痛みが増しますし

さらに腎臓に炎症が起きる病気に

移行する可能性もあります。

 

 

その為、膀胱炎は基本的には

医療機関で治療する病気ですので

 

まずは自己判断せずに

できるだけ早期に治療するように

したいものです。

 

では「膀胱炎かな?」と思ったら

病院は何科を受診すればいいの

でしょうか?

 

かかりつけ医がいなければ

近所の人がよく行く

  • 内科
  • 婦人科
  • 泌尿器科

に行きましょう。

 

ただ、通常の急性膀胱炎であれば

内科や婦人科等の他科で見て

もらうのは何の問題もありませんが

 

血尿が出た場合や、膀胱炎に

よくかかる人は

 

膀胱は排尿を担当する泌尿器ですので

専門の診療科は「泌尿器科」となり

なかなか治らない人は

泌尿器科を受診してください。

 

病院での治し方ですが

膀胱炎で泌尿器科などを受診すると

医師に呼ばれ、まず行われるのは

問診です。

 

多くは問診でわかる症状だけで

膀胱炎であると見当がつきますが

 

その後、まずは細菌に感染しているか

どうかの検査から始まります。

 

 

トイレで紙コップなどに

採尿して尿検査を行い

場合によっては超音波検査が行われ

その後、適切な治療法を行います。

 

ほとんどの場合

病院で抗菌薬(抗生物質)を

処方してもらい内服薬で治ることが

多いといわれています。

 

きちんと処方された

薬剤を飲みきれば短期間で治り

薬物投与で膀胱炎を治療してた場合

通常1~2日間で症状はよくなり

完治期間はおよそ3~7日間です。

 

しかし女性の場合、膣などに

残存している菌が原因となり

1年以内に再発を繰り返すことも

あります。

 

また、内服治療で改善がみられない

場合は、原因菌に対し耐性化している

可能性があるため

薬の変更が必要ですので

医師に相談してみましょう。

Sponsored Links by rakuten

膀胱炎の予防方法とは?効く食べ物や飲み物は?

 

膀胱炎は、早期治療で

それほど時間がかからず治療が

可能ですので、おそれず症状を

感じたらすぐに病院に行きましょう。

 

 

また、膀胱炎が治っても

繰り返さないために

膀胱炎の予防方法として

  • 外陰部は清潔に保つ

  • トイレを我慢しない

  • 水をたくさん飲む習慣

  • 排便後は、前から後ろに
    向けてふく

  • 性行為の後は早めの排尿で
    菌を出す

  • 睡眠不足や疲れを放って
    おかない

  • など生活習慣や体調管理に

気をつけましょう。

 

また、膀胱炎の予防には

  • 免疫力を高める
  • 細菌を抑える
  • 炎症を抑える

などの食べ物や飲み物を

普段から取り入れていくましょう。

 

膀胱炎に効くと言われている

食べ物としては

  • ヨーグルト
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • レンコン
  • ブルーベリー
  • パイナップル

 

飲み物としては

クランベリージュースといわれ

クランベリーには、細菌を抑えて

くれる効果があり

 

アメリカでは一般の人も

勧めるくらい知られています。

 

まずは自分の好きなものから

毎日の食事に意識して

加えていきましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

膀胱炎については伝わりました

でしょうか?

 

 

膀胱炎はなってしまうと

恥ずかしいし、あまり人に

相談しづらい病気です。

 

ただ、膀胱炎の怖さは

自覚症状が軽くなるともう大丈夫と

自己判断で済ますところにあります。

 

慢性化を防ぐには

早めに対応するのが大事です。

 

膀胱炎の治療自体はとても

簡単なものが多いので

最悪の事態は防げると思います。

 

Sponsored Links by admax



 

その為、疑わしい場合には

一度、医療機関に相談することを

おすすめします。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事