最近ちらほらと甘酒の商品が

増えているのをご存知ですか?

 

お正月に神社で飲むイメージが強い

「甘酒」ですが

 

 

甘酒は健康にも

そして美容にも良いとされ

最近ではコンビニなどでも売られ

季節問わず簡単に手に入るように

なりました。

 

また、米麹を使って出来た甘酒は

アルコールを含みませんので

お酒が苦手な方や小さいお子さんでも

大丈夫です。

 

しかし、甘酒なんて飲まないよと

いう方や全然飲んだことがない方も

いるでしょう。

 

そこで今回は

アルコールなしの甘酒とは?
米麹と酒粕の違いとは?

甘酒のからだにいい効果や効能とは?
気になるカロリーは?

炊飯器や魔法瓶での甘酒の作り方は?
(動画付き)

甘酒はいつ飲むの?効果的な飲み方と
は?加熱したら栄養は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



アルコールなしの甘酒とは?米麹と酒粕の違いとは?

 

日本の気候は、温暖湿潤なため

世界でも稀にみる発酵大国と

言ってよいほどたくさんの

発酵食品が存在します。

 

 

なかでも塩麹をはじめとする

麹ブームの影響もあり

最近「甘酒」も若い人に知られる

ようになり

 

スーパーや自動販売機でも

甘酒を見かけることもあります。

 

しかし、そもそも甘酒とは一体?

 

実は、甘酒には2種類あり

「酒粕」を溶かして砂糖を

加えたものと

「米麹」を発酵させてつくる

2つの製法があり

それぞれに違いがあります。

 

特に最近人気が出ている甘酒は

米麹を使った甘酒で

 

江戸時代には、夏に冷やしたもの

だけでなく熱いものを暑気払いに

飲む習慣があり

夏の季語にもなるほど、多くの効能が

知られる超健康食品です。

 

「甘」の文字が入っているので

甘い飲み物のイメージがありますが

確かに酒粕で作った甘酒は

お酒を作る度に発生する

酒粕に砂糖等で甘味を付けることで

甘酒として販売しています。

 

その為、甘みが強く感じますが

米麹で作られた甘酒は

米と麹を発酵させて作るため

 

麹の消化酵素によりお米のでんぷんが

ブドウ糖に分解され

発酵の段階で自然の甘さが出ますので

砂糖は使われていません。

 

 

★芸能人御用達!?米麹の甘酒★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

また、甘酒の名前に「酒」が

ついている為、一見アルコール分が

含まれているようにも見えますが

 

確かに、酒粕から作られた甘酒には

アルコールが含まれていますが

米麹を発酵させた甘酒の場合

 

味付けなどで酒粕が使用され

微量のアルコールを含んでいるものも

ありますが、基本的に

アルコールはなし(1%以下)です

ので、分類上は「清涼飲料」となり

未成年が飲んでも大丈夫です。

Sponsored Links



甘酒のからだにいい効果や効能とは?気になるカロリーは?

 

甘酒の中でも

米麹を使った甘酒には

からだに必要なほぼ全ての

栄養が入っていると言ってもいい程

 

たくさんの栄養素が含まれ

「飲む点滴」と言われるほど

栄養価が高いと言われています。

 

 

その成分は、人間が生きて行く上で

必要な成分ブドウ糖やアミノ酸

ビタミンなどが豊富に含まれて

います。

 

このことから

甘酒の効能は様々ありますが

主に4つあり

 

甘酒のからだにいい効果や効能
その1「お腹の調子を整える」

便秘に悩んでいるという女性は

多いですね。

 

甘酒にはオリゴ糖や食物繊維が

含まれているため

腸内環境を整える働きがあり

便秘解消に効果を発揮すると

言われています。

 

 

甘酒のからだにいい効果や効能
その2「風邪予防」

栄養価が高い甘酒を

日頃から飲むことで免疫力を

高めることが出来ると考えられて

います。

 

特に風邪は免疫力の低下から

起こるので、風邪を引いてしまった

時には免疫力を高める対策を行う

必要があります。

 

免疫力を高める最も有効的な方法の

一つは体を温めることです。

 

体を温めるとエネルギーを消費せずに

体温が上がり、エネルギーを違う

働きに消費することができ

結果、体の免疫力を支える白血球も

活発になり菌を攻撃します。

 

★関連記事★

免疫力を高める意外な方法とは?激し
い運動は危険!?食事でおすすめの食
べ物・食材はヨーグルト?風呂の入り
方やツボ押しは?

★記事はこちら>>>★

 

 

甘酒のからだにいい効果や効能
その3「美肌効果&ダイエット」

麹にはメラニンの生成を抑制する

働きがあり、シミや美白に効果が

あるとされています。

 

また、甘酒にはブドウ糖が多く含まれ

ているため、満腹感を得やすく

ダイエットにもオススメです。

 

特に近年、健康やダイエット

美容のために「プチ断食」が

ブームとなっていますが

 

プチ断食を行う際には

カロリーなどを気にして水だけで

行う人がいますが

 

水にはほとんど栄養がないため

大変危険と考えられています。

 

そんな時、水と一緒に

高い栄養価を誇る甘酒を空腹時に

飲むことで無理なくプチ断食が

できるのです。

 

また、一日の3食の内1食を

甘酒に置き換えることでも

ダイエット効果が期待できると

人気です。

 

気になるのはカロリーですが

甘酒のカロリーは

100gで80キロカロリー前後で

コップ1杯(200ml)で

およそ160キロカロリーです。

 

栄養素が多いわりにカロリーは少なく

ヘルシーです。

 

 

 

甘酒のからだにいい効果や効能
その4「夏バテ予防」

人の体は高温多湿な状況下にある場合

体温を一定に保つため

多くのエネルギーを消費します。

 

しかし、その消費が大きかったり

長引いたりすると、体に溜まった

熱を体外に排出できなくなり

 

体に様々な症状が現れ

特に夏の暑さから

夏バテが起こりやすくなります。

 

そこで、夏バテの様々な症状改善に

栄養価の高い甘酒でエネルギー

補給することがとても効果的

なのです。

Sponsored Links



炊飯器や魔法瓶での甘酒の作り方は?(動画付き)

 

健康・美容への効果から

最近何かと注目されている甘酒は

普通にスーパーやネットなど

色んな所で販売されています。

 

 

最近では手軽で便利なところになると

自動販売機でも販売されております。

 

しかし、本当に美味しい

甘酒を飲みたいと思われている方は

意外と簡単に作れることから

麹を使って手作りする人も

多いようです。

 

材料はシンプルで

  • 乾燥麹や米麹
  • 炊いたご飯
  • お湯もしくは水

だけです。

 

★米麹★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

しかし、その作り方は多彩で

魔法瓶で作る

 

 

炊飯器で作る

 

 

ヨーグルトメーカーで作る

 

★ヨーグルトメーカー★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

甘酒メーカーで作る

 

★甘酒メーカー★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

方法などがあります。

★関連動画はこちら>>>>★

 

 

基本的に甘酒作りに必要なのは

酵素が働き、かつ壊れない温度を

保てる環境です。

 

甘酒は、麹菌が作り出した

酵素(アミラーゼ)によって

お米のデンプンが分解され糖分になり

作られます。

 

つまり、甘酒作りの際に

「酵素がよく働く温度」が大切で

低温でも、ゆっくりと酵素は

働きますが

 

温度は50度から60度が最も酵素が

よく働く温度と考えられています。

 

逆にあんまりにも高温になると酵素は

壊れてしまいますので

酵素が壊れず、なおかつ酵素が

活発に働く温度を保つ必要が

あるのです。

Sponsored Links by rakuten

甘酒はいつ飲むの?効果的な飲み方とは?加熱したら栄養は?

 

では、色々な効果をもたらしてくれる

甘酒はいつ飲むのが効果的

なのでしょう?

 

 

甘酒の栄養素を効果的に

摂取したいという方は

飲み方としては特に朝の時間帯に

飲むことがおすすめです。

 

夜寝る前に飲むという人も

いらっしゃると思いますが

消化のことを考慮すると

朝の時間帯に飲むことが望ましいと

考えられます。

 

朝は、一日の活動に必要な

エネルギーを蓄える時間でも

あります。

 

甘酒には、頭を使ったり

体を動かしたりするための

「エネルギー」となる

栄養素が甘酒には豊富に含まれて

います。

 

そのため、朝に甘酒を飲み

栄養補給することで1日を

元気に過ごすことができると

言われています。

 

では、飲む時の温度は

どうすればいいのでしょうか?

 

甘酒の栄養素を

効果的に摂取できる飲み方としては

温めた方がいいのか、冷たいままの

ほうがいいのかというと

 

市販の物は

さほど栄養成分に変わりは

ないということです。

 

 

温めて飲むことで冷え性の方や

体を温めたい方にはおすすめかも

しれません。

 

実は、甘酒は発酵食品なので

火入れをしないと最後の段階まで

発酵したままになります。

 

最終まで発酵した甘酒は

酸味が強く、酸っぱい甘酒に

なってしまいます。

 

そこで発酵をとめる為、最終的には

市販の甘酒も出荷中に発酵が進むので

必ず加熱が必要になり

その際、酵素も破壊されています。

 

ただ、手作りした甘酒は

酵素が残っているので

 

加熱し過ぎると甘酒の酵素は

熱に弱いため酵素が持っている

ダイエット効果や美容効果も

消える可能性はあると言われて

います。

 

せっかく手作りし、酵素が残っている

甘酒は加熱をしないで栄養をきちんと

吸収するためあまり温めずに

飲む方がおすすめかもしれません。

 

もし、初めての場合に飲みにくいと

感じたら飲み方として

  • 豆乳
  • 野菜ジュース
  • 牛乳
  • 生姜

などに加えると

飽きのこない味になります。

 

ただ、やはり飲み過ぎては

カロリーオーバーになるので

1日マグカップ1杯を目安に

チャレンジしてみてくださいね。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

甘酒については伝わりました

でしょうか?

 

 

お正月やお祭りなどで飲む機会が

多い甘酒は

ダイエットや美容に良いとは

意外だったかもしれません。

 

しかし、日本書紀にも登場する甘酒は

カロリーも低くコストパフォーマンス

もいいことから手軽に始めることが

できます。

 

もし今、ダイエットや美容

そして体力的なことで悩んでいるなら

1日の1杯の甘酒を飲んで

健康的な体を手に入れましょう。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事