最近メディアなどで、よく目や耳に

する事が多くなった「PM2.5」。

 

空や遠方が霞んで見えると

気分のいいものではありませんし

春先になると、花粉も加わり

気になりますね。

 

 

しかし、そもそもPM2.5って何?と

疑問に思うことも多いのでは

ないでしょうか?

 

また、なんとなく体に悪いものだとは

知っているけど、対策までは

していない方も多いのでは

ないでしょうか?

 

その為、実際に日々の暮らしに

どんな影響があるのか

実は、多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

PM2.5って何?
正式名称や原因物質は?

PM2.5による健康被害や
その症状とは?

PM2.5の時期や飛散状況を
知るには?基準値や危険な数値は?

PM0・5やスモッグとの違いは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
PM2.5とは?意味や発生する原因や環
境基準の数値は?健康への影響や被害
に対策方法は?状況を知るにはそらま
めが便利とは?
★記事はこちら>>>★

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



PM2.5って何?正式名称や原因物質は?

 

よく耳にする「PM2.5」という言葉を

聞くとなんだか身体によくない

物質という漠然としたイメージだけ

がありますが

 

まずはPM2.5って何?という

疑問から解決していきましょう。

 

 

PM2.5のPMの正式名称は

「particulate matter」で

「粒子状物質」という意味です。

 

空気中には目には見えない

大きさの粒の物質が浮いています。

 

その中には自然から発生したものは

もちろん、人為的化学的に作り出した

物質もあります。

 

その為、有害物質をPMと定義して

いるわけではありません。

 

次にPM2.5の

「2.5」とは粒子の大きさを表し

PM2.5の場合は

2.5μm(マイクロメートル)以下の

粒ということで

 

髪の毛の直径が80~100μm

スギ花粉の大きさは直径30~40μm

なので、いかに極小であるかが

わかりますね。

 

ただ自然に発生すこともある

PM2.5で問題視されているのは

健康被害をもたらすPM2.5の

主要な原因物質で

 

主な成分は

  • 炭素成分
  • 硝酸イオン
  • 硫酸イオン
  • アンモニウムイオン
  • ケイ素
  • ナトリウム
  • アルミニウム

などや揮発性有機化合物(VOC)と

呼ばれるガス状の物質などで

 

発生原因とされているのは

 

  • 工場や火力発電所などの
    ばい煙
  • 自動車や船舶からの排ガス
  • 石炭の消費
  • 塗料
  • 印刷インキ
  • 接着剤
  • 洗浄剤
  • 粉じん

などに多く含まれています。

 

 

これらが大気中で化学反応を起こして

PM2.5を引き起こします。

 

しかし、PM2.5がこれほど

メディアに登場するようになり

問題視されている背景には

理由があります。

 

現在、中国国内ではエネルギーの

約70%が石炭と言われ

 

世界の生産量の半分を消費している

こともあり、また急激な経済成長の為

車を利用する人も増えたため

昨今その経済成長に伴い

 

PM2.5を筆頭とした有害物質による

大気汚染が加速し社会問題に

なっています。

 

その原因は中国の急速な経済成長と

本来、規制されるはずの

有害物質の対応が追いついていない

ことが原因で垂れ流された結果です。

 

しかし、偏西風などにのり

中国で発生したPM2.5が

日本へ訪れる影響が懸念されて

いるのです。

 

現在でも、中国と近い地方では

中国から飛んできたPM2.5で

日中、白く霧ががかかったような

状態になることもあります。

Sponsored Links



PM2.5による健康被害やその症状とは?

 

では、メディアで「PM2.5」の報道が

加熱し、脅威に思われている方も

多いと思いますが

 

実際にはどのような健康被害が

おこるのでしょうか?

 

気をつけたいのは

ぜんそくや気管支炎などの

呼吸器系疾患や循環器系疾患などの

リスクを高めることや

 

アレルギー症状をさらに

悪化させてしまう危険性がある

ということ。

 

特に呼吸器系や循環器系の病気をもつ

お年寄りや子どもなどは

影響を受けやすいと考えられるので

注意が必要です。

 

鼻から吸い込まれた空気中の

微小粒子は10μm以上であれば

気管支や肺に到達することは

ありませんが

 

PM2.5は小さく軽いため

体の奥まで侵入しやすく

呼吸器系や循環器系への影響が

でやすいと言われています。

 

特に春になると、有害な化学物質を

含んだ黄砂と共にPM2.5が日本に

飛来し、さらに花粉の時期ともなれば

アレルギー症状をさらに悪化させる

原因となることもあります。

 

現代では日本人の3人に1人は

何かしらのアレルギーを持っている

とも言われ

 

「PM2.5」は花粉症やぜんそくなどの

持病がある方は症状が悪化する

可能性もあり

 

症状として風邪でもないのに

2週間以上せきが続くなど

気管支に異常な症状を感じた場合には

一度、医療機関に相談することを

おすすめします。

 

 

更に、目や鼻の粘膜にPM2.5に

含まれる粒子などの有害物質が

付着すると炎症が起き

 

鼻水や目のかゆみなどのアレルギー

症状が悪化する可能性もあります。

 

また、PM2.5に含まれる有害物質には

血の凝固を促す働きがあるため

心筋梗塞などの心疾患の発症も

危惧されています。

 

そして、PM2.5の影響に対して

世界保健機関(WHO)でも

PM2.5を含む大気汚染物質の

発がんリスクを、5段階ある

危険度のうち最上位に分類して

います。

Sponsored Links



PM2.5の時期や飛散状況を知るには?基準値や危険な数値は?

 

PM2.5については現在

必要以上に怖がることはないと

言われていますが

 

正しい知識を身に付け、日常生活の

できる範囲でPM2.5に注意することが

大切です。

 

 

対策についてはこちらの記事で
紹介しています。>>>>>

 

その為にも、まずは飛散状況を

知ることが大切です。

 

PM2.5の飛散時期は

中国で発生したPM2.5が

偏西風の影響を受け日本でも

飛散しています。

 

日本への飛散時期は2~4月が多く

黄砂の時期とほぼ同じで

 

特に、中国に近い九州地方や

四国地方が影響を受けやすいのですが

西日本でも環境基準を超える

PM2.5の大気汚染が観測されて

います。

 

飛散状況を知るには

環境省や日本気象協会のサイトで

チェックでき

そらまめ君やPM2.5分布予測を

活用しましょう。

そらまめ君はこちら>>>>>

PM2.5分布予測はこちら>>>>

 

そして、PM2.5の濃度が上がると

空は霞み晴れているのに

うっすらどんよりとした天気に

なりますが

 

PM2.5の基準値や危険な数値として

現在環境省が定める公式な

PM2.5の大気環境基準は

一年の平均値が1立方メートル当たり

15μg以下

一日の平均値が1立方メートル当たり

35μg以下

とされています。

 

この基準値であれば

特に健康に被害はないとしています。

 

※μg(マイクログラム)
1mgの1000分の1

 

ただ、一日の平均値が35μg/立方m

以下という数値はかなり頻繁に

叩き出されますので

35μgを超える日はPM2.5対策に

取り組みましょう。

 

 

なお危険な数値の目安として

環境省は平成25年(2013年)に

注意喚起のための暫定的な

指針というものを制定し

 

環境基準を越えた、もしくは遥かに

超えたPM2.5濃度数値における

基準指針を発表しています。

 

指針の内容の中で

一日のPM2.5の平均値が

70μg/立方mを越えた場合

 

外出や屋外での長時間の運動を

できるだけ減らすようにと

警鐘をならしていますので

 

呼吸器や循環器疾患者は

体調に応じて慎重に行動しなければ

ならないと考えられています。

Sponsored Links by rakuten

PM0・5やスモッグとの違いは?

 

しかし、深刻化する中国の

大気汚染問題でPM2.5の関連商品が

多数出回っていますが

最近、「PM0.5を除去します!!」

という商品も多数あります。

 

 

実は、復旦大学(上海)の

研究グループが

 

心臓など循環器系で疾患を引き起こす

危険性のある微小粒子状物質として

「PM0・5」の存在を指摘し

 

大気汚染の監視範囲を広げるよう

求めていく意向を明らかにしている

こともあり

 

実は、PM2.5と同様に注意すべき

ではないかと考えられています。

 

注目されているPM2・5との

違いですが、PM0.5はPM2・5より

粒子の直径が小さいため

 

肺の奥まで侵入して血液中に

流れ込み、心臓や弁に障害を

与えることが懸念されているのです。

 

また、大手メーカーのダイソンも

PM2.5よりもさらに小さな物質を

除去する「Dyson Pure Cool 」など

発売していることからも

その注目度はこれからも

続きそうです。

 

★Dyson Pure Cool★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

ちなみに、中高年世代には

馴染みの深いスモッグと

PM2・5との違いですが

 

スモッグとは

smoke(煙)とfog(霧)を

合わせた造語です、

 

産業革命以前から、石炭を燃やし

その煙による大気汚染が問題と

なっていた時代

 

日本でも明治期の殖産興業により

発生がはじまり、昭和30年代に

そのピークを迎えました。

 

黒いスモッグがあれば

白いスモッグというものもありますが

  • 工場から排出される煤煙

  • 自動車の排ガスに含まれる
    窒素酸化物

  • 炭化水素が日光との化学反応

などで発生するスモッグは

一般的には「光化学スモッグ」の

名で知られています。

 

しかし、昨今ではさほど

その名を聞かなくなっていますが

この世から無くなったわけでは

ないのです。

 

PM2.5はあくまでも2.5μm以下の

大きさの粒子という意味で

 

光化学スモッグは排気ガスの

汚染物質が太陽の光で分解された

ものなので

 

光化学スモッグの中にも

PM2.5は含まれます。

 

つまり、PM2.5と光化学スモッグは

同時に発生する可能性もあるので

同じく注意が必要なものなのです。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

PM2.5が健康にどのような

影響を与えるのかお分かり

いただけたましたでしょうか?

 

もし、今気になる症状が出ているなら

PM2.5が影響している可能性あるので

疑わしい場合には

一度、医療機関に相談することを

おすすめします。

 

また、今後は自分自身と大切な家族を

守るためにどうしたらよいのか

どんな対策をするべきなのか

 

じっくりと考えてみては

いかがでしょうか?

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事