春といえば、入学や就職など

出会いの季節ですが

同時に卒業や転勤、退職という

別れの季節でもあります。

 

その際に、お世話になった方に

送るものに「餞別(せんべつ)」が

ありますね。

 

 

気になる金額の相場や

熨斗袋の表書きなど戸惑いますね。

 

しかし、餞別を贈る際には

理解していないと恥をかいたり

 

贈った相手に不快な思いを

させてしまうマナーもあり

そもそも餞別とはなんなか?

 

実は、多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

いまさら聞けない餞別とは?

金額の相場や新札は必要?
封筒や熨斗の書き方に水引は?

旅行や商品券に食べ物?
餞別で喜ばれる品物は?

退職の場合のプレゼントは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

いまさら聞けない餞別とは?

 

餞別とは、遠く離れていく人に

対して金品を贈り、はなむけとする

ことを意味します。

 

 

「餞」という漢字は

「はなむけ」とも読み

 

昔、旅に出る人の馬の鼻を行く方向へ

向けて見送った習慣から

「うまのはなむけ」が

餞別の意味となり

 

その後「贈り物」に変化したと

言われています。

 

昔、旅は道中にさまざまな

苦難を伴うのが普通で

そんな旅において餞別は単なる

別れの印、あるいは金銭的援助として

贈られるだけでなく

 

大勢の者の合力によって旅の安全を

願う意味も込められていと

考えられています。

 

現在では、一般的に餞別を

渡す機会として最も多いのが

 

会社の人が退職したり

転勤したりする時で

その他の場面としては

  • 転居
  • 旅行
  • 留学

なども渡す対象となります。

 

ただ、餞別の定番は「お金」ですが

現金ではなく「品物」でも

かまいません。

 

その際には、渡す人が贈る人に

向けてどんな餞別にするか考え

もらった人の記念になるような

品物で構いません。

 

例えば、退職する人に餞別を渡す

場合には、お花や思い出に

残るような品物を贈る場合も

あります。

 

ただ、贈る人の好みや趣味があるため

昔に比べ品物を渡す機会は

減ってきているようです。

Sponsored Links

金額の相場や新札は必要?封筒や熨斗の書き方に水引は?

 

しかし、餞別でお金やプレゼントを

送る場合、一番悩むのが予算と

金額の相場でしょう。

 

 

その場合は、一般的に妥当と

言われている金額の相場から

適正な範囲を決めましょう。

 

個人のつきあい方がどうだったかに

よっても異なるため

一概には言えませんが

 

勤務先で餞別を渡す時の金額の相場は

3000円~10000円くらいが

相場のようで

 

他の場合の相場としては

海外旅行

  • 個人で贈る場合は
    5,000~30,000円程度

  • 複数人で贈る場合は
    1人500~3,000円程度

 

新婚旅行

  • 個人で贈る場合は
    3,000~50,000円程度

  • 複数人で贈る場合は
    1人500~3,000円程度

 

定年退職

  • 個人で贈る場合は
    5,000~30,000円程度

  • 職場複数人で贈る場合は
    1人1,000~5,000円程度

  • 新入社員は
    1,000~3,000円程度

 

転勤・異動

  • 個人で贈る場合は
    3,000~5,000円程度

  • 職場複数人で贈る場合は
    1人500~3,000円程度

  • 新入社員は
    500~1,000円程度

 

転居・引越し

  • 個人で贈る場合は
    1,000~30,000円程度

  • 友人や職場複数人で贈る場合は
    1人300~3,000円程度

 

以上が一般的な餞別の相場に

なっています。

 

基本的にはお祝いとは違い

お返しが無いものなので

 

渡す側はあまりに金額をかける

必要もなく、貰う側もあまりに

金額が大きいと気が引けてしまうので

 

金額の相場として上記の相場が

妥当とされているのです。

 

 

ただ、会社で餞別を渡す際に

知っておきたい

いくつかのマナーがあり

 

特に自分よりも上位の役職の人へ

個人名で餞別を渡すのは

失礼とされています。

 

餞別を上司など目上の方に贈ること

自体は、マナー違反になったり

失礼にあたったりすることは

ありませんが

 

祝儀袋の封筒の表書きは

「御餞別」が一般的で

「お餞別」などは

  • 転居
  • 引越し
  • 異動
  • 転勤
  • 退職
  • 旅行

などをする相手に贈る時に用いられ

 

会社職場において自分より

目上の相手に対して個人の名前で

お餞別を贈る場合

 

部署名で渡すか、表書きを

「はなむけ」と書きます。

 

また、正式には毛筆を使い楷書で

丁寧に書き、毛筆で書きにくい場合

筆ペンや太めのフエルトペンでも

問題ありませんが

ボールペンや万年筆の使用は避け

 

中袋の書き方は

中袋の中央に縦書きで

  • 「金 伍阡円」
  • 「金 壱萬円」
  • 「金 弐萬円」
  • 「金 参萬円」

このような漢数字で書き

 

会社では集まった合計の金額を

書きます。

 

そして、いかなるお祝いにしても

お祝いする気持ちと礼儀を込め

「この日のために用意しました」

という気待ちを表すため

 

包むお金はできるだけ新札で

用意できるように努めましょう。

 

また、プレゼントや品物で送る場合

熨斗(のし)は用途や目的によって

水引きの形、紐の色が違うため

餞別の場合は

 

熨斗は紅白の蝶結びの

水引きがついたものを使う為

間違えないように気をつけましょう。

Sponsored Links

旅行や商品券に食べ物?餞別で喜ばれる品物は?

 

しかし、餞別でお金以外を送る場合

喜ばれる品物には

どんなものがあるのでしょうか?

 

 

喜ばれる贈り物を渡すためには

まずは餞別の意味からしっかりと

理解し

 

基本的に、お餞別を渡す際は

「表書き」と「配慮」さえ

しっかりと押さえておけば

何も問題はありませんので

 

相手の負担にならず、かつ実生活の

中で有用なプレゼントを

選びましょう。

 

感謝の気持ちをこめて

餞別に贈りたいおすすめの品物には

  • 花束
  • お菓子
  • 写真立て
  • 紅茶
  • ハーブのお茶
  • 革製品(小物)
  • 寄せ書き
  • お酒
  • 旅行
  • 商品券
  • 食べ物

などが一般的です。

 

★餞別に贈りたいおすすめの品物★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

ただ、餞別にふさわしくない

贈物として注意しておきたい品物には

靴下やスリッパ、マットなどは

足で踏みつけるというイメージがあり

 

髪をとかす櫛(くし)は

「苦」、「死」を連想させます。

 

また、ハンカチは

「手巾(てぎれ)」と漢字で表現し

縁を切るという意味があり

 

さらに白いハンカチは亡くなった方の

顔にかぶせる白い布を連想させ

 

日本茶なども弔事の際の

お香典返しとして定番ですので

タブーとされています。

 

また、目上の方や上司に贈る場合

本来はお金を送ることも失礼にあたり

 

文房具や時計、鞄 などは

勤勉であれという意味があり

上から目線になり、餞別の贈り物

としては不向きとされている物です。

 

とは言え、最近はハンカチなどは

贈り物として重宝され

 

さらに贈る相手によって万年筆など

差し上げたら喜ばれる方も

いらっしゃると思います。

 

人それぞれですので差し上げる方の

好みを取り入れて贈り物を

選びましょう。

Sponsored Links by rakuten

退職の場合のプレゼントは?

 

 

また、退職の場合に餞別を送るのは

はなむけの品物としての餞別よりも

伝えたい気持ちを表す意味で

使われることが多く

 

そこには見送る側の想いが込めら

退職する人へ

「これまでの付き合いに感謝」

としての意味で渡します。

 

退職者へのプレゼントとしては

退職の機会に引っ越しを考える人も

多く、その際に邪魔にならず

かつ需要のある品物が喜ばれ

 

餞別の品をテーブルクロスや

エプロンなどの生活の実用品にすると

喜ばれる事が多いようです。

 

その他、必需品であり場所を取らない

かつあまり趣味に偏らないような

ものが好まれる傾向にあるので

 

そういった品物を金額を見ながら

選びましょう。

 

また、定年退職の場合

結婚時より定年まで会社勤めを

支えてきた奥さんや旦那さんにも

 

退職記念品の贈り物をするのも

心遣いができた餞別のプレゼントと

いえます。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

餞別については伝わりました

でしょうか?

 

 

餞別を贈る際には、上司など

目上の人でマナーに厳しい人に対し

不愉快な思いをさせないよう

 

気をつければ、さほど難しい事は

ありません。

 

現在では、餞別とは退任する人や

旅立つ人に向けて、今後の人生の

繁栄と今までの感謝の気持ちを

表現して渡すものです。

 

Sponsored Links by admax

 

ちょっとした心遣いを心がけ

失礼にならないような形で

喜ばれる物を送りましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事