こんにちは(´・ω・`)

 

人は忙しい毎日の中で

日々病気の危険と隣り合わせです。

 

しかし、医療の目覚しい発展と共に

人類は予防をする方法も

開発してきました。

 

images-6

 

その一つに予防接種がありますが

最近ではその種類も多く

時期や回数などに戸惑うことも。

 

b型肝炎の予防接種もその一つ。

 

実はその事で多くの方が

お悩みのご様子。

 

「二回目の予防接種を間を空けずに
    接種をしてしまいました。」

 

「3回目はいつ接種するのが
         妥当ですか?」

 

「間隔が短くても問題はないの
        でしょうか?」

 

「うっかり二回目の接種のことを
      忘れてしまっていて」

 

「間隔をあけすぎてしまって」

 

「B型肝炎の予防接種の
    三回目はいつまでですか?」

 

「みなさんはどのように
     接種されていますか?」

 

「1週間後に、水ぼうそうの
予防接種を受けることは可能ですか」

 

「病院にはワクチンがないと
          いうことで」

 

などなど

いざ受けようと思うと

戸惑ってしまうようです。

 

81fc99b86b1a5f5cb4a9c7201bc2ec13-876x1024

 

そこで今回は

B型肝炎の予防接種は絶対必要?

正しい時期や間隔について

 

回数や費用の事、3回目が遅れた

場合にはどうすればいいのかや

また、他の同時接種はOKなのかや

副作用の事など

 

雑学を交えながらお伝えしたいと

思います。

 

★関連記事はこちら★

感染経路は唾液!?危険なC型肝炎の
原因や症状とは?治療で完治はする?
感染率や感染力に潜伏期間や予防は?
検査や費用は?

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

B型肝炎とは?その感染経路は?

 

肝臓に炎症を起こすウイルスは

数多くあります。

 

images-4

 

特に肝臓に感染しやすいウイルスを

肝炎ウイルスと言い、種類として

  • A型
  • B型
  • C型
  • D型
  • E型

があります。

 

B型肝炎とは

b型肝炎ウイルスが

主に血液や体液を介して感染して

肝炎を起こす病気です。

 

世界では、約3億人が感染し

それに関わる病気で

毎年約60万人もの人な亡くなられて

います。

 

日本でも、B型肝炎ウイルスの

感染者は約100人に1人と

推定され、B型肝炎は

HIV(エイズ)やC型肝炎ウイルス

よりも感染力が強いとされています。

 

★関連記事はこちら★

感染経路は唾液!?危険なC型肝炎の
原因や症状とは?治療で完治はする?
感染率や感染力に潜伏期間や予防は?
検査や費用は?

 

その感染経路は

主に感染している人の血液を介して

感染します。

 

e8bcb8e8a180

 

また、感染している人の血液の中の

ウィルスの量が多い場合に

その人の体液などを介して

感染することもあります。

 

しかし、健康な人の皮膚に

血液や体液が付着した程度では

感染しません。

 

感染する危険性があるのは

  • 感染者からの輸血や
    臓器移植等を受けた場合。

  • 感染者が使った注射器
    注射針を、くり返し
    使用した場合。

  • 感染者の血液が付着した
    針を、誤って刺した場合。

  • 感染者の血液が付着した
    カミソリや歯ブラシを
    使用した場合。

  • 感染している母親から
    生まれた子に対し
    母子感染防止策を
    講じなかった場合。

  • 感染者と性交渉を
    もった場合。

などがあり、その他には

 

保育園などで感染経路不明な

集団感染事例もあり

  • 唾液

などからも感染すると

言われています。

 

新生児の赤ちゃんの場合は

家族が噛み砕いた物を与えたりする

ところから感染すると言われて

います。

 

B型肝炎には

  • 一過性感染
  • 持続感染

という2つの感染様式があり

多くの感染者は一過性感染を

経て治癒します。

 

しかし、中には持続感染となり

生涯、B型肝炎ウイルスが体内に

残る場合もあります。

 

特に乳幼児ほどリスクが高く

現在大人でB型肝炎による

  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 肝がん

で苦しんでいる人たちの多くは

乳幼児期の感染が原因と

されています。

 

また、一過性感染は

  • 急性B型肝炎

  • B型肝炎ウイルス

  • 不顕性感染

に分けられ

 

持続感染も

  • B型肝炎ウイルス

  • 無症候性キャリア

  • 慢性B型肝炎

 

とに分けられます。

 

一過性感染の一型である急性肝炎は

感染して、早ければ1ヶ月後か

遅い場合でも6ヶ月の潜伏期間を経て

発症します。

 

1161077

 

これは、感染時のウイルス量と

感染したウイルスの遺伝子型により

発症までの潜伏期間が異なる

ためです。

 

症状としては

はじめは疲れやすいという症状から

始まり、次第に発熱や肝臓の機能が

悪化し、黄疸(おうだん)という

状態に至ります。

*黄疸とは
眼球や皮膚といった組織や体液が
黄色く染まる状態。

 

その為、黄疸が現れ

初めて診断される方も多く

見られます。

 

この場合、通常は1ヶ月~2ヶ月

程度の入院治療で改善します。

 

しかし、中には劇症肝炎といって

急激に肝臓の機能が悪化して

命を落とすこともあります。

 

もう一つの持続感染は

慢性B型肝炎と呼ばれる状態です。

 

images-2

 

慢性肝炎になると長期にわたる

治療する必要があり、十分な治療を

受けずにいると、肝硬変や

肝臓がんなどの命に

かかわる病気を引き起こします。

 

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ

自覚症状がないまま病気が

進行していることがあります。

 

特に、B型肝炎ウイルスに感染した

だけでは、ほとんど症状が

現れません。

 

このため、本人が感染に気付かずに

大切な家族やパートナーに

うつしてしまうこともあり

 

実際に小さな子どもが感染した

ケースでは、いつ、どこで感染したか

わからない例もたくさんあります。

Sponsored Links

ワクチンとは?B型肝炎の予防接種は必要なの??副作用は大丈夫?

 

B型肝炎ウイルスは、3歳以下の

子どもが感染するとウイルスを

体内に保有した状態(キャリア)に

なりやすく、長期にわたる治療を

要し、最悪の場合、命にかかわる

病気を引き起こします。

 

42

 

B型肝炎ウイルスはとても感染力が

強いウイルス。

 

お子さんの将来の感染を防ぐため

にも、B型肝炎ワクチンは極めて

有効です。

 

ワクチンとは?

 

ワクチンと聞いてすぐに思い浮か

べるのは「インフルエンザワクチン」

ではないでしょうか?

 

あれはインフルエンザに

感染しないための予防ですね。

 

私たちの体には誰でも免疫機能が

あります。

 

この免疫機能は外部から侵入する

ウイルスや細菌を攻撃し

退治してくれます。

 

そして、一度戦った相手は記憶し

次に侵入してきたときに備えて

攻撃準備をしておきます。

その為、一度感染すると二度目からは

感染せずに済むのです。

 

mig

 

ワクチンはこの免疫力を

利用したもの。

 

わざと前もって軽い感染状態を作り

体に免疫を作ります。

 

すると本当にウイルスが侵入して

きたときにはすでに免疫が出来ている

いるため、感染せずに済んだり

症状が軽くて済みます。

 

ですので、B型肝炎ワクチンは

B型肝炎ウイルスが引き起こす

様々な病気も予防することに

なります。

 

WHO(世界保健機関)は

1992年に世界中に対し

子供が生まれたらすぐに

このワクチンを国の定期接種として

接種するように指示しており

 

これを

「ユニバーサルワクチネーション」

呼んでいます。

 

images-3

 

結果、2009年までに世界の

177ヶ国で生後0ヶ月~2ヶ月

または、国によっては思春期の小児に

対して、定期予防接種として

接種されています。

 

B型肝炎ワクチンは、キャリア化を

防ぎ、将来、肝臓がんから

命を守る予防ワクチンです。

 

しかし、ほとんどの国では

定期接種になっていますが

日本は今まで任意接種でした。

 

ところが平成27年1月に

厚生労働省の専門部会は

b型肝炎ワクチンを

定期接種にすることを目指した

意見をまとめ

 

平成28年1月に厚生労働省は

B型肝炎ワクチンを

平成28年の10月から予防接種法に

基づく「定期接種」にする方針を

決めました。
(2016年4月度時点)

 

05

 

B型肝炎ワクチンの副作用について

ですが、B型肝炎ワクチンは

不活化ワクチンで

予防接種の中でも副作用の危険が

少ないといわれています。

 

ただし、接種を受けた10%程度の

人に、打った後の副作用として

  • 体のだるさ

  • 頭痛

  • 注射部位が赤くなる

  • 注射部位が腫れる

  • 発熱

  • 発心

  • 吐き気

などがおこることもあります。

 

この場合、 特にひどくないよう

なら様子を見て自宅で安静に

していて大丈夫です。

Sponsored Links

予防接種の時期や間隔に回数は?

 

B型肝炎ワクチンは

3回の予防接種が必要です。

 

image4

 

費用についてですが

平成28年10月頃に

B型肝炎ワクチンが定期接種化

されます。

 

定期接種化が実現すると、殆どの

自治体で接種料金が無料化されます。

 

ですので、平成28年4月1日以降に

生まれる赤ちゃんは、誰もが

接種するワクチンと位置づけられ

ますので0歳児に限り

公費(無料)で予防接種を

受けられます。

 

予防接種の時期は生後2ヶ月から

1回目を接種後、間隔をあけ

4週間後に2回目の接種を行い

その後20~24週の間隔をあけ

合計3回接種します。

 

そして、3回目の接種から1ヶ月後に

抗体ができているかどうかを検査し

十分でない場合には追加で4回目の

予防接種を受けることもあります。

 

160901164408_1

 

無料で受けられる新生児の

赤ちゃん以外の費用に関しては

自己負担になり

 

費用は病院によって違いますが

1回あたり3,000~8,000円が

相場です。

 

任意の予防接種は、取り扱っていない

場合もありますので、事前に

問い合わせてから受けるように

しましょう。

 

獲得した免疫は少なくとも15年間

持続することが確認され

20歳代までに接種を行った場合も

高い効果が期待できます。

 

ワクチンの効果は年齢と共に

低下しまが、大人場合、平成26年の

医学情報の情報によると

3回ワクチンを接種し

 

十分な免疫がついている方には

繰り返し抗体検査をしたり

追加接種をする必要はないと

されています。

 

また、B型肝炎は母子感染が

起きる病気。

 

syussan_akachan

 

ですので、出産前にママが発症して

いる場合には予防接種の受け方が

変わります。

 

出生後はなるべく早く

B型肝炎免疫グロブリン注射と

B型肝炎ワクチンの予防接種が

行われます。

 

そして、生後1ヶ月で2回目

生後6ヶ月で3回目の予防接種を

受け、その後生後9~12ヶ月の間に

抗体検査を行い、抗体が弱ければ

追加接種が行われます。

Sponsored Links by rakuten

3回目や遅れた場合は?他の同時接種はOK?

 

B型肝炎の予防接種の場合

2回目の接種でも90%の免疫は

成熟するようですが

 

やはり限りなく100%に近ずけたい

なら、3回目を受ける事が必要だと

言えます。

 

yakkyoku_yakuzaishi

 

ワクチンには「生ワクチン」と

「不活化ワクチン」の2種類が

あります。

 

生ワクチンは、生きた細菌や

ウイルスの毒性を弱めたものを

接種し、その病気にかかった場合と

同じように免疫をつけようと

するもの。

 

不活化ワクチンは、細菌やウイルスを

殺して毒性をなくし、免疫をつける

必要な成分を抽出しワクチン化した

もの。

 

生ワクチンの場合、接種後は毒性を

弱められた細菌やウイルスが体内で

増殖し、免疫を高めていくので

接種回数は少なくて済む反面

十分な免疫ができるまで約1か月

ほどかかります。

 

しかし、不活化ワクチンは体内で

細菌やウイルスは増殖しないため

十分な免疫をつけるために複数回

接種しなければなりません。

 

Sponsored Links by admax

 

その為、一定の間隔で2~3回

接種し、最小限必要な免疫をつけた

あと、追加接種をして十分な

免疫をつけます。

 

ですが、B型肝炎の予防接種ですが

1回目、2回目の接種は間隔が

短いので、接種を忘れは少ないよう

ですが、3回目は間隔が長いため

予防接種を受けるのを

忘れる方が多いようです。

 

実際のところ3回目の間隔があき

過ぎた場合、効果はなくなるか?

ですが

B型肝炎の予防接種ワクチンである

不活化ワクチンの接種は間隔が

あきすぎたからといって効果が消え

一からやり直しという事は

ありません。

 

一時期、副作用での問題があり

予防接種が中断された事が

ありました。

 

この時に5年以上接種間隔があいて

いる方もいたのですが、予防接種を

初めからやり直す必要は無く

ちゃんと抗体が上昇していたという

ことです。

 

illust09

 

冠婚葬祭や風邪などを引いて

予定通りに接種出来ないことも

あると思いますが

 

予定通り受けられない場合は

先生に相談し確認しておきましょう。

 

では、赤ちゃんの場合

色々な予防接種が重なることが

あると思いますが

他の同時接種は大丈夫なのかというと

 

B型肝炎予防接種と同時に

受けられるワクチンは

  • ロタウイルスワクチン

  • ヒブワクチン

  • 小児用肺炎球菌ワクチン

の3種類です。

 

これらを踏まえて上手に

スケジュールを組みましょう。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

B型肝炎の予防接種の正しい時期や

間隔については伝わりましたで

しょうか?

 

今回のポイントは?

 

body_kanzou_beer

 

B型肝炎とは?感染経路は?

b型肝炎ウイルスが
主に血液や体液を介して感染して
肝炎を起こす病気です。

 

ワクチンとは?

わざと前もって軽い感染状態を作り
体に免疫を作ります。

 

B型肝炎の予防接種は必要なの?

WHO(世界保健機関)は
1992年に世界中に対し
子供が生まれたらすぐに
このワクチンを国の定期接種として
接種するように指示しており

これを
「ユニバーサルワクチネーション」と
呼んでいます。

 

副作用は大丈夫?

B型肝炎ワクチンの副作用について
ですが、B型肝炎ワクチンは
不活化ワクチンで
予防接種の中でも副作用の危険が
少ないといわれています。

 

予防接種の時期や間隔は?

予防接種の時期は生後2ヶ月から
1回目を接種後、間隔をあけ
4週間後に2回目の接種を行い
その後20~24週の間隔をあけ
接種します。

 

回数は?

B型肝炎ワクチンは
3回の予防接種が必要です。

 

3回目や遅れた場合は?

B型肝炎の予防接種ワクチンである
不活化ワクチンの接種は間隔が
あきすぎたからといって効果が消え
一からやり直しという事は
ありません。

 

他の同時接種はOK?

B型肝炎予防接種と同時に

受けられるワクチンは

ロタウイルスワクチン
ヒブワクチン
小児用肺炎球菌ワクチン

の3種類。

です( ´艸`)ムププ

 

Sponsored Links by admax

 

親として子供の将来のために

ぜひ予防できるなら予防接種を

きちんと受けさせてあげたいもの

です。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事