スーパーフードの

「麻の実(ヘンプ)」という物を

ご存知でしょうか?

 

若返り食材や、脳を活性化させる

食品としてテレビや雑誌でも

よく紹介されていますね。

 

 

その実から作られる

ヘンプオイルの効果は有名ですが

その実の栄養もオイルに負けず劣らず

 

世の中にある食べ物の中でも

トップクラスと言われ

「天然のマルチサプリ」との

異名までもっています。

 

しかし、一体どのような働きが

あるのか?

 

実はあまりよく知らないという方も

多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は

今さら聞けない
麻の実(ヘンプシード)とは?

麻の実の効能や効果に栄養成分は?

麻の実の食べ方とは?
料理で使う時のおすすめレシピは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

今さら聞けない麻の実(ヘンプシード)とは?

 

麻(ヘンプ hemp)は夏に着ると

涼しい繊維の麻の原材料になる

「Cannabis(カナビス)」という

植物です。

 

 

 

麻は大麻、または大麻草とも呼ばれ

つまり、麻の実とは

あの大麻の実のことで

5mmほどの扁球系で灰白色

硬いからで覆われています。 

 

大麻と聞くと、マリファナや麻薬など

イメージされる方も多いかも

しれません。

 

確かに、陶酔感を味わうために使う

マリファナには

「テトラヒドロカンナビノール 」 
(Tetrahydrocannabinol)

という多幸感を引き起こす成分が

多く含まれていますが

 

実は、幻覚作用があるのは大麻の葉や

穂の部分です。

 

それどころか、大麻は色々な物に使え

  • 根は
    土壌を改良に

  • 茎の芯は
    燃料、紙、プラスチックに

  • 葉っぱは
    肥料や飼料、茎の皮は繊維や
    糸やロープに

  • 油は
    食用や、医療に

  • 種は
    食用(栄養価高し)や化粧品に

このように、その使用頻度が

伺えます。

 

★関連記事★
美容効果やアトピー改善?ヘンプオイ
ルとは?ヘンプシードオイルとの違い
や効能は?加熱や酸化に注意?使い方
や味は?
★記事はこちら>>>★

 

また、麻の実は世界の多くの地域で

栽培されていますが

ヘンプシード商品の主な生産国は

  • カナダ
  • フランス
  • 中国

になり

 

麻の実から取れるヘンプシードオイル

などは、実に中国では3000年以上も

医薬品として使用されてきました。

 

また、アメリカでは種を砕いて

抽出したオイルが医療用として

許可され、ものすごい効果を発揮し

 

医療用の大麻オイルを一定期間

経口摂取するとあらゆる病気が

治ると言われているほどです。

 

実は、麻はとても丈夫で育ちやすく

わずか100日で約3~5mまで

成長するとても生命力の強い植物。

 

四季折々どのような天候下でも

どんな土壌でも農薬や化学肥料なしに

たくましく育ち

 

日本でも昔は大麻を米と同じように

栽培し、さまざまな物に

利用していました。

 

ですが、第二次世界大戦後に

大麻の栽培が禁止となり

アメリカでも1950年代に栽培が

一部の州をのぞいて禁止されて

います。

Sponsored Links

麻の実の効能や効果に栄養成分は?

 

麻の実は栄養素が高いことから

日本だけでなく海外でも

よく知られている食べ物の一つです。

 

 

その栄養成分には

タンパク質も豊富に含まれ

その含有量は大豆や肉や魚に

劣らないほど豊富ですが

 

アレルギー物質も含まれていないので

安心して食べることが出来ると

言われています。

 

さらに、たんぱく質の代謝を助ける

  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • ビオチン

等のビタミンも豊富なため

 

新陳代謝が高まり、健康な皮膚や

髪を保つのに役立ちます。

 

そして、麻の実は大量の必須脂肪酸と

必須アミノ酸を含み

 

これらの必須栄養素は

人間の体内でつくりだすことはできず

食事としてとる必要があり

 

特に、麻実油(おのみゆ)には

75%以上の不飽和必須脂肪酸である

リノール酸とα -リノレン酸が含まれ

 

これは、一般に食べられている

植物の中では最も高い値と言われ

ています。

 

これらの不飽和脂肪酸は

  • アトピー性皮膚炎
  • 心臓血管疾患
  • 関節炎
  • 更年期障害
  • ガン
  • 神経性自己免疫疾患

などの病気の治療および

改善の効能や効果があると

言われています。

 

他にも、ミネラルも人に必要な成分で

体内で作れないので食べ物から

取り入れる必要がありますが

 

麻の実には、骨や歯をつくる

マグネシウムや貧血を予防したり

疲れにくくしてくれる鉄や銅

そして、亜鉛もたっぷり含み

 

ダイエットの成功のカギを握るのも

ミネラルと考えられていますので

ダイエットのサポート食になりうる

食べ物です。

 

また、歴史を振り返ると

紀元前3000年頃の中国を治めていた

皇帝・神農氏が百草をなめて

選別した365種の薬草のなかに

「麻」の名があり

 

漢方薬としての麻の効用は

体や内蔵を修復し、体力の根元となる

活動力を増し、服用すると

体が肥え健やかになり

不老神仙となるものとしていました。

 

 

さらに、最近では

「麻の実ナッツ」と呼ばれる

別名「ヘンプナッツ」なども

人気で、これは大麻の殻を取り除き

 

食べやすくした実のことで

より栄養を吸収しやすくなるので

免疫力の向上
貧血予防
美肌効果
ダイエット効果
便秘解消

などに期待できます。

 

 

★クチコミで人気のヘンプナッツ★
★楽天市場で探すなら>>>★

ただ、昔は日本でも麻薬成分を

ほとんど含まない種類の栽培が

行われていたとはいえ

 

今では許可なく栽培することは

禁止となっています。

 

そのため、現代の日本で手に入る

麻の実は全て輸入物で

口にする麻の実も全て海外産と

なります。

Sponsored Links

麻の実の食べ方とは?料理で使う時のおすすめレシピは?

 

麻の実は、スパイスとして

食欲増進の他

薬用としても利用され

 

それ以外にも蕎麦やパスタに

練り込まれた商品もあり

 

また、近年は麻の実からとれる

麻の実の油(ヘンプシードオイル)が

注目されています。

 

 

★ヘンプシードオイル★
★楽天市場で探すなら>>>★

そして、今でも麻の実は和風料理に

多く用いられ、実のままであれば

主に七味唐辛子に使われる場合が

多いので馴染みのある方も

多いと思います。

 

普段の食べ方しては

1日大さじ3(約30g)を目安に

そのままを食べたり

 

料理にかけたり、食材に混ぜ合わせて

食べるのが一般的で

 

料理で使う時のおすすめレシピは

火で焙た後に咬み砕くと

独特な香りやパリッとした歯ざわりが

あるため、稲荷寿司やおから

がんもどきにも使われます。

★関連動画はこちら>>>>★

 

それ以外にも多くのレシピサイトで

紹介されているので

毎日でも取り入れることが出来ます。

 

★麻の実のレシピこちら>>>★

 

ただ、麻の実はたくさん食べれば

いいという食品ではありません。

 

亜鉛の過剰摂取は鉄分の吸収を

阻害したり、軟便になることが

あるので

 

適量を守り、小さなお子様が

摂取される場合は大人の半分の量から
少しずつはじめ、食べ過ぎない

ように注意しましょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

麻の実(ヘンプシード)については

伝わりましたでしょうか?

 

 

日本では馴染みの薄い

麻の実ですが、最近ではネットでも

だいぶ買えるようになってきました。

 

とにかく体にいい栄養が豊富で

スーパーフードと呼ばれる食べ物。

 

若返り食材や、脳を活性化させる

食品としてメディアでもよく紹介され

 

また、元気に病気せずに長生きできる

人生を送るために麻の実の効果は

有名です。

 

Sponsored Links by admax

 

世界三大長寿村の1つで

世界で一番長生きが多い里として

国連ユネスコに認定された

その地域では

麻の実を常食していることからも

その効果に期待が持てますので

ぜひ、お試しください。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax