顔に何らかの疾患があり

副腎皮質ステロイド薬を用いて

治療していた場合に

赤ら顔になってしまった。

 

そんな時は「酒さ様皮膚炎」の

可能性があります。

 

 

特に20~50代の女性に多くみられる

酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)は

顔にほてりをともなうのが特徴です。

 

酒さ様皮膚炎の治療には

長期の治療期間が必要となり

大抵の場合、症状の軽快に

数ヶ月程度はかかります。

 

そのため、その原因や改善策など

予め知っておくことが大切です。

 

そこで今回は 続きを読む