日本には1年を通していろんな

行事がありますね。

 

しかし、江戸幕府はたくさんあった

節句の中から五つを公式な式日に定め

それらは「五節句」と呼ばれて

います。

 

 

そして、9月9日は

「重陽(ちょうよう)」の節句とされ

多くの節句と同様に

中国から伝わってきたものです。

 

しかし、同じ五節句と呼ばれながらも

  • 1月7日 七草の節句 
  • 3月3日 桃の節句(雛祭り)
  • 5月5日 端午の節句
  • 7月7日 七夕の節句(七夕祭り)
  • 9月9日 重陽の節句

など、現代において重陽の節句だけが

どちらかと言えば目立たない

存在になっています。

 

では、なぜ重陽の節句は一般に

浸透しなかったのでしょう?

 

また、その由来ややるべき行事など

実はあまりよく知らないという方も

多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は 続きを読む